ホンダ フリード フルモデルチェンジ インテリアが気になる

話題の新車がさらに安く購入できる!その方法を公開中!

≪スポンサーリンク≫


こちらではホンダの
フリードフルモデルチェンジ
インテリアについてご紹介しています。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるのです。

1

◆運転しやすいミニバン
1

ホンダ・フリードは
新型モデルの先行予約開始となり、

2008年依頼の8年目の
フリード モデルチェンジとなりました。

この車は本田技研工業が
生産するミドルクラスミニバンとして、

→ 最新の値引き交渉術で新型フリードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

主婦や若い女性でも
運転しやすいサイズの5人乗り
および7人乗りコンパクトミニバンとして
開発された経緯があり、

2001年から生産されてい
ホンダ・モビリオの派生車として改良され、

ネーミングチェンジとともに
新型モデルデビューした車です。

フリードとしては初の
モデルチェンジであり、

先代モデル同様の外観フォルムを
持ちながら、

ホンダ・フィットやステップワゴン、

オデッセイなどの共通デザインを

フロント部分に大きく採り入れ、

ブランド力を強化しています。

ホンダ フリード(プラス) 新型 価格も180万円からに!?カラーも全部で9色に。

◆海外での反応は?
2

海外では、

「メーカー=ブランド」として
販売していますが、

ホンダもブランド力強化に力を入れ、

フリードに関しても2代目の
フルモデルチェンジより、

共通デザインが採用されました。

インテリアに注目してみると
室内空間を有意義に使うため室内全長、

室内高を初代モデルよりも広く設計し、

運転席からの見通しを良くしています。

これは、

ミニバン特有の運転席からの

死角を改善する目的と操作性を
高めるという目的があり、

効率的に室内空間を広く変化させています。

≪スポンサーリンク≫

◆7人乗りモデルの特徴
3

7人乗りモデルは、

3列目シートが搭載されており、

初代同様跳ね上げ式を採用していますが、

室内全長が若干長くなっているため、

初代モデルよりもやや余裕を
感じるつくりに仕上がっています。

1から3列目のシートクリアランスを9cm拡大、

2列目シートスライド量を
12cm拡大した上でボディサイズは
据え置きとしています。

コンパクトタイプのミニバンの問題として、

足元スペースの狭さがありますが、

フルサイズ並みの広さと余裕があり、

乗車人数の変化で自由自在に

カスタマイズ可能で人や用途に
応じた使い方ができるのは、

Free(自由な)とDo(行動する)を

組み合わせたネーミングの

Freedの名前に合致させるために
完成度を高めた

フリード モデルチェンジとなりました。

2列目シートは、

電動両側スライドを採用し、

乗り降りのしやすさを重視、

3列目シートは可倒式として

5人乗車の際はラゲッジスペース
として広く利用ができ、

2列目以降をラゲッジルームとして
利用することも可能で、

リアゲートからの長尺物の
出し入れも便利になっています。

後席以降のガラスを
プライバシーガラスとして採用し、

UVカット効果や乗員の
プライバシーの確保など
後席以降の同乗者への配慮が高くなっています。

ホンダ フリード 新型 燃費 シエンタ抑えクラストップ実現できるかがカギ。

◆新型フリード 紹介動画

◆管理人のコメント
4

新型フリードに求める
ものは価格と室内空間、

そして機能性、燃費と
人によってさまざまだろが、

気になるところは、
インテリアの部分。

どうやらステップワゴンと
室内が似ているという
情報もあったりする。

→ 最新の値引き交渉術で新型フリードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

それがあり、
新型のフリードは

『不発に終わるのでは?』

という懸念の声も聞こえてくる。

ライバルはシエンタ
ということになるのだが、

ひょっとすると
シエンタを超えることは
難しいのかもしれない。

→ 最新の値引き交渉術で新型フリードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク