新型 次期マークXはFFで?エクステリア、インテリアの変更点は?

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

次期マークXにFF化が
予想されていたが、

今回は見送りなったようだ。

その理由とは一体
どのようなものなのか?

今回はそれについて解説していきたい。

スポンサーリンク

◆マークX ビッグマイナーチェンジ
3

トヨタ自動車のアッパーミドルセダンとして、

マークⅡ以来ロングセラーモデル
となっているトヨタのマークXは、

この2016年10月に大幅改良の
ビッグマイナーチェンジを行う予定です。

今回の大きな変更点は
エクステリアデザインと
インテリアの質感向上で、

特にエクステリアデザインに
おいてはフロントフェイスが

大幅なフェイスリフトを受ける
予定になっています。

現行型では非常に特殊な
デザインを用いているマークXですが、

次期マークXはフロントの
ロアグリルが大幅に変更されて
イメージが一新し、

アッパーグリルもこれまでの
斬新なデザインから
だいぶおとなしいものに
変更される見込みです。

新車速報 スクープ 続編!トヨタの新型トールワゴンの概要判明!その他メーカーの動きも。

スポンサーリンク

◆次期マークXのインテリア
2

インテリアではその質感向上に
力が入っていますが、

最近のトヨタデザインから
大きく変化を魅せるようなものには
なっていません。

エクステリアが
おとなしくなってしまった分、

最近の奇抜なデザインに
親しんできたマークXユーザーに

とっては物足りなさを
感じてしまう人も多くなるかと思われます。

逆にトヨタのマークⅡ最盛期を
楽しんだ世代にとっては、

落ち着きを取り戻したこの
クラスのセダンに共感が

芽生えるモデルになる可能性が
高くなっています。

注目されたパワートレインは
現行型のラインナップを
踏襲する予定ですが、

クラウンターボでも好評な
2000ccのダウンサイジング
ターボエンジンは用意される見込みです。

スポンサーリンク

◆次期マークX ハイブリッドモデル
1

また、

ハイブリッドモデルにおいては、

定番となった2500ccバージョンが
用意され、

NAエンジンの
最高峰モデルとして

3500ccのV型6気筒エンジンが
フラッグシップとして用意されます。

数年前から噂されていたFFの
ダウンサイジングエンジンモデルは

今回も導入されないということで、

アッパーミドルセダンにおける
トヨタ自動車の新しい取り組みは、

今後導入されていく新しい
モデルやシリーズにおいて
展開されていくことになります。

FFモデルのアッパーミドルセダンに
期待していた顧客層にとっては
寂しいニュースですが、

それ以上に寂しい情報として
最近注目されているのが、

このマークXの生産終了です。

今回のビッグマイナーチェンジを最後に、

2019年で同モデルの生産と
販売が終了を迎えるという情報が
出回っており、

先代のマークⅡから何十年も
続いたビッグネームが、

いよいよその終焉の時を
迎えるというのは、

自動車ファンにとっても
寂しい限りのニュースです。

恐らくはこれが最後の
マークXシリーズになると思われる
今回のモデルに期待です。

◆2016年 デトロイトショーの様子

 

◆管理人のコメント
2

まだ確定ではないということだが、

2.5L直列4気筒DOHCエンジン
の2AR-FSE型、

ハイブリッドエンジンを搭載
するということで、

現在開発が進んでいる。

現在6年目となるマークXは
今回のモデルチェンジは
延命策と言われており、

それなりにインパクトのある
改良、変更を行わないと、

マークXのブランド自体
を落としてしまうことになりかねない。

それを考えると、

ハイブリッド化というのは
当たり前のことなのかもしれない。

さらに、

安全装備としては

全車にセーフティセンPが
搭載される予定にある。

セーフティセンスPについては

ランドクルーザーにも搭載された
安全装備であり、

トヨタが自信をもっている装備である。

新型プリウスから始まった
TNGAがこのマークXにも採用される。

このTNGAにつぃては、

トヨタの新世代車には
すべて採用されるので、

次期型マークXにも当然
採用されるのであるが、

肝心のエンジンについては
新エンジンが搭載されるというので、

完成度はかなり高いものに
なるだろうと予想されている。

このモデルチェンジで
マークXが最後になる、

という噂もあるくらいで、

今回のマークXは
間違いなく完成度の高いものとして
登場することになるであろう。

次期型マークXの購入を検討
している人にとっては、

決して悪い話ではないと思う。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク