次期フィット 発表はいつくらいになるの?スペックは?

5
スポンサーリンク

◆発表はいつくらい?
1

フィットは、2001年6月に
ロゴの後継車として登場しました。

初代フィットは、『Fit』
二代目、三代目は、『FIT』
と、車名が変更されてきました。

日本国外では、『Jazz』と
呼ばれているようですね!

フィットがデビューしたとき、
月の販売目標台数は、
8000台だったそうです。

目標台数は大きく上回り、
発表後1か月で受注した台数は、

なんと48000台を記録。

日本車歴代トップになりました!

年間販売台数を33年間守り続けた、
トヨタのカローラを上回り、

これは、
トヨタの3代目プリウスが出る日まで続きました。

スポンサーリンク

◆歴代フィット
2

初代フィットは、2001年から2007年

2代目フィットは、2007年から2013年

3代目フィットは、2013年から現行。

初代フィット
前席床下に燃料タンクを収める
センタータンクレイアウトという
画期的なシャシーを採用。

ロングホイールベース、ハイルーフの採用で
クラストップレベルの室内空間がもてました。

また室内は、ミニバンに匹敵する
シートアレンジが可能。

エンジンは新開発の、

1.3Lの直4i-DSIで、

1気筒あたり2本のプラグを備えて
燃焼効率を向上。

専用設計のCVT、
マルチマチックSと組み合わせて
低燃費を実現。

駆動方式は、FFと4WD、

全車に前席エアバック、

ABD付きABSが
標準搭載されました。

スポンサーリンク

◆2代目フィット
3

フォワードキャビンにこだわったボディは、

Aピラーを前方に配置した前傾姿勢で
広さや爽快さを感じさせるデザインに完成。

レイアウトが工夫されて、

広い室内は、ガラスエリアが拡大し、

開放感と視界の良さを得ています。

2段構造になり、
床下スペースまで使える広いラゲージ、

シートアレンジも多彩になり、
使いがってが向上。

1.3L、1.5Lの
新型i-VTECエンジンは

吸排気効率から見直され
トルクコンバーター付き新型CVTや

クリープ制御システムなどと組み合わせで、

高出力と実用燃費を向上させてあります。

サスペンションセッティングや内装が

専用となるスポーティなRSも用意されました。

◆3代目フィット
4

エクステリアは、
歴代モデルの特徴である
ワンモーションフォルムを

承継しながら、ハイテク感、美しさ、
質感を追求したデザインとなっています。

内装では、ナビやエアコンなどに、
静電気式タッチパネルを採用。

歴代モデルの魅力である、
多彩なシートアレンジや
収納スペースは健在で、

従来型より利便性が高められています。

シートは上級車種をベースに設計され、
快適さも向上。

エンジンは従来型と同様ですが、

アースドリームテクノロジーにより刷新。

熱効率に優れている、

アトキンソンサイクルとなり、

DOHCやVTEC、VTCを採用。

1.5Lはこれらに加えて、

直噴技術も用いられています。

さてフルモデルチェンジされて、
発表される予定の4代目フィット、

あくまでも予定ではありますが、

2019年ごろだといわれています。

遅くとも2020年には
おこなわれる予定だと言われています。

とても楽しみですね!!

リコール5連発があったフィットですが、

これからしっかり挽回して、

フィット4に期待したいです!

◆フィット 紹介動画

 

◆管理人のコメント
5

リコールが続いたフィット。

残念というか、
わが社悪くないもん!

と思うのか

わからんが、

次期フィットには
1Lダウンサイジングターボ
の期待がかかっている。

ホンダのハイブリッドは、

トヨタにも負けないくらい
の技術は持っているのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク