モデルチェンジしたステップワゴンの燃費について

モデルチェンジが控えている
ステップワゴンですが、
現行について
一度振り返ってみましょう。

ステップワゴンは1996年に
発売されたミニバンで、
広い室内と多彩なシートアレンジ
などファミリー層に人気があります。

価格を抑えながらABSやエアバッグ
などの安全装備を備えてとても

多く売れたクルマでもあります。

その後ステップワゴンは
モデルチェンジを繰り返し、

現在の仕様となっていますが、

それまでファミリー層を中心と

していたモデルによりスポーティな
設定を行ったスパーダを発売しました。

その結果より若い世代にも人気があり、

高級なイメージも持ち合わせています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

現在のモデルのステップワゴンにも
スパーダの設定があり、

ナビを装着したモデルなど人気があります。

走りは2000ccのエンジンで
十分なパワーを持ち合わせています。

スパーダは足回りもスポーツ仕様と
なっていて走りもよくなっています。

CVTとなりアイドリングストップなどの
機能も追加されて燃費のほうも

向上されています。

エンジンやエアコン、

ミッションなどを協調制御させる

ECONモードという設定があります。

実用燃費を上げるためのもので、
実際高速道路などではリッターあたり

14キロ程度走行することができます。

市街地でもリッターあたり
10キロ前後は記録することもあり

走りとともに燃費も向上しています。

 

>>>新型ステップワゴンの関連記事はこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク