スバル新車発表 WRX STI tS RA もう他社のクルマには乗れないほどの性能

ws000005

≪スポンサーリンク≫


 

 

◆スバル新車 WRX STI tS

ws000002

スバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)から、

特別仕様車の
「WRX S4 TS」が2016年10月4日に
発売されました。

「WRX S4 TS」はSUBARU WRX S4

をベースに開発され、

走る楽しさや、

内外装に様々な専用装備を
プラスしたSTIコンプリートカーで、

2017年3月12日まで期間限定での
販売となっています。

興味のある方はチャンスを
逃すことがないように注意が必要です。

「WRX S4 TS」の開発コンセプトは

「Sports, Always!」で、

誰が、

どこで乗っても気持ちがよく、

運転が上手くなるクルマ

となることを徹底的に
追求して開発されています。

これまでのSTIが蓄積してきた

コンプリートカーのノウハウや、

ニュルブルクリンク
24時間レースなどの

モータースポーツ活動を
通して得たノウハウなどを活かして、

運動性能や安全性能を鍛え上げ、

最高の走りと最上の安心を
提供してくれるモデルとなっています。

≪スポンサーリンク≫

◆スバル新車 WRX S4 tSの特徴

ws000003

「WRX S4 TS」の特徴は、

まずパワーユニットとして

SUBARU WRX S4 と同様に、

2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴
ターボDITが搭載されていますが、

通気抵抗を低減させることが
できる吸排気系パーツを新たに
装着しています。

これにより、

加速中のエンジントルクが

最大で約10%向上させることに成功し、

優れたレスポンス性能を実現しています。

トランスミッションは

AWDスポーツリニアトロニックが
搭載されていますが、

冷却性能をアップするために
オイルクーラーが追加されています。

これによりCVTの耐力を
向上させることができ、

運動性能をさらに引き出すことが
できるようになっています。

足回りも強化されています。

まずBILSTEIN製の

可変減衰力サスペンション
DampMatic®IIを装備しました。

これにより快適な乗り心地を損なわずに、

ハンドリング性能や
操縦安定性を向上させています。

乗り心地が良いスポーツカーと
いうのは通常の使用を考える
ととても重要なポイントです。

また、

フロントブレーキには

brembo製4ポット対向
ブレーキキャリパーが採用され、

制動能力を向上させています。

VDCと

アクティブ・トルク・ベクタリング
の採用により、

コーナリング時の
ライントレース性能も高められています。

そのほか

STI製フレキシブルタワーバー
なども装備されています。

安全装備では、

最新のEyeSight(ver.3)が搭載されています。

◆スバル WRX S4 tS 速攻試乗

 

◆WRX STI tS TYPE RA

 

◆管理人のコメント

ws000004

WRX STI tSは

とくかく加速フィールがよい。

もともと

ツインスクロール

ボールベアリングターボ

を使っていたことで

基本的には

スペックが高い。

軽量ボディとレスポンスのいい

エンジンの組み合わせで

うまく改良されている。

今回、

”切れ”がテーマになっており、

ステアリングにも盛り込んでいる。

スバル車初の

ステアリングギア比11:1を採用

することで、

この数値から

クイックなのか、

しっとりなのか

ドライバーの意のままに
操ることができる。

フロントが切れすぎて
ナーバスになることもあるが、

ギアもしっかりしていて

ハンドルが切りやすい。

後がしっかりとグリップし、

安定感があるのがポイントだ。

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ 新型WRX STIを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク