スバル SUV viziv 価格は220万円から?フォレスター モデルチェンジ 推移 販売台数

ws000002

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆フォレスタ― モデルチェンジで販売台数は?

ws000002

2017年にスバルの人気SUVの

フォレスター モデルチェンジが
予定されています。

現行モデルの

4代目フォレスターは2012年に
登場しましたが、

アメリカでの売り上げが増加し、

歴代の中でも非常に多くの
販売台数を誇っています。

この順調な売れ行きを
モデルチェンジ後も続くか
どうか注目されるところですが、

新型インプレッサで採用された
新しいプラットフォームが

採用されることで乗る心地や
操縦安定性が増し、

パワートレインもLEVORGに
採用されているパワーと燃費が
両立された

1.6L及び2.0Lの

水平対向ターボエンジンが搭載され、

さらに人気のハイブリッドモデルも
用意されるとのことで、

売れ行きがますます
増加していくことが期待されています。

歴代のフォレスター モデルの
売り上げを見てみると、

1997年に初代モデルが登場し
非常に高い人気を誇りました。

モデル末期でも年間2万台を
超える販売台数を達成し、

2006年には世界累計生産台数が

100万台を突破しています。

歴代モデルの販売台数の
推移を見てみると、

初代モデル及び2代目モデルは

常に年間販売台数2万台前後を
達成しています。

2006年~2007年の2代目モデルの
末期になると15000台前後まで
落ち込みますが、

2007年には3代目に

移行したことによって2008年の
販売台数は再び23000台と
20000台を突破します。

スポンサーリンク

◆フォレスタ―モデルチェンジ時の販売台数の推移

ws000003

2009年~2012年までの

年間販売台数の平均は13000~14000台にとどまり、

歴代フォレスター モデルの中でも
3代目は最も売れ行きが伸び悩みました。

しかし、

2012年に4代目に

フルモデルチェンジした後は
一気に35000台にまで売り上げが回復し、

その後も20000台前後をキープしています。

歴代のフォレスター モデルの
国内における平均年間販売台数の推移を見ると、

年間20000台程度の売り上げを
コンスタントに達成している

と言って良さそうです。

これはSUV全体として見ても、

高い数字と言えます。

フォレスターが少し大きいと感じる人は、

一つ下のXVが用意されています。

XVはオンロードを重視したモデルなので、

オフロード中心の

フォレスターと比べると若干性格が異なりますが、

普通に乗っている分には、

その違いは気になるほどではないでしょう。

むしろ、

XVは狭い国内の道路事情に
合わせたボディサイズであり、

フォレスターはアメリカ市場を

見据えたサイズで作られていると
考えたほうが良さそうです。

トヨタ 新車情報 スクープ 新型プリウスPHV開発 3つのポイント

スポンサーリンク

◆フォレスタ―モデルチェンジのパワートレイン

ws000004

次期フォレスターは、

ハイブリッドモデルとガソリンモデル

2つのモデルが用意されるという。

ハイブリッドモデルは、

XVハイブリッドで導入した
システムを全面的に改良し採用される。

ダウンサイジングターボ
との組み合わせとなり、

走行性能と燃費性能が
飛躍するということだ。

1.6Lと2.0Lの2つが
ラインナップされる予定で、

ガソリンモデルは

人気車種の『レヴォーグ』に
採用されている

ダウンサイジング直噴ターボ
を改良しての搭載になるだろう。

ディーゼルエンジンについては、

北米では販売されているが、

日本では販売される計画は
いまのところなし。

ただし、

EV走行可能なPHVモデルの
投入も予定されているから、

かなり期待できるモデルとなるだろう。

◆藤トモ&スバルスターズ 新型フォレスター 試乗

 

◆VIZIV フューチャーコンセプト VIDEO

 

◆管理人のコメント

ws000005

2015年にマイナーチェンジした
フォレスタ―。

次期フォレスターは、

2015年東京モーターショーで
初公開された、

『VIZIVフューチャーコンセプト』

ベースに改良されていると
言われている。

ワイドであり

エクステリアは低い印象の

VIZIVコンセプトだが、

エッジの効いた
フロントマスクやバックドアの

立体的なボリューム感もあり、

総合してかなりカッコ良さ
がアップしている。

VIZIVは、

2013年のモーターショーで
登場したクロスオーバーSUVで、

2014年には

ジュネーヴショーで『VIZIV2』が
登場した。

2015年に登場した
東京モーターショーのVIZIVが

市販型に一番近いとされている。

次期フォレスターの市販モデルを
意識して改良されたことが
よくわかるモデルだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク