新車情報2017 スズキ ソリオハイブリッド VS ダイハツ トール/トヨタ・ルーミー、タンク 試乗対決

ws000005

≪スポンサーリンク≫


スズキ独自の
AGS+モーターで小気味いい
走りとエコ性能を両立したモデル。

コンパクトハイトワゴンの
先駆けとして人気のソリオに、

スズキ独自の
フルハイブリッドシステムが
ついに搭載された。

AGSとの組み合わせによる走りは
どうなのか?

またライバルモデルである、

トール、ルーミー、タンクの

試乗レポートもご紹介。

◆ソリオ 背高ボディでも自然な挙動

ws000004

一般的にはモーター走行
=ハイブリッド車という定義が成り立つ。

スズキはマイルドハイブリッドを持つが、

あれはあくまでもエンジンアシスト。

モーター走行がないため、

加速や燃費に貢献していても

普通のガソリン車との違いが
感じられず、

『ハイブリッド』を欲する
ユーザーには押しが弱い。

そんな中、

コンパクトボディから
想像する以上に広いくつろぎの
室内空間がうれしいソリオに、

モーターとパワーバックを
組み込んだ完璧な

フルハイブリッドモデルが誕生した。

10KW/30NMのモーターは、

ミッションとは別の減速機を持ち、

駆動輪と直結させることが可能。

つまりモーター走行である。

100Vのリチウムイオンバッテリー+

インバーターのパワーパックは

荷室床下に搭載してバランスを整える。

加減速の姿勢変化に自然な
ロールを発生する操縦安定性の良さは、

低重心の重量バランスの恩恵か?

と思いきや、

ガソリン車との差は少ないというから

ソリオの素性が良さからなのだ。

◆ソリオ 低速走行でもスムーズな走り

ws000005

40KW/hレベルの低速走行だと、

CVTなのかトルコンATなのか、

どのタイプのミッションなのか
判別つかないほどスムーズに
変速して進む。

ソリオハイブリッドはAGS(オートギヤシフト)

を採用する。

MTのクラッチ操作と変速作業を
電子制御したものだ。

フル加速すると変速の際にMTと同じく、

クラッチを切りシフト操作をし、

クラッチミート、

という変速による加速の間が生じる。

変速ショックとは違うが、

ATやCVTのようにアクセルを
踏み込んだままで変速すると、

身体に軽い前後Gが残る。

このネガを消すべくモーター
がアシストして、

段付き感を最小限に抑えているが、

AGSの癖はやや残る。

ブレーキフィールは、

ペダルの感覚と期待する
減速Gのずれが少ない自然さがいい。

一方で、

アクセルオフ時の回生ブレーキ
による減速感が弱いのは気になる。

これは走行モードと標準のエコでも違いはなく、

シフト操作でもDからLを
選ぶしかなく、

実際の走行中に使うシーンも少ない。

とはいえ、

頻繁に入るモーター走行に
よるスムーズで静粛な室内は、

ソリオの車格感をひとクラス上に
引き上げたことは間違いない。

≪スポンサーリンク≫

◆ソリオ ハイブリッド スペック

ws000006

グレード:ハイブリッドSZ
全長:3710mm
全幅:1625mm
全高:1745mm
ホイールベース:2480mm
車重:990㏄
エンジン:直4DOHC+モーター
総排気量:1242㏄
エンジン最高出力:91ps/6000rpm
エンジン最大トルク:12.0kgm/4400rpm
モーター最高出力:13.6ps/3185-8000rpm
モーター最大トルク:3.1kgm/1000-3185rpm
ミッション:5速AGS
JC08モード燃費:32.0㎞/L
価格:206.28万円

◆ダイハツトール/トヨタ・ルーミー/タンク

ws000007

ダイハツ・トール、

トヨタ・ルーミー/タンクは、

ダイハツが企画、開発、生産を
担うブーン、パッソベースの
両側スライドドアを完備した

背高容量系コンパクトモデルだ。

最大のウリはダイハツ軽自動車
つくりのノウハウが活きる

パッケージングと、

荷室の使い勝手だろう。

まず、パッケージングだが、

限られたサイズの中で最大限
の居住空間を創出する軽自動車
さながらの工夫が光る。

肝は車中泊OKの居住空間と
ラゲッジ奥行きのバランス。

何しろ6:4分割の後席に
240mmスライドと

70度リクライニング機構を与え、

膝回り空間は172cmの男性でも
ドラポジ背後で最大365mm。

ブーン、パッソの同210mmはもちろん、

ヴォクシー&ノアの2列目席の
同300mmを凌ぐほどの広さだ。

それでいてラゲッジの奥行を
500~740mmに可変でき、

後席を前にスライドさせれば
機内持ち込みサイズの

キャリーケース4個が積めるから

もはや神業である。

開口部地上高527mmと、

重い荷物の出し入れ、

ペットの乗降にも
ご機嫌なラゲッジの使い勝手にも注目。

後席を格納すれば26インチの
自転車が2台積みこめ、

多機能デッキボードの裏面に
仕込まれた防汚シートを広げれば、

フロアの汚れを気にしなくても済む。

容量系軽自動車のように運転席
まわりの収納も豊富だ。

回転式カップホルダーは
格納すれば見栄えのいい
スマホ置き場になり、

引き出せば500~1Lの紙パックも入る。

水平基調のインパネの質感も高く、

センターの4.2インチインフォメーションディスプレイの

左右には後席にも風が届く
エアコン吹き出し口がある親切ぶりである。

後席に乗った乗員、ペットも1年中
快適に過ごせそうだ。

◆トール、ルーミー、タンク パワーユニット

ws000008

パワーユニットもまた、

ブーン・パッソ譲りの1L直3+
専用ギヤ比をもつCVT。

ブーン、パッソのものだが、

バネは全高に対処し硬めの
セッティングになっている。

ダンパーもそれに対応する
乗り心地重視の専用セッティング。

NAモデルはブーン、パッソ比
160kgの車重を感じさせない、

街乗りベストな軽快感ある加速力、

14インチタイヤによる軽やかな
乗り心地が好印象である。

エンジンの3気筒感はほぼ皆無に近く、

車内は意外なほど静か。

活発な走りは苦手だが、

速度に乗ればスルスルと加速し、

日常使いには不満なし。

ターボモデルは15インチタイヤ
を履く最高級の

カスタムGターボSAⅡ/カスタムG-T。

もちろん乗り味の上質感、

動力性能の余裕の差は歴然。

1.5L並の動力性能、加速力を発揮し、

高速走行、3名乗車でも格段の
ゆとりを見せ、

車高を感じにくい安定感、

おおらかな操安性は
クルマのキャラに合致する。

ただし2000rpm付近で
コーーっというこもり音が
発生するのは要改良点である。

お薦めは先進安全装備付き、

”スマアシⅡ”グレード。

標準、カスタム系はお好み、

NAかターボかは予算と
使い方で選択すればいいだろう。

◆スズキ 2016ソリオ ハイブリッドAGS 試乗インプレッション

 

◆管理人のコメント

ws000009

待望の
フルハイブリッドモデルが登場した。

1.2Lガソリンエンジンに
モーターを組み合わせ、

ミッションは5速AGSという
ハイブリッドシステムを搭載。

EV走行を可能とし、

燃費も向上した。

専用のメーターを採用
しているのが大きな違い。

エコモードを搭載し、

燃費優先の制御に変更
される仕組みである。

トール、ルーミー、タンクは、

ダイハツが軽自動車作りで
培ったノウハウを投入して
誕生した、

新たなトールワゴンである。

新開発の1Lターボエンジンは
軽快な走り、

ターボは力強い加速感
などそれぞれに魅力がある。

長距離ドライブなどが多い人は、

ゆとりある走りのターボモデル
がおススメである。

1Lターボは低イナーシャターボを採用。

さらにカムタイミングや
作用角を最適化し、

1.5L並のトルクを発揮する。

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ 新型ルーミー・タンクを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク