CX-5 フルモデルチェンジ 3列シート使い心地 次期型の噂

ws000009

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆CX-5 フルモデルチェンジでの評価

ws000009

ここ数年で日本国内での評価が一変し、

クリーンディーゼルを
中心に高い評価を得ているマツダですが、

なかでもCXシリーズは
人気の高いモデルが並んでいます。

→ 新車をお得に65万円も安く購入する方法はこちら!

そのクロスオーバーモデル
であるCXシリーズのなかで、

最初にデビューして
大人気となったCX-5
フルモデルチェンジの情報が
徐々に広まってきています。

今年2016年11月15日頃からの
海外における自動車の
モーターショウにおいて

ワールドプレミアでの先行公開が
予定されていますが、

今のところ全貌は判明していません。

CXシリーズには、

日本国内で最もコンパクトな
CX-3とスタンダードモデルの

CX-5が販売されていますが、

いずれも内装は2列シート5人
乗り設定で、

3列目シートはありません。

CXシリーズ全体でみると、

中国でデビューした
CX-4も名称の数字が表すように
CX-3とCX-5の間のようなモデルのため、

ボディサイズや内装の空間は
それほど大きくありません。

唯一の3列シートモデルとして
販売されているのがCX-9で、

このモデルは数年前に北米での
販売を開始しており、

マツダの
スカイアクティブテクノロジーが

満載された大型のミニバンの
ような使い勝手の良さと

動力性能の高さで人気を得ています。

新車速報 WRX S4 スバル WRX S4 tS コンセプト 期待の新装備 スペック

スポンサーリンク

◆CX-5 フルモデルチェンジのエンジン

ws000012

日本国内ではマツダのモデルで

3列目シートを配しているのが
MPVとビアンテだけであり、

いずれのモデルもモデル末期の
販売低迷商品となっており、

CX-9のような新しいマツダの
大型ミニバン、

大型クロスオーバーモデルの登場が期待されています。

もともとこのクラスの人気が
国内で高まったのは、

マツダから初代のMPVが
登場したあたりの激戦がきっかけで、

一時はマツダのMPVもかなりの
販売を記録したモデルでした。

しかし現在の日本国内に
おける同クラスの販売勢力図
はある程度大規模なメーカーで独占されており、

マツダの入り込む余地がなくなっています。

CX-5では小さいというユーザーや
ファミリータイプのモデルを
求めているユーザーにとっては、

マツダからの3列目シートを
有した新型モデルを、

3列目シートのある

フルスカイアクティブテクノロジー
搭載車両のデビューが
待たれるところですが、

残念ながら今回の

CX-5 フルモデルチェンジでも
そのような変更はない見込みです。

なお、

新型のCX-5では、

これまで販売の大多数を
得ていた2200ccの

クリーンディーゼルターボエンジンに加えて、

新開発の2500ccガソリンターボエンジンも搭載されます。

スポンサーリンク

◆CX-5のオフロード走行がすごい!

 

◆管理人のコメント

ws000013

CX-5のフルモデルチェンジで

噂になっているのが、

ディーゼルハイブリッド
が搭載されるということ。

CX-5はMazdaの

魂動をテーマに
デザインコンセプトされたモデルで、

スカイアクティブエンジンを
搭載して登場した。

登場後、

マツダの新世代クロスオーバーとして
確固たる地位を築いたモデルでもある。

2015年には
ビッグマイナーチェンジを果たし、

とうとう新型へと改良されるときがきた。

CX-5はMazdaのスカイアクティブ
のファーストステージが導入されたモデルで、

次のスカイアクティブも
最初に搭載されるモデルになることは
間違いない。

次なるスカイアクティブとは
一体どのようなものかというと、

重要なキーワードとなるのが、

i-ACTIVSENSE

という言葉である。

内容に関しては、

歩行者検知までもさらなる
カメラの追加で

自動ブレーキ機能まで
その安全性を広げている。

マツダの開発陣は、

スバルのアイサイトより

安全性能が劣っていることは
十分に承知しており、

その劣っている性能を意識して
開発をしているという。

その開発の中で、

焦点になっているのが

燃費性能ということなのだ。

ディーゼルハイブリッドは
輸入車には当たり前のごとく
搭載されているモデルがたくさんある。

これこそがマツダの
次なる戦術の中心にあり、

その第一弾にCX-5が搭載されるべく
開発が進められているのである。

発売に関しては、

2017年の夏から秋にかけてなのか、

または2018年の春以降にずれ込む
という話もある。

かなり流動的ではあるが、

ディーゼルハイブリッドの
さらなる改良を重ね、

ハイブリッドクリーンディーゼル

へと進化する素晴らしい
モデルへと改良を重ねて頂きたいものだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク