新型 次期マークXにBMWのエンジン搭載か?スペックは?

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型次期マークX。

BMWとの共同開発されている
という。

共通で利用するのは
主にシャシーだということだが、

BMWでいうと3シリーズ
が兄弟車になる。

BMWとの共同開発の先には
一体なにがあるのか?

スポンサーリンク

◆次期マークXフルモデルチェンジ予想
1

現行のマークXは2009年に登場し、

すでに7年目に突入しています。

次期マークXに様々な情報が飛び交っていますが、

最新情報だと、

2018から2019年にかけて

フルモデルチェンジが行われるのでは
ないかと予想されています。

次期マークXの開発に関して、
いくつかの案があるようです。

一つ目は、

ドイツの高級自動車メーカーBMW
との共同開発するという案です。

かつて人気を博したトヨタの

スポーツカー、

次期スープラも同様に
現在BMWと共同開発されているので、

その可能性は決して低くはないでしょう。

共同開発されるとすれば、

BMW3シリーズの兄弟車となる公算が高いです。

ただそうなると、

価格が現状のままというわけにはいかなくなり、

ライバル車もレクサスISと
いうことにもなりかねません。

二つ目は、

部品の共有ができず、

コスト高につながっている
後輪駆動を改め、

プラットフォームをカムリと
同一のものにして駆動方式を
前輪駆動にするという案です。

新車速報 スクープ 続編!トヨタの新型トールワゴンの概要判明!その他メーカーの動きも。

スポンサーリンク

◆次期マークX、カムリと共同利用
2

つまり、

カムリの兄弟車になるということです。

これが実現すればコストを抑えることができ、

コストパフォーマンスの
高いモデルに仕上げることが可能です。

ただ、

これまでFRのスポーティセダンとして
位置づけられてきたマークXがFF化されて、

ユーザーは納得するだろうか
という問題があります。

三つ目は、

従来通りFR車として、

新プラットフォームであるTNGAを
ベースに開発するというものです。

コスト増が避けられないために、

価格的に支持を得られるかどうかが問題になってきます。

クラウンに価格が近づくと、

それならクラウンが良いと、

流れてしまう人もいることでしょう。

スポンサーリンク

◆コンセプトカーはNS4
3

最後に、

2012年1月9日に
開幕されたデトロイトショーに
出展されたコンセプトカーのNS4を
ベースに開発されるのではないかというものです。

このNS4の低重心スタイルは
非常にインパクトがあり、

発表当時から次期マークXの

スタディモデルではないかと噂されていました。

次期マークXがどのような
クルマになるのか今から非常に楽しみですが、

これまで通り、

普通のセダンとは一線を画する
大人の遊び心に溢れたモデルで
あってほしいと願っている人は多いことでしょう。

なお、

2019年に生産が

終了してしまうのではないかという
情報も一部に飛び交っているようですが、

仮にそうだとしても、

後継モデルが必ず用意されることでしょう。

カタログから姿を消すにはあまりにも惜しいクルマです。

◆2015年 デロイトショー総集編

 

◆管理人のコメント
4

マークⅡからモデルチェンジを果たした
マークX。

マークXはトヨタ車の中でも
歴史的なブランドであるといえる。

カローラ、クラウンと並ぶ
トヨタを象徴する車であろう。

登場時は、
中流階級がよく使う車であったが、

後半になると、

いわゆるヤンキー的なクルマとして
人気がでてきて、

本来の姿とは少し違った
方向へと進んでしまった。

マークⅡは
サラリーマンが乗る、

少し裕福な家庭を自慢するような
クルマだったのだ。

次期マークXも

高級ではあるが、
サラリーマンでも手が届く
モデルとして、

開発してほしいと思う。

新型の次期マークXには
ダウンサイジングターボの
8AR-FTS型、

2.0L直噴ターボエンジンが
搭載されるといわれている。

この2.0直噴ターボは

レクサスNXに初めて搭載されたエンジンで、

当時話題になったエンジンである。

その後、レクサスはISにも搭載し、

トヨタとしては
クラウンアスリートに搭載され、

次期新型のマークXに搭載されれば、

トヨタ車としては2例目となる。

スペックは、

最高出力:235ps/5800rpm、
最大トルク:35.7kgm/4400rpm

というもので、

ダウンサイジングされた
エンジンとはいっても、

スペックとしては高いものを
維持している。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク