CX-5 フルモデルチェンジ 値引き は無料査定ではいくらになるのか?

ws000012

≪スポンサーリンク≫


◆CX-5 フルモデルチェンジは渾身のモデルに

ws000009

マツダの
人気クロスオーバーCX-5は、

マツダ復活の原動力となった
スカイアクティブテクノロジーを

全面的に搭載したマツダ渾身のモデルであり、

発売以来

クリーンディーゼルエンジン
を搭載したモデルを中心に
高い人気を継続しています。

→ 新型CX-5を65万円も安く購入する方法はこちら!

このマツダCX-5

フルモデルチェンジに関する情報は、

今年の夏頃から本格的に
出回るようになりましたが、

未だにその全貌は明らかにされていません。

いよいよ2016年11月に
海外のモーターショウにおいて

ワールドプレミア公開される予定ですが、

これまでその人気を
牽引してきた2200cc
クリーンディーゼルのターボエンジンだけでなく

新開発の2500cc
ガソリンターボエンジンが新たに
搭載されることが判明しており、

今回登場した

新型アテンザでも搭載された
非常にポテンシャルの高いガ

ソリンエンジンには大きな期待が
寄せられています。

◆CX-5 フルモデルチェンジ で市場が大きく

ws000014

一昔前までマツダと言えば
値引きが大きく下取りが
厳しいというブランドでしたが、

現在はその状況も大きく変化し、

CX-5を含めて値引きは
他の国産メーカーと比較しても
それほど大きなものではありません。

最近の値引き情報を見てみても、

CX-5は相変わらず高い人気が
継続しており、

車両本体では15万円から
20万円程度が一般的で、

オプション値引きと
合わせても30万円から

40万円程度にとどまっています。

現行モデルは2016年11月中旬に
生産を終了することが決まっていますので、

現行モデルを狙っているユーザーは、

色などの確保を懸念する
部分こそありますが、

年末商戦から来年春の

決算に向けての旧モデル
大幅値引きを狙うという方法も出てきます。

新型への乗り換えを考える場合は、

現在よりも更に価格面の条件は

悪化すると考えられることから、

下取り車両の価格をいかに

有効に活用するのかが新車購入に
おける大きなポイントになります。

マツダ間の乗り換えの場合には、

マツダでの下取りが最高条件
になるケースが現在でも多いので、

マツダディーラーでの

新車購入交渉において、

まずは下取り無しの条件での限界を探り、

その後、

現在保有しているマツダ車を
下取りに出すという面について
下取り価格を交渉していく流れが良いでしょう。

その際の交渉に役立つのが
無料査定の活用です。

≪スポンサーリンク≫

◆CX-5 フルモデルチェンジで値引きはやっぱり無料査定

ws000012

中古車の無料一括査定は

多くの会社の情報が一気に
集まってくることと、

会社によって条件が大きく
異なるころから

期待すべき妥当な

下取り金額を把握できることと、

ディーラーとの交渉に大いに役立つものになります。

→ 新型CX-5を65万円も安く購入する方法はこちら!

◆新型CX-5 スペック予想

【SKYACTIV-G 2.5T】
2.5L 直列4気筒DOHCターボエンジン
最高出力 230ps/5000rpm
最大トルク 43.0kgf.m/2000rpm

【SKYACTIV-G 2.0】
2.0L 直列4気筒DOHCエンジン
最高出力 155ps/6000rpm
最大トルク 20.0kgf.m/4000rpm

【SKYACTIV-D 2.2】
2.2L直列4気筒ディーゼルエンジン
最高出力 175ps/4500rpm
最大トルク42.8kgf.m/2000rpm
SKYACTIV-Dには、ディーゼルエンジン特有の発進時に起こる騒音を抑える装置が搭載されています。

駆動方式 FF/4WD
トランスミッション 6速AT

◆マツダ CX-3登場

 

◆管理人のコメント

ws000013

2016年の8月あたりから、

マツダのCX-5新型と思われる
モデルが公道でテスト
される姿が目撃されているという。

2012年以降、

発売されて以来の
フルモデルチェンジに

市場も沸いているようだ。

テスト車両ということで
カモフラージュされている
姿になるのだが、

2016年の4月に日本初公開された
CX-9や、

北京モーターショーで
初公開されたCX-4、

さらには、

CX-3の登場と、

これらは共通した
エクステリアデザインであることが

わかっている。

全体的には大きな変化はない
ということだが。

今回のフルモデルチェンジでは

機能性を重視した開発が
中心になるだろうと言われている。

→ 新型CX-5を65万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク