国産新型スポーツカー 2017年度注目の5モデル

ws000003

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2002年8月、

平成12年度排出ガス規制への
対応を断念した国産スポーツカー

多くが生産を終了した。

当時、

メイン市場であった北米での
保険料率の改定もあり、

また国内市場でも折からの
ミニバンブームに押され、

スポーツカーにとっては
厳しい環境にあった。

メーカーが継続を断念しても
致し方ない状況にあったのだ。

あれから14年。

皮肉なことに

当時のスポーツカーが
中古車市場で異常な高値をつけて

取り引きがされている。

つまり、

潜在的な市場はまだ存在しているのだ。

すでに機は熟した。

新型S2000をはじめ、

スープラ、

RX-7の後継車RX-9、

そしてシルビア後継車・・・

一旦撤退した車たちが
続々と復活をしてくる。

負けじとフェアレディZは

フルモデルチェンジ、

トヨタの86も次期型の開発がスタート。

あと3年もすれば

ミドルサイズスポーツが
勢ぞろいするだろう。

スポンサーリンク

◆次期フェアレディZ

ws000003

プラットフォームは新規開発。

エンジンは直4ターボいのVC-Tに。

現行34型がデビューしたのは
2008年のこと。

2002年以降も生き残った
数少ない国産スポーツカーだ。

すでに次期型の開発は始まっており、

日米市場を対象に
ユーザー・リサーチが活発に
行われている。

次期型は軽量プラットフォーム
を新たに新設。

エンジンはV6をやめ、

可変圧縮比の直4ターボエンジンになる。

併せてボディもややダウンサイズ。

コンパクトは初代のS30Zにきわめて近いという。

スポンサーリンク

◆新型スープラ

ws000004

すでに開発は佳境に。

エンジンは直4ターボ&直6ターボに。

2016年の夏以降、

欧米各地で先行テスト車が
公道テストを繰り返している。

ご存知の通り、

アンダーフロアとエンジンは
BMWが担当。

デザインはトヨタで、

エンジンラインナップは2L直4が2種類、

3Lの6気筒ターボが1種類
ラインナップされる。

量産開始は2018年の晩秋
ということだが、

早まる可能性もある。

スポンサーリンク

◆シルビア後継車

ws000005

次期フェアレディZと
プラットフォームを共用する

2+2のスポーツ&

スペシャリティクーペ。

搭載エンジンhが1.6Lの
新開発直噴4気筒がメインで、

上級グレードには、

次期フェアレディZと同じく
2L直4可変圧縮比ターボが
搭載されると言われている。

2017年の東京モーターショー
にコンセプトカーが出品
される予定であるが、

発売にはやや時間がかかり
2020年の初夏になる見込みだという。

◆新型RX-9

ws000006

ロータリー誕生50周年&
マツダ創業100周年記念車。

開発は順調で、

ロータリーエンジンはシングルターボながら、

新型S2000同様、

吸気コンプレッサを電動化した

『電動2ステージターボ』を搭載。

最高出力は400psを超える。

ロータリー誕生50周年にあたる
2017年中にプロトタイプを公開後、

スーパーGT参戦など実践の場で
熟成し、

2020年1月のマツダ創業100周年
を記念して発売されるだろう。

◆次期86

ws000007

次期型もスバルと共同開発。

1.6L水平対向直噴ターボ搭載。

2016年夏に初のビッグマイナー
チェンジを実施、

モデルLIFEの折り返し地点を過ぎて、

次期型の先行開発が始まったばかり。

例にもれず、

次期型の搭載エンジンは

1.6L直噴ターボに
ダウンサイジング。

プラットフォームもスバルが
新たな導入したSGPをベースに
後輪駆動用に専用開発されている。

すでに先行開発車も存在しており、

今後はデザインも含めより
具体的な商品企画に進む。

◆ほかにもまだある!期待の新型スポーツモデル

ws000008

より身近なコンパクトスポーツ
の発売も待望されている。

中でも注目したいのがトヨタの動き。

2015年の東京モーターショー
で公開された『S-FR』は、

一旦開発が凍結されたものの、

東京モーターショーの反響の
大きさを無視できず、

正式に開発が決定。

ただし、

開発チームは2019年から
実践投入される

『次期ヤリスWRカー』も兼ねているため

S-FRの開発は早くとも

2019年初めごろとなる見込み。

一方、

次期ヴィッツには限定車として

1.8Lスーパーチャージャーを搭載した

ホットバージョン

GRMNが設定される。

最高出力は驚異の220psだ!

◆【TOYOTA S-FR】可愛すぎる!イベント映像( ^ ^ )/ @東京モーターショー2015

ホンダ 新型s2000はS660には似ていない!全く新規のシャシーを開発。創業70周年記念車に相応しいモデルに。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク