新車情報2017 SUV 期待のモデル スバル 新型フォレスター

ws000001

2017年に登場するであろう、

新型フォレスターについて
ネット上では色んな憶測が
飛び交っている。

モデルチェンジ後の
ボディサイズはどうなるのか?

気になる次期型フォレスターを
チェック!

スポンサーリンク

◆フォレスタ― モデルチェンジ サイズ

ws000001

フォレスターはスバルが

製造販売している人気の本格派SUVで、

最近はアメリカを中心に
人気の高まりを見せていますが、

現行モデルの4代目が2012年に

登場し4年が経過し、

いよいよ2017年に秋ごろにかけて
5代目にフルモデルチェンジが
行われるようです。

2015年の

東京モーターショーでコンセプトカーの

「VIZIV FUTURE CONCEPT」が
公開されましたが、

これが次期フォレスター モデルの

ベースになると思われます。

エッジのきいたダイナミック
なフォルム、

近未来的なインテリアに
包まれたコンセプトカーの

イメージのイメージをどこまで

残して市販化されるのかが
楽しみなところです。

プラットフォームは、

2016年10月に販売が

開始された新型インプレッサと
同じ新開発の

「スバル グローバルプラットフォーム」
が採用されます。

安全性・操縦性・強度など

あらゆる点が向上される優れた
プラットフォームで、

今後発売されるスバル車に

順次採用されていく予定となっています。

新車情報2017 トヨタ プリウスPHVでエコカー市場を牽引 世界が注目

スポンサーリンク

◆フォレスタ―モデルチェンジでボディサイズ拡大?

ws000002

ボディサイズは

スバル「XV」よりも

ワンランク大きいサイズとなり、

アメリカ市場も意識した

ボディサイズということで

日本国内で使用するには
少し大きいと感じる方も
あるかもしれません。

予想されているボディサイズは

全長が4,435mm、

全幅が1,920mm、

全高が1,530mmとなっています。

この数字からもわかるように

SUVとしては非常に

ワイド&ローであることがわかります。

特に

全高が1,530mmしかないので、

普通の乗用車と比べても
それほど高くはありません。

旧式のタワーパーキングにも
問題なく駐車することが可能です。

ただ全幅は1900mm

超えますのでかなりの横幅が大きく、

駐車場では隣のクルマとの
幅が狭く感じるシーンが
多くなることが予想されます。

ただ、

自動で駐車できる装置が
装備される可能性が高いので、

駐車が苦手な人でも安心です。

エンジンは170馬力を

発生する

水平対向4気筒 1.6L
直噴ターボ DITと

300馬力を発生する

平対向4気筒 2.0L
直噴ターボ DITエンジンの

2種類を中心に、

1.6Lエンジンとモーターを

組み合わせたハイブリッドも
登場する予定です。

ハイブリッド車のメリットは、

後輪をモーターで
駆動させることができるので、

スバルが得意とする

4輪駆動のAWDシステムも

ドライブシャフトを使わない
仕組みになるようです。

さらに安全装備も

歩行者用エアバッグや

アイサイト4が搭載されることになりそうです。

スポンサーリンク

◆新型フォレスタ― 試乗動画

 

◆管理人のコメント

ws000000

現行型の4代目

フォレスタ―がいよいよ
フルモデルチェンジを迎える。

次期型のポイントとしては、

プラグインハイブリッドを
搭載するということ。

プリウスPHVの登場が

2017年もう間もなく、

というところで、

このシステムを搭載しても
登場となりそうだ。

次期型は2種類のエンジン
容易するという。

FB16型水平対向直噴DOHCターボ
インテリジェントDITエンジン

FA20型水平対向4気筒2.0L直噴
DOHCツインスクロールターボ
インテリジェントDITエンジン

この二つである。

16型の方は

最高出力:170ps/5600rpm

最大トルク:25.5kgm/4800rpm

20型の方は

最高出力:300ps/5600rpm

最大トルク:40.8kgm/2000-4800rpm

というスペックが予想されている。

さらに、

プラグインハイブリッドエンジンについては、

FB16型水平対向DOHCターボ
インテリジェントDITエンジン+モーター

というもので、

これは現在開発中であるとみられている。

このハイブリッドエンジン、

パワーは犠牲にすることなく、

燃費を改善していくエンジンとして
改良がされているようだ。

次期フォレスター登場時には
このハイブリッドモデルの登場は

ないかもしれないが、

およそ1年後には

追加モデルとして登場する可能性が
高いだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク