次期フィット 派生 SUVの噂。現行ヴェゼルとフィットとの比較から次期型を考察。

1

次期フィットにどうやら
SUVの噂が出ているらしい。

フィット派生SUVといえば、
ヴェゼルとなるが、

それ以外にも
コンセプトモデルがでていただろうか?

現行フィットとヴェゼルを
比べながら

次期フィットがどう改良
されるのか見ていきたい。
 

スポンサーリンク

◆次期フィットSUVの噂
1

次期フィットはSUVになる?
ヴェゼルとの違いはなに?

ヴェゼルは、
2013年12月デビューしました。
即、SUV市場で
新車売り上げナンバーワンに
君臨!!

フィットとヴェゼルの
違いはどんなところがあるのでしょうか?

サイズは、ヴェゼルのほうが上になります。

フィットと比べると、

全長340mm、

全幅75mm、

全高80mm

上回っています。

フィットは5ナンバーのコンパクトクラス

タイヤの大きさは?

ヴェゼルのほうが
1インチ大径で3サイズの
太いタイヤを標準装備。

SUVらしく、

デザインと運動性能バランスを
優先したようです。

フィットは、

細めのタイヤを
装備しているのが特徴です。

次期新型フィットハイブリッドrsは設定されるのか?

スポンサーリンク

◆現行フィットの燃費
2

燃費はどうでしょうか?

ハイブリットで比較してみます。

ヴェゼルは、27.0㎞/L
排気量は1496㏄+モーター
使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

フィットは、36.4㎞/L
排気量、1496㏄+モーター
使用燃料、無鉛レギュラーガソリン

両車とも、駆動式はFF。

排気量は1.5Lエンジンに
ハイブリットシステム搭載

ガソリンエンジン部は同型ながら

セッティングが異なり、

ヴェゼルの方が上回ります。

燃費は、
フィットハイブリットの方が
9.4㎞/L優れた数値になります。

これはフィットハイブリットが

経済性と居住性を優先するパッケージであり、

190kg軽量なことも

大きく起因していると言えます。

両車とも財布に優しい
レギュラーガソリンです!

スポンサーリンク

◆現行フィット室内空間
3

室内はどうでしょうか?

ヴェゼルはスタイル重視のパッケージ

フィットハイブリットは、

やや背の高い室内空間に
余裕を持たせたパッケージで、

特に後席は横方向、

高さ方向とも広さを感じます。

両車とも分割式の後席を倒すことができ、

長尺や幅のあるものも
積載可能になります。

両車、
大人5人がゆったりすごせる
十分な居住性を確保しています。

気になる新車価格、
乗り心地どんな感じでしょうか?

ヴェゼルハイブリット
227万円

ヴェゼルは、かけ心地の良い
ファブリックシートと、

軽量で高剛性なボディ、

専用ダンパーと足回りのセッティングにより
しなやかな乗り心地です。

スタイリッシュにドライビングを
楽しみたい方におすすめです。

フィットハイブリット
169万円

フィットは、
少し硬めのしっかりした足回りです。

決して揺さぶられる感じではなく、

体圧分布に優れた
疲れにくいシートと

マッチングにより快適な乗り心地です。

快適性と経済性、
走行性の

バランスのとれた走りを
楽しみたい方におすすめです。

アクティブに過ごしたい行動派なら、

ヴェゼル

毎日車が必要な方、
燃費重視の方なら、

フィット

という感じになるのでしょうか。

次期フィット 発表はいつくらいになるの?スペックは?

◆燃費のいいフィットがSUVになったら。
4

フィットは燃費もいいし、

小回りもきき、

日常生活で使うには
とても便利でいい車ですね!

さて次期フィット、
4代目フィットは
SUVになるのでしょうか?

海外メディアの情報によると、

2017年に小型のSVUが

登場するのではないか?

というのです!

ヴェゼルのワンランク下になります。

名前は「WR‐X」

このWR-Xが、

四代目フィットの
フルモデルチェンジの
モデルになるのではないか?

という話ですが、どうなるか楽しみですね!

◆フィット紹介動画

 

◆管理人のコメント
5

次期フィットには
ハイブリッド仕様も継続設定される。

先代は国内だけでなく
海外でも販売されていたが、

ツインクラッチミッション採用の

i-DCD搭載車は国内専売に
なるという。

噂でもアクアを超える
燃費に!?ということだが、

開発目標は

43㎞/Lを超えること
というから実現すれば

ホンダの救世主となりかねない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク