トヨタ 新車情報 SUV C‐HR文句なし!?新シャシーの操縦性と安定性

ws000004

≪スポンサーリンク≫


◆C‐HR 損得勘定ならハイブリッドを選択せよ?

ws000005

C‐HRは高重心のSUVだが、

プリウスに比べると走行安定性と
乗り心地のバランスが優れている。

プリウスは先代に比べて
走りが向上したが、

車両を曲げる性能を重視した面があり、

危険回避時などには
降臨の接地性が若干そがれやすい。

その点でC‐HRは、

適度によく曲がって前後輪の
グリップバランスもよく、

乗り心地はSUVらしく柔軟である。

開発者は、

『プリウスの発売から約1年を経過して
TNGAプラットフォームの解析も進み
走りの熟成度が高まった』

という。

この走りの良さを重視するなら

1.2Lターボを推奨したい。

動力性能は

1.8Lの自然吸気エンジンと同等であるから、

1470kgのボディに搭載する
と少し力不足だが、

実用回転域の駆動力を重視したから

素直で運転しやすい。

4WDの採用と相まって、

安定性が動力性能に勝る安心感も味わえる。

また、

不意の降雪に見舞われた時、

SUVが登坂で立ち往生したら情けない。

C‐HRの最低地上高は

4WDでも155mmにとどまり、

機能的には

車内の広い5ドアハッチバックだが、

SUVの位置づけを考えると
4WDとの相性がよい。

ただし、

損得勘定では結論が変わる。

ハイブリッドはターボよりも高価格だが、

差額は12万9600円に収まる。

4WDの換算額(約22万円)を加味
しても約35万円程度だ。

トヨタのハイブリッドの価格アップは

40~50万円が多いが、

C‐HRでは比較対称が
ターボだから価格差が縮まった。

しかもエンジンの回転感覚は
ターボが自然だが、

実用回転域の動力性能は、

通常の走行ではハイブリッド
が少し力強い。

そうなると動力性能の
魅力は同等になる。

そこでどの程度の距離を走れば、

35万円の実質価格差から
エコカー減税の差額(7万円)

を差し引いた28万円を取り戻せるかを計算する。

ガソリン価格が1L当たり125円、

実用燃費をJC08モード燃費の
85%とすると、
28万円を取り戻せるのは

6万kmを走ったころだ。

今はガソリン価格が安く、

取り戻すのに20万㎞以上を
走るケースも多い。

そこを考えると

C‐HRはハイブリッドが買い得で、

数年後の査定額も高い。

ただし、SUVは趣味でのるクルマだが、

読者の皆様の好みを最優先
して頂きたい。

損得勘定や数年後の査定条件は、

迷ったときの判断基準に
とどめておいてもらいたい。

chr 試乗 感想 走りと実用性で選ぶなら1.2Lターボ+4WDに軍配だろう

≪スポンサーリンク≫

◆C‐HR 新車シャシーは文句なし!?

ws000002

登坂、下り坂含めて

坂とコーナーが多い道にとっては、

一般行動よりも操縦性と
動力性能が確かめやすい。

コンベンショナルな1.2L+4WDは、

小排気量ながらターボの威力で

グイグイ登坂路を進む。

トランスミッションはCVT。

加速ちゅうの食いつきはいいほうで、

ブレーキもペダル操作に
自然な効き味を持つ。

完璧なマーケットリサーチのもとに

商品を決定するトヨタだけに、

ユーザーニーズには
合致しているのだろう。

レスポンスがいまいち、

空転感がある、

などとCVTに対してネガティブな

意見をいうのは

一部の業界人だけである。

一般ユーザー的には

スタートからスムーズで変速ショック

もないため扱いやすく、

好意的に受け入れられているという。

そう言われた、

もはや返す言葉がないのだ。

現状やはりトヨタは
ハイブリッドのイメージが強い。

しかし用意されているのはFFのみ。

丘に上がったクロスオーバーか!?

プリウスには4WDもあるのだから

クロカンの個性も持つC‐HRの

スタイリングなのだから、

4WDの特性も必要だと思う。

モーターアシスト+エンジンが、

ターボトルクを上回る
ハイブリッドの加速フィールも、

駆動トルクの伝達にダイレクト感が乏しい。

ここにプリウスも含めて個人的には、

次の一手、

PHVではなく、

駆動方式やハイブリッド死す手う
そのものに策を施してもらいたい。

しかし、

そこを除けばハイブリッドも
ターボ4WDも新たなシャシー
コンセプトTNGAにより、

操作に対して自然に応答する
操縦性と安定性を備えている。

乗り味の滑らかさが劇的に
良くなったプリウス同様、

いや、

音や振動面が抑えられたという
意味ではさらに乗用セダンライクな
特性と言えよう。

前後輪で路面をピタッと捉え、

スムーズはサスペンションストローク感が好印象で、

故に乗り味も素晴らしくいい。

プロトタイプゆえに、

今後煮詰められると解釈したのは、

ブレーキの踏み始めが

プリウス以上に唐突に効き味が
高まる点だ。

そこはよりスムーズにナチュラルに、

ペダル踏み込み量に応じた
減速Gの立ち上がりが望まれる。

chr 評価 エクステリア/インテリア 攻めに攻めまくったデザイン

≪スポンサーリンク≫

◆C‐HR ハイレベルで甲乙つけ方2つのグレード

ws000002

発売前から

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

に参戦するなど、

SUVなのに走りに対して

かなり躍起だったC‐HR。

フラッグシップとなる
ハイブリッドモデルを

走らせると、

はっきり言って
驚きを隠せないのである。

『これがSUVなのか!?』

足回りは短いストロークの
中でキチンと入力をいなし、

ボディに無駄な動きをさせずに
突き進むのだ。

だから、

ハイスピードコーナリングだった

不安なことは一切なし。

唯一怖いと感じるのは
慣れない高い目線くらいなものだ。

いつでもどこでも狙い通りの
ラインをトレースする感覚は別格である。

下手なスポーツカーなら
十分に食えそうなその走りに

トヨタの本気を見ることができるだろう。

パワーユニットは
プリウス譲りということもあって、

勾配がキツイところでは
もう少しパワーが欲しい気もするが、

一般ユースなら十分過ぎる
動力性能ではないだろうか?

一方の1.2Lターボ+4WDの

組み合わせも面白い。

エンジンはガソリンモデル
らしく高回転へ向けての

伸び感がなかなか。

力強さと爽快な吹き上がりが
案じられるところが好感触である。

ただ、

シャシーのまわりは

4WDの重さのせいか、

はたまた17インチタイヤの
応答性が鈍いせいなのか、

初期操舵でリニアリティに
欠けるシーンがあったことも事実。

もちろん、

一般ユースでは

問題ないレベルであるが、

走りに拘ったことが
見え隠れするC‐HRでは、

より上を求めたくなるのが
人情ってもんだる。

よって、

どちらかに軍配をあげろ

と言われると甲乙つけがたい
ところなのだが、

今回はトヨタの思いが
すべてにおいて展開されている

ハイブリッドモデルを推していきたい。

SUVという制約の中で
ここまで走りに徹した一台が

かつてあっただろうか。

燃費にもデザインにも

言い訳をしないその姿が

もっとも味わえるのは

やはりハイブリッドモデルだと思う。

トヨタ 新車情報 SUV C‐HR 不可能を可能にしたコンパクトSUV

◆トヨタ 新型 C-HR(ターボ編)4WD 試乗してきたよ!( ^ ^ )/

スポンサーリンク

スポンサーリンク