新車速報 WRX S4 スバル WRX S4 tS コンセプト 期待の新装備 スペック

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

 

スポンサーリンク

◆WRX S4 tS 登場で沸く市場

1

初代SUBARU WRXは1992年に登場しました。

インプレッサをベースに
世界ラリー選手権(WRC)などの
ラリーで勝利するために開発された特殊なクルマで、

実際1993年から
世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、

3連覇を果たしています。

→ WRX S4 tSを65万円も安く購入する方法はこちら!

そのようなラリー車を手に入れ、

公道で走らせることができるというのが、

SUBARU WRXの最大の魅力と言ってよいでしょう。

現行モデルに搭載されているエンジンは、

S4が

最高出力300ps/5600rpm、

最大トルクが400Nmであるのに対して、

STIはさらに

最高出力227kW(308PS)/6400rpm、

最大トルク422Nm/4400rpm

パワーアップしています。

いずれにエンジンも、

幅広い領域で大トルクを発揮し、

従来の低速トルク不足を解消しています。

さらに、

2016年8月29日に、

SUBARU WRX S4 tsコンセプトが発表され、

正式なモデルは10月4日に販売になりました。

このモデルは、

WRXのオートマチックモデルVAG型に
スバルテクニカインターナショナル
(STI)がチューニングしたモデルです。

WRX S4をベースに、

走行性能を高めつつ、

エクステリアやインテリアに
専用装備を追加しています。

 

スポンサーリンク

◆WRX S4 tS のパワーユニット

2

まず、

パワーユニットの改良点に関してですが、

吸排気系パーツをより
通気抵抗を低減したものに変え、

加速中のエンジントルクを
最大で約10%パワーアップさせています。

トルクが向上した分、

レスポンスも良くなっています。

また、

エンジンルームの熱対策として
オイルクーラーが装備され、

ラジエターファンも強化されています。

これにより、

より一層運動性能を
引き出すことができるようになっています。

サスペンション関係では、

S207で採用された

ビルシュタイン製の
可変減衰力サスペンション

DampMatic IIが装備されています。

このサスペンションは
快適な乗り心地とコーナリング性能を
両立させた優れたもので、

高性能なスポーツカーでありながら、

乗り心地を犠牲にしない
仕上がりとなっています。

さらに、

ブレーキ関係では、

フロントブレーキに
4ポット対向ブレーキキャリパーを
採用することで制動能力を向上させ、

STI製フレキシブルタワーバーを
装備して剛性感を向上させ、

ねじれを軽減しています。

安全面でも抜かりはありません。

最新のEyeSight(ver.3)を搭載する

アドバンスドセイフティパッケージを装備しています。

新車情報2016 スバル WRX S4 tSの運動性能がすごすぎた!オトナの魅力満載のスポーツセダン

スポンサーリンク

◆WRX S4 tS 装備

3

 

主な特別装備は、以下の通り。
【足まわり/メカニズム】
・STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリア
・STI製低圧損エアクリーナーエレメント
・CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ
・STI製ビルシュタイン フロントストラット(ダンプマチックII、倒立式)&コイルスプリング
・STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
・STI製255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップSPORT MAXX RT、特殊吸音スポンジ付き)
・ブレンボ製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・STI製フレキシブルタワーバー(フロント)
・STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント)
・STI製ピロポールブッシュリアサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリア内側)
・STI製フレキシブルサポートサブフレームリア

【エクステリア】
・STI製BBS19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(シルバー)
・メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付き)
・大型フロントアンダースポイラー
・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
・STIエンブレム付きサイドガーニッシュ
・リアバンパー(チェリーレッドストライプ)

【インテリア/その他】
・ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付き、STIロゴ入り)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革、メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ)
・STI製本革巻きシフトレバー(STIロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・STI製レカロバケットタイプフロントシート<本革(メイン:ブラックセミアニリン、サイド内側:ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント、シートヒーター付き、STIロゴ型押し、SRSサイドエアバッグ>
・リアシート<本革(ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント>
・インパネ加飾パネル(レッド)&オーナメント(tS LIMITED EDITION)
・サイドシルプレート(STIロゴ入り)

【NBRチャレンジパッケージ専用装備】
・STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)
・STI製ドライカーボンリアスポイラー(STIロゴ入り)
・NBRチャレンジパッケージ専用エンブレム(リア)
・ウルトラスエード巻きステアリングホイール(メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ、シルバーセンターマーク付き)

価格はWRX S4 tSが496万8000円、WRX S4 tS NBRチャレンジパッケージが529万2000円。

◆スバル WRX S4 tS 紹介動画

 

◆管理人のコメント

5

スバルの
モータースポーツ活動を担当する

スバルテクニカインターナショナル
(STI)

が2016年10月4日に発売した、

スバルWRX S4 tS。

価格は496万円8000円と
割高感はあるが、

走りを楽しみたいドライバー
にとっては充実な装備を備えている。

今回のWRXはスバルの
先進安全機能を網羅した

”究極のアスリートモデル”

と言われるほどだ。

パワーユニットは

通気抵抗を低減した吸排気系を
採用することで、

過渡エンジントルクが最大で

10%も向上しているという。

スポーツリニアトロニックの
クーリング性能も強化されており、

足回りにはS207にも採用された
可変減衰力サスペンションの

『ダンプマティックⅡ』

を採用したことで、

快適な乗り心地と

操縦安定性の両立が図られているのだ。

そのほか、

STIといえば、

ブレンボ製の対抗4ポッドブレーキなど、

STI専用のパーツが備えられている。

ポイントとなるのは、

19インチSTI製BBS鍛造アルミホイールを
はじめとした、

メッシュフロントグリル、

大型のフロントアンダースポイラー、

エキゾーストパイプリア、

STI製低圧損エアクリーナーエレメント、

などの装備も注目である。

大人のスポーツセダンを意識した

洗練された走りを楽しむことができぞ!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク