ホンダ フリード フルモデルチェンジ カタログ発見!

話題の新車がさらに安く購入できる!その方法を公開中!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆新型フリード ホームページで紹介
2

ホンダの大人気
コンパクトミニバンである
フリードがついにフルモデルチェンジを迎えます。

インターネットでは既に
多くの情報が発信されており、

ホンダのホームページにおいても
エクステリアデザインだけでなく、

インテリアなども様々な情報が
紹介されています。

検索エンジンで

「フリード モデルチェンジ」と検索すれば、

本当に多くの情報を
閲覧することができるので、

購入を検討している方々にとって
は有効な情報が多数揃ってきています。

新車の購入にあたって、

実車の見学前にじっくりと
見ておきたいのがカタログですが、

現在のところ新型フリード
の正式なカタログは配布されておらず、

ティザーキャンペーン用の
冊子だけが入手可能な状態になっています。

正式なカタログは、

ホンダのホームページでも申し込みが
始まっていますが、

顧客への配布は正式発表の後に
なるとのことです。

今回のフリードは、

大人気となった初代モデルの
キープコンセプトではあるものの、

エンジンやミッション、

足回りにハイブリッドシステムを
更に磨き上げて機能を飛躍的に
向上させるほか、

エクステリアデザインも
最新のホンダデザインになり、

精巧さが更に増しています。

スポンサーリンク

◆新エンジンの性能が!
1

なかでも同じ排気量ながら
出力・トルクともに大幅な向上を
果たした1500ccNAエンジンは、

アクセルレスポンスが
まったく別物に仕上がっていると
評されるくらいに良い仕上がりです。

燃費性能もライバル他社の
性能を凌ぐものとなっており、

直近ではトヨタ自動車の
シエンタが登場していますが、

NAエンジンもハイブリットモデルも、

ホンダ新型フリードの
燃費性能がやや上回っています。

正式版のカタログにはこうした
数値も正確に記載されていますが、

数字だけでは伝わらない動力性能は、

やはり試乗をして初めて実感できるものです。

エンジン、

内装、外装、あらゆる部分で
しっかりと進化した新型フリードの

登場が待ち遠しくなるこの頃ですが、

正式な発表は平成28年9月16日が
予定されており、

店頭への展示や、

ダイレクトメール、

資料配布などもそのあたりから
開始されます。

新型では、

これまでフリードスパイクとして
販売されていた

2列タイプのユーティリティモデル
の名称が、

フリード+(フリードプラス)に
名称を変更して登場します。

このモデルについても同日に発表されて、

カタログなどの資料も
その日から配布が始まる予定です。

初代モデルの買い替え需要も
大いに見込まれており、

多くの期待を背負った
新型フリードの発表はまもなくです。

スポンサーリンク

◆新型フリード ティザーカタログ

 

◆管理人のコメント
1

カタログの配布は、
現在ティザーキャンペーン用のみ。

正式なカタログは
発表後、ということになるが、

ティザー用でも新型フリードの
良さを理解するには

よくできたカタログである。

特に、

2列シート、3列シートで

名前も変わり、

新型フリードの認識が
新しくなりそうな予感である。

ネットでも口コミ、

いろんなモデルとの比較
などが紹介されているが、

なんと言っても
ライバルはトヨタのシエンタになるだろう。

その中でも

燃費性能、
走行性能、
機能性がポイントとなっており、

シエンタの燃費性能を
越えるくらいでないと、

ファミリー層のユーザーを
取り込めないということも
でてくるだろう。

それだけ、

シエンタという車は
人気もあり、良い車だということ
なのである。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク