新型スイフト最新情報 エンジン/価格/カラー/スペック まとめ

ws000002

≪スポンサーリンク≫


燃費問題の不祥事により
遅れていた新型車がいよいよ登場する!

正常進化を遂げたスイフトが
ついに発表。

◆燃費不祥事から一転

ws000002

例の燃費不祥事から発表が
遅れていたスズキの看板車種

2種のうちの1車種、

スイフトが2016年12月27日に
フルモデルチェンジを行った。

本来であれば

秋に発表、

年内に市販される予定だったが、

実質的に2~3か月遅れての
登場となる。

残るもう1車種、

ワゴンRも3月までには登場するはずだが、

このところ登録車に力を
いれているスズキの屋台骨とも
いえる新型スイフトは要注目
といったところだ。

新型スイフトには従来モデル同様、

高効率のデュアルジェット1.2L、

k12Bを積んだNAとSエネチャージ
を採用するマイルドハイブリッドのほか、

今回新たに1L、3気筒ターボの
k10Cが設定される。

パワー的には、

NAが91psと現行モデルと変わらないが、

1Lターボはレギュラーガソリン対応となり、

バレーノに積まれる111psから
10psほど引き下げられることになりそうだ。

グレードはNAモデルが

XLとXGとRS、

マイルドハイブリッドが

MLとRS、

ターボがRStの1グレードとなる。

大きくわけるとスポーツ系の
RSに3つのパワーユニットが与えられ、

標準モデルにはNAと
マイルドハイブリッドという設定だ。

ハイブリッドは
FFと4WDのCVTのみ、

NAのXLとXGもFFと4WDがあるが、

このうちXGのFFのみに5MTが
用意される。

NAのRSはマニュアルだけで、

ターボはFFの6ATのみという

組み合わせで、

総じて燃費を中心とした
グレード構成だということがわかる。

残念ながら

現時点でJC08モード燃費は

確認できていないが、

現行モデルよりも10%程度
改善しているようだ。

≪スポンサーリンク≫

◆新型スイフト 価格、カラー

ws000003 ws000004

価格はベーシックのXGが
134万3520円(5MT)、

クルマ好き期待のRStは

170万4240円(6MT)で、

もっとも高額なRSハイブリッド4WD、

セーフティパッケージ付きが

194万1840円となる。

セーフティパッケージは
税別で8万9000円高となるが、

レーダーブレーキから
カメラによる自動ブレーキアシスト

にバージョンアップしている。

ボディカラーは多彩で
標準グレードが8色、

RS系が4色の計12色が用意
されるという。

ようやくデビューする新型スイフト。

ソリオに積まれた
ストロングハイブリッドの登場は、

少し遅れてとなる。

・スイフトカラーは全9色

バーニングレッドパールメタリック
スピーディブルーメタリック
ピュアホワイトパール
スーパブラックパール
プレミアムシルバーメタリック
スターシルバーメタリック
クラッシーブラウンメタリック
ヘリオスゴールドパールメタリック
ネオンブルーメタリック

◆新型スイフト スペック

ws000005 ws000006

・新型スイフト RSt

全長:3840mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2450mm
エンジン:k10C型 直3DOHCターボ
排気量:996㏄
最高出力:101ps/5200rpm
最大トルク:16.3kgm/1500-4000rpm
ミッション:6AT
JC08モード燃費:22.0㎞/L
価格:170万4240円(6AT)

・新型スイフト RSハイブリッド

全長:3840mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2450mm
エンジン:k12B 直4DOHC
排気量:1242㏄
最高出力:91ps/6000rpm
最大トルク:12.0kgm/4400rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:27.2㎞/L
価格:169万1280円

◆新型スイフト 価格一覧

・XG

FF/134万3520円(5MT/CVT)
4WD/149万7960円(CVT)

・XL

FF/146万3400円(5MT/CVT)
4WD/161万7840円(CVT)

・ML(ハイブリッド)

FF/162万5400円(CVT)
4WD/179万9840円(CVT)

・RS(ハイブリッド)

FF/169万1280円(CVT)
4WD/184万5720円(CVT)

・RS

FF・159万4080円(5MT)

・RSt

FF/170万4240円(6AT)

 

◆管理人のコメント

現行モデルを彷彿とさせる
新型スイフト。

パワーユイットはNAのk12B型
1.2L直4デュアルジェットと、

これにSエネチャージを
組み合わせた
マイルドハイブリッド、

それにばれーのに積まれた
k10C型直3、

1Lターボの3タイプ。

注目のストロングハイブリッド
は遅れての登場となる。

このところ、

品質感の高いスズキ
のインテリアだが、

新型スイフトも例外ではなさそうだ。

RS系はブラックを基調とし、

中央部にはアルミ素材を
使ったスポーティなデザインとなる。

始動はもちろんプッシュ式で

右側の吹き出し口下側に
設置される。

リアもシンプルなデザインで
好感が持てる。

ボディはRS系で4色、

標準車は8色用意され

女性ユーザーにも注目されそうだ。

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ 新型スイフトを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク