次期マークX 最新情報 10月26日 Xデー迫る。搭載エンジンについて。

4

≪スポンサーリンク≫


次期マークXの最新情報を
入手した!

どうやらXデーは
10月26日らしいが・・・?

搭載されるエンジンやスペック、

今後の予定について考えてみる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるのです。

1

◆次期マークXの噂
1

マークXはトヨタ自動車が
マークⅡの後継モデルとして、

2004年から製造販売している
ミドルクラスサルーンです。

その特徴は、

駆動方式が後輪駆動であること、

同クラスのカムリと比べると
スポーティな足回り、

そしてスタイリッシュなスタイルを採用し、

普通のセダンではつまらないと
思っている男性向けのクルマ
という位置づけでした。

→ 次期マークXを65万円も安く購入する方法はこちら!

2009年に現行モデルに
フルモデルチェンジが行われ、

すでに7年が経過しています。

次期マークXに関する
最新情報も飛び交う中、

2016年10月26日に
フルモデルチェンジではなく、

エクステリアなどに大幅な手を
加えたビッグマイナーチェンジが
行われるようです。

◆次期マークXデザイン
2

ヘッドライトユニット&
バンパー&
グリルデザインが変更され、

現行でもかなりアグレッシブな
デザインとなっていますが、

ヘッドライトがさらにシャープになり、

よりアグレッシブ、

よりスポーティなスタイル
になる模様です。

また、

インテリア質感が向上し、

安全運転アシストシステムの
「セーフティーセンス C」が

全車標準装備されるようです。

パワートレインについては、

2.5Lガソリンエンジンの

4GR-FSEと3.5Lガソリンエンジン
の2GR-FSEを、

ダウンサイジングし、

8AR-FTS型2.0L
直噴ターボエンジンに置換されるようです。

この8AR-FTS型2.0L

直噴ターボエンジンは
最高出力235馬力、

最大トルク35.7kgf.mを発生し、

すでにレクサスNX、

レクサスIS、

クラウンアスリートにも採用されています。

≪スポンサーリンク≫

◆次期マークX エンジン
3

また、

2.5リッター直列
4気筒DOHCエンジンの

2AR-FSE型を搭載したハイブリッドの
開発も進んでいるようです。

ハイブリッドに関してはまだ、

はっきりした情報がわかりませんが、

トヨタ車の多くに
ハイブリッドモデルを設定し、

主力モデルとなっているにも関わらず、

マークXのハイブリッドモデルが
ないことが不思議でしたので、

可能性は高いのではないかと思われます。

トランスミッションは
現在の6速ATから8速ATに変更されます。

走りの面でも期待できそうです。

駆動方式に関しては
前輪駆動に変更されるのでは
ないかという噂もありますが、

今度のビッグマイナーチェンジでは
FF化はないようです。

ハンドリング性能を考えると
FRのままのほうが良いでしょう。

フルモデルチェンジに関しては、

2019年で生産終了という情報もあれば、

BMWとの共同開発するのではないか、

あるいはビスタと姉妹車となり
FF化されるのではないかなど、

情報が錯綜しています。

◆次期マークX 試乗動画

 

◆管理人のコメント
4

バブル時代には
『ハイソカー』として
一世を風靡したマークⅡ.

近年、

ターボエンジンを搭載した
『ツアラー』系グレードの存在で、

一気にスポーティな車種として
注目を集めてきた。

いわゆる

『スポーツセダン』

と言われるものである。

一番注目されているのは

FRからFFに変わるのでは!?

ということだ。

生き残りをかけて
どう改良してくるのか、

今から楽しみである。

2016年10月26日に
大幅に進化してくるというが・・・?

→ 次期マークXを65万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク