トヨタ次期新型シエンタはハイブリッド搭載の1.5Lか?

pixel2

≪スポンサーリンク≫


トヨタの次期新型シエンタ
ハイブリッド搭載の1.5Lで
攻めてくるようですね。

アトキンソンサイクル
電動VVTで燃費を改善してくる
みたいです。

トヨタにとって乗用車の中でも
異例のロングセラーになった

コンパクト・ミニバンの
シエンタ

どうやら2015年の6月に
モデルチェンジをかけてくる
という情報が入りました。

2台目となる次期シエンタは、

アクアゆずりの1.5Lハイブリッド
も設定されていて

フリードに対抗する
クルマとして投入されることに
なります。

フリードと同様、
リアがスロープ仕様に
なっており、

レジャーシーンでも活躍できる
モデルもラインナップされるとか。

スロープ仕様については、
トヨタが近年、力を入れている
福祉車両への転用
考えての事。

スロープ仕様は
2wdのガソリン車のみの設定に
限られると言います。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

その理由は、

4wd車は駆動系と
ハイブリッド仕様は床下に
収まるニッケル水素バッテリー
と干渉して成立しないんですって!

次期シエンタはトヨタ自動車東日本
の宮城工場で生産されます。

2016年の6月までの約1年間の
販売台数の計画は月6,600台

次期シエンタは1.5Lハイブリッド
の設定が大きなポイント
になるのですが、

子育てをされるファミリー層は
お金をあまりかけれないのが
リアルな話としてありますよね。

なので、
従来からのユーザーが
スムーズに代替えできる準備
必要で、

こういった事情があり、
1.5Lガソリン車も継続して設定
されます。

FFモデルでは2NR型ユニットが
新たに起用されて環境性能の
改善が図られます。

このエンジンには電動VVT
クールドEGR
アトキンソンサイクル
アイドリングストップ機構など

おりこまれる予定。

一方4wdモデルは品質が
安定している1NZ型エンジンを搭載

 

>>>その他新型シエンタの関連記事はこちらへ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク