新型 次期クラウン モデルチェンジは高級サルーン化計画。スペック 価格予想

ws000004

≪スポンサーリンク≫


2017年から2020年まで
日本のクルマは大きく変わっていく。

なかでも世界と真っ向勝負
していくのが高級車ジャンルだ。

日本専用車とはいえ、

クラウンも大きく変わる時期を迎えている。

◆日本が誇るフラッグシップ2車種

ws000002

日本車の頂点といっても
ジャンルごろに色々と浮かんでくる。

アメリカ開発とはいえ、

2016年に発表されたホンダのNSXも

日本の誇るスーパースポーツであるし、

日産GT-Rも然り。

スポーツモデルだけではなく、

高級車として認知されている

”頂点”もある。

世界が注目をしている

2017年の1月に開催される

デトロイトモーターショーで
公開されるレクサスLSもその一台だ。

そしてもう一台は、

もちろん、クラウン。

1995年に登場し、

現行モデルで14代目となる

トヨタの頂点に君臨する高級サルーン。

LS、そしてクラウンも

トヨタの持てる技術をすべて
注ぎ込まれて開発される、

まさに頂点に輝くモデルだが、

LSは2006年に現行モデルに
変わってから10年間
フルモデルチェンジが行われず、

次期モデルに対し、

期待が高まっていた。

一方のクラウンは、

これまで、

約4~5年のライフを守り、

2017年末には15代目を迎える
スケジュールとなっている。

トヨタが威信をかけて開発する
クラウンがどう変わるのかだが、

2017年東京モーターショー
で姿を見せるクラウンの

概要について一部情報が入っている。

今回はトヨタが挑む日本の
頂点たるLS、クラウンの最新情報についてお届けする。

◆次期クラウンにGRMNモデル誕生

ws000003

まずは次で15代目となるクラウン。

本来であれば2017年10月の
東京モーターショーで公開、

12月の市販がスケジュール予定だが、

どうやらデザインの決定が遅れ、

半年ほど市販がずれ込むということらしい。

開発呼称220Bと呼ばれる
新型クラウンは、

日本の頂点に立つ高級サルーン
という開発コンセプトながら、

若々しくスポーティな
要素も取り込んでいく方向性
が示されている。

しかし、

当初のデザインプランに
豊田章男社長が難色を示し、

それが原因で市販が遅れるのでは
ないだろうかということだ。

理由はキープコンセプトで
新鮮さがない、

ということらしいが、

次のクラウンでは

現行モデルで見送りになった
G’sに代わり、

より過激なGRMNも計画され、

クラウンユーザーの若返りを
図る構えだという。

今回判明した
エンジンラインナップは

現行モデルにある、

2Lターボと2.5Lハイブリッドで、

マジェスタがV6、3.5Lの
ハイブリッドとなるが、

GRMNにはスープラ用に
開発されているV6、3Lターボ

の設定も当然計画されている
というのがもっぱらの話である。

サイズはほぼ現行モデル並みで、

全長は4980mm
全幅が1800mm
全高が1455mm、

ホイールベースが2920mmということだ。

GRMNモデルは車高が
30mmほど低くなり、

足回りも専用のチューニングとなる。

ボディも補強のほか
ルーフなどにカーボンを使った

軽量モデルなども設定されそう
というから、

GRMNクラウンも楽しみである。

≪スポンサーリンク≫

◆レクサスLSはBMW、ベンツに徹底対抗

ws000004

そして2017年1月に登場する
レクサスLS。

日本での市販は秋以降になるというが、

どこよりも早くミラーレス
仕様車を取り入れるだろうか?

が、どうやら、

ミラー付きオプションではなく、

ミラーレス仕様がオプション
になるということが決定されたらしい。

そしてさらに

これまで計画されていた

新開発のV6、3Lターボは

トルク面での車重のある
LSには厳しいとして、

ひと回り大きい新開発の

”V35-FTS”

と呼ばれるV6、3.5Lの
直噴ターボを搭載することが

決定したということだ。

組み合わされるミッションは

LC500と同じアイシンAW製の10ATで、

このニューパワーユニットは
最高出力420ps、58.0kgmとなり、

新しいLSのメインエンジンとして
搭載されることになる。

このほかのエンジンラインナップは

V6、3.5Lのハイブリッド4WD、

1年後に加わる燃料電池、

さらにAMGに対抗する

”LS F”も追加される可能性がある。

海外メディアは600psの
V8ツインターボを伝えているが、

その前にV6、3.5Lターボが、

”Fスポーツ”グレードとして
ラインナップされることになるだろう。

クラウン、LSともに
BMW、メルセデスベンツのように、

標準モデルのほか、

スポーツなラグジュアリーサルーン

を加え生まれ変わることになるだろう。

レクサスLSは次期モデルで
5mを超える大きなボディとなるが、

静かで豪華なハイブリッド、

FCVとは別に、

走りを重視するメルセデスベンツ、

BMWユーザーをターゲットに
世界に通用する本格的な

ラグジュアリーサルーンを目指す。

これから2~3年日本車が
このクラスでも大きく飛躍するだろう。

◆クラウン、レクサスLSスペック予想

ws000005

・次期クラウン

全長:4880mm
全幅:1800mm
全高:1445mm
ホイールベース:2920mm
エンジン:8AR- FTS
排気量:1998㏄
最高出力:235ps/5200-5800rpm
最大トルク:35.7kgm/1650-4400rpm
JC08モード燃費:15.0㎞/L
価格:420万円

・次期レクサスLS

全長:5225mm
全幅:1900mm
全高:1500mm
ホイールベース:3050mm
エンジン:V35A-FTS V6DOHCターボ
排気量:3456㏄
最高出力:420ps/6000rpm
最大トルク:58.0kgm/1500-4000rpm
JC08モード燃費:11.0㎞/L
価格:1400万円

◆管理人のコメント

ws000006

レクサスLSのコンセプトカーが

2015年東京モーターショーで
LF-FCとして出展された。

いよいよ市販モデルが
明らかになる。

スポーティな”F”スポーツも

計画をされている。

15代目となる新型クラウン
も若返りを図る。

現行モデルと同じ、
2Lの直4ターボと、

2.5Lの直4のハイブリッドが

当面用意されるが、

次期モデルでは
スポーツ車両を統括する
GRMNが手掛ける
本格的なスポーツモデル
も計画中だ。

スープラ用のV6、3.5Lターボ、

340ps仕様を搭載する
モデルも誕生するか!?

当初から予定されていた

V6、3Lターボから

”V35A- FTS”

と呼ばれる新型V6、

3.5Lエンジンが与えられることになる。

パワーは420ps/58.0kgm

という強力なユニットで、

しかも燃費がよい。

 

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ 新型クラウンを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク