次期フィットのウワサ。燃費、パワートレインはどうなるのか?

5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

次期フィットの噂が
ネットであふれている。

次期型の
パワートレインは

1L、直3ターボの搭載が
注目されているが、

一体どうなるのだろうか?

フルモデルチェンジの
時期も2017年4月あたりだと
いうことだが・・・?

スポンサーリンク

◆次期フィットがスクープされた?
5

先日、

9月21日に新型フリードが
発売されると広告で見かけました。

フリードに続いて、
同じ9月ごろにフィットが
マイナーチェンジされると言われています。

そしてさらに、

フィットのフルモデルチェンジが噂されています!

現行型のフィットは、

2013年9月5日に
フルモデルチェンジが公表され、
フィット3として登場。

 

初代からの設計思想は継承しつつ、

パワートレインや車体を
新設計したことで機能を向上させてあります。

先代よりもボディーが一回り大きくなり、

全幅は先代と同様の
1695mmで5ナンバーサイズが保たれています。

ホンダ 車 一覧 新車 軽からスポーツカー、SUVが激熱!2017年以降のモデルとプリウスPHVとレクサスLC価格判明?

 

スポンサーリンク

◆次期フィットパワートレイン
4

パワートレインは、

全エンジンがSOHC
(燃費の良さを実現)から

DOHC(高回転、高出力が得意)
に切れかえられています。

1.3L車は、
アトキンソンサイクル仕様、

アイドリングストップを
採用することで燃費を
26.0㎞/Lに向上しています。

1.5L車は、
直噴エンジンを採用したことで、
最高出力を10%向上しています。

1.5Lエンジンを
ラインナップしていた先代は途中から、

モーターも搭載するハイブリッドも
追加されています。

現行型では驚異の
燃焼性能のハイブリットが
やはり主力となってきています。

スポンサーリンク

◆次期フィット燃費性能
3

燃費性能は、

トップレベルの低燃費
(ハイブリットFF 36.4㎞/L)!!

エコカー減税で免税対象です。

やはりフィット3でも、
しっかりとホンダらしい走りをしています。

センタータンクレイアウトは
フロントシートの下に
燃料タンクをおくことで、

後部の空間を邪魔されることなく
使い切れる特許となっているのが
最大の優位点ですが、

車両中心の容量の変わる
燃料タンクがあることで

重量バランス上から走りに
間違いなく寄与し、

低重心にもつながっています。

プラットフォームも新設計となり、
室内空間やパッケージの自由度を最大限に高めて、

製造手法や解析方法を
刷新したことで軽量化と高剛性化を
図っています。

防音材や遮音材の適応面積を
最大化したことで、

静粛性能を向上させるとともに、

ショックノイズを大幅に低減させています。

新車情報2017 トヨタ ヴィッツハイブリッド、ルーミー/タンクバカ売れ 気になる他メーカーの動向

◆次期フィットのシャシー
2

シャシーシステムは
サスペンションを新設計してあり、

操舵安定性と乗り心地の改善を目指してあります。

安全性能も強化されていて、

急ブレーキ時にハザードランプが点滅、

後続車に注意を促す
エマージェンシーストップシグナルも
標準装備されたほか、

衝突被害軽減ブレーキの一種である、
追突や発進時の事故被害の軽減、

安全運転をサポートする
シティブレーキアクティブシステム
(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)
を新開発してあります。

この
シティブレーキアクティブシステムは、

約30㎞/hでの前方車両との
衝突の回避、軽減を自動ブレーキで支援します。

前方に障害物がある状況で
アクセルペダルを踏みこんだときに、

急発進の防止を支援する機能をいいます。

もちろん常に周囲に
気を付けて安全運転が一番ですが、
万が一のときとても安心できますね。

現行型フィットは、
過剰なパワーは求めないながらも、

質感の高い使い心地と経済性を
両立したい人たちからの注目できる点がいいですね。

現行型から次期フィットが
どのような変化をとげるのか気になります!

◆フィット試乗動画

 

◆管理人のコメント
1

次期フィット。

コンパクトハイブリッドカー

のジャンルでは、

知名度が高く、

ホンダのドル箱モデルである。

フィットは、

ホンダが誇るハイブリッド
システムが搭載されており、

このシステムは

トヨタのハイブリッドシステムと

遜色ないものとして

かなり評価も高い。

最近スポーツカー系を
せかせかと出してくるホンダ
であるが、

このジャンルでも
相当なシェア争いをしてくる
と思われてならない。

◆次期フィット フルモデルチェンジの時期

次期フィットは

第2世代に進化したエンジンで
加速性能向上と低燃費
を実現すると言われている。

フロントとリアのデザインが
小変更される予定で

アグレッシブさがアップする。

搭載エンジンは熟成されて
第二世代となり、

加速性能の向上と
燃費性能の向上が
図られる。

そのほか、

先進安全装備の

『ホンダセンシング』

も設定される予定で、

総合的な安全性能は
大きくアップする。

また、

スポーツグレード
のRSは、

1L、直3ターボを採用してくる
可能性が大ということで

かなり期待できるモデルとなる。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク