新型ノート e-power 評判は?NISMOバージョン登場で一味違走りを実現。245万8080円で。

ws000002

≪スポンサーリンク≫


ノートe-Power NISMO

2016年12月11日に登場した。

NISMOがe-Powerと結合した

新たな走りの領域を実現。

ノートのポイント

1、NISMOならではの車体剛性UP、エアロダイナミクス、専用の足回り

2、NISMOのために専用設計された3つのドライブモード+ECOモード

3、e-Powerならではのワンぺダル感覚の新感覚ドライビングプレジャー

◆ノートe-Power NISMO登場!

ws000002

ノートe-Powerに早くもNISMOバージョンが登場。

文字通り、

e-Powerは新しいカタチのEVと
日産が発信しているように、

エンジンで発電して電気モーターで走る。

そのモーターパワーの走りが、

どのようにチューニングされたのか

興味深いところだ。

エクステリアは、

既存のノートNISMOから
キャリーオーバーされているが、

ノートNISMO、

NISMO Sともに、

今回内外装に新たなデザインが
採用されている。

注目なのは、

リアフェンダー後部のフラットな面。

MY-17、 GT-Rにも採用されている手法で、

リアタイヤハウス内からの
空気の抜けを整流し、

エアロ全体でゼロリフトを
達成しているという。

これは基準モデルよりも
約30%の向上となる。

ところでe-Powerを外観から見分けるには、

フロントグリルに
ブルーアクセントが入っているか否か。

また、

左右ドアにe-Powerの
エンブレムが配されている。

インテリアで一番気になるのがシート。

標準装備のスポーツシートは

NISMO Sと共通で、

しっかりとクッション性を
持たせながらも、

サイドサポートなども本格的。

他に、

オプションでレカロと共同開発
したセミバケットタイプも用意される。

標準シートで素晴らしい座り心地で、

NISMOでは、

ターゲットカスタマーを
パフォーマンス・シーカーと、

ハイライフ・シーカーに分けていて、

e-Powerはハイライフ・シーカーでも、

スカートの短いお姉さんたちにも
注目してほしいとのこと。

確かに、

このシートの暖かいフィット感は、

女性にも受けるはず。

ノートには

ステアリングにテレスコ機能がないため、

基準車ではやや前のめり
なドラポジだが、

このシートなら
文句なしのドラポジが取れる。

走り出すと、

基準車にはない高級感が漂う。

安っぽさが感じられない。

それは、

ボディから伝わる剛性感と
振動の少ない走行フィールだ。

≪スポンサーリンク≫

◆一味違うe-Power

ws000003

ノートe-Powerのドライブモードには、

ノーマルのDとB、

そしてスポーティなSと

ECOの4モードがある。

e-Powerは専用チューニング
コンピューターを搭載して、

ECOモード以外の走りを強化している。

特に、

発進加速や低加速からの
加速レスポンスが力強い。

アクセル全開で高速域に達してしまえば、

最高出力&最大トルクは基準車と変わらないが、

スポーツモードでは
レスポンスと加速性能が明らかに
強化されている。

コーナーからの立ち上がり
加速が気持ちよく、

踏み過ぎには注意が必要である。

e-Powerの醍醐味は、

アクセルワンペダルによる
速度コントロール。

そこで、

NISMOは加速性能だけでなく、

減速域もチューンされている。

ノーマルでは低速になるに従って

回生ブレーキが強くなるが、

NISMOでは、

高速域から同じテンションで
回生ブレーキが作動する。

つまり、

アクセルを離せば、

どの速度域からでも高い回生ブレーキが得られ、

回り込んだコーナーでの
アクセルON/OFFで威力を発揮。

コーナリング中、

アクセルだけでも
ハンドリングをコントロールできる。

リーフと同じパワーユニットを搭載し、

リーフよりも約130kgも軽量ゆえに、

その走りは軽快でスムーズ。

とはいえ、

ノートの基準車よりは約100kg重いため、

フロントエンドのバンパー内に
クロスバーを採用し、

フロアトンネルにも
トンネルステーを追加して剛性を高めている。

これらによって操舵に対する応答性もよく、

素直にロールする。

サスペンションは、

フロントはスタビ系のサイズアップと、

リアは約30%スプリングレート
を固めている。

もちろんダンパーも外筒径を
アップして減衰力をチューン。

これらのチューニングを担当したのは、

日産の匠集団ともいえる

オーテックジャパン。

素晴らしい仕上がりだ。

◆ノートe-Power NISMO スペック

ws000004

全長:4165mm
全幅:1695mm
全高:1530mm
ホイールベース:2600mm
エンジン:1198㏄ 直3DOHC
最高出力:79ps/5400rpm
最大トルク:10.5kgm/3600-5000rpm
車重:1250kg
モーター最高出力:109ps
モーター最大トルク:25.9kgm
JC08モード燃費:—
エコカー減税:免税
価格:245万8080円

◆LOVECARS!TV!LIVE! Vol.7【ゲスト:吉田由美/マツダCX-5雪上試乗/日産ノートe-POWER NISMO】

 

◆管理人のコメント

ws000005

リアバンパー、
リアバンパースポイラーなどの形状に、

スーパーGT仕様のGT-R
に採用されている空力技術を投入。

基準モデルに対して約30%
ダウンフォースを向上させ、

ゼロリフトを実現。

タイヤの接地力をアップ
させることができ、

定速走行から高速走行まで

しっかり感のあるハンドリングを
実現している。

装着タイヤは、

ヨコハマタイヤのDNA S.drive。

NISMOはブリヂストン
ポテンザRE080、

NISMO SはポテンザS007を装着している。

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ ノートe-Powerを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク