新型プリウスphv カスタマイズするなら純正のTRDがよいってほんと?

ws000004

≪スポンサーリンク≫


新型プリウスPHVのカスタムは、

やはりディーラーでオプション
装着できるアイテムで決めたいところ。

純正オプションとトヨタワークス
であるTRDは新車購入時に
オーダーできて、

品質も折り紙付き。

現行プリウスと同じく人気車種
だけに他車との違いをしっかり
アピールしたいところだ。

◆新型プリウスPHV カスタマイズのツボ

ws000002

プリウスシリーズの
リーディングモデルに位置づけ
られているPHVのスタイルは、

先進的かつエモーショナルな
イメージが強調されている点が

大きな特徴と言える。

デザイン的な完成度が高く、

その上燃費を追求するために
空力特性も吟味されていることから、

PHVのスタイルアップは、

あえて純正のデザインや
造形を生かす手法が好ましい。

純正オプション装着車、

TRDともに、

いかにも『イジっています!』

といったこれ見よがし感はない。

それぞれのアイテムは

あくまでPHVならではの特徴を
ベースとしながら、

独自性をアピールできるものに

仕上げられている。

しっかくカスタマイズするなら、

わかりやすいほうがいいと考える

ユーザーもいるだろう。

しかし、

先進のエコカーに施すメイクは、

この2台のように
スマートな雰囲気を重視すべきだ。

そのほうが周囲に好印象を与えられる。

≪スポンサーリンク≫

◆新型プリウスPHV お薦めは純正TRD

ws000003

スタイルを大胆に変更する
大がかりなアイテムを装着するよりも、

ガーニッシュ類をプラスして

純正との違いをさりげなく
アピールするほうがPHVにはあっている。

純正のフォルムやボディラインとの
マッチングを考慮したものなら
違和感は皆無な上に、

スタイルの出来栄えや質を
さらに高められるはずだ。

もちろん

パフォーマンスアップも
実現したいところ。

特に燃費に寄与する空力性能
がおちるようなカスタムは避けたい。

その点でも純正オプション、

TRDのアイテムはおススメである。

標準車の特性や、

それがもたらすパフォーマンス
を熟知してつくられたパーツは、

ただのドレスアップに
留まらず、

標準車の能力を底上げできる
確かな機能を有している。

フィッティングも含め、

十分な満足感が得られるはずだ。

インテリアは、

標準車で実現した機能的な
デザインや上質さはそのままに、

自分のセンスや好みで
つくり込んでいきたい。

運転席まわりには先進的な
機能が備わっているが、

そうした要素を活かせる
カスタムを加えたい。

インテリアパネル、

シートカバー、

イルミネーションなど、

アイテムは豊富にそろっているので、

どういう方向に仕上げるべきか
を考えた上で、

皆さんが望むベストは
アイテムをチョイスしてみるといいだろう。

また、

純正オプション、

TRDともに既存のプリウス用
アイテムを装着できることも

付け加えておこう。

新型プリウスphv グレード 価格 大予想!価格は320万円から!?

◆トヨタ・プリウス TRD Ver.1 試乗インプレッション 車両紹介編

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ 新型プリウスPHVを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク