ソリオとルーミー/タンク どう違うのか?軽以上のゆとりを実現

ws000007

≪スポンサーリンク≫


ダイハツ・トヨタから、

5ナンバーの新型ハイトコンパクトがデビュー。

ライバルを徹底研究したうえで
使いやすさを高め、

新エンジンを採用するなど注目点が多いぞ!

◆トール、ルーミー&タンク 秀でた作り

ws000008

最近は、

『軽自動車かHVしか売れない』

なんて話をよく聞くが、

軽を牽引するダイハツから
送り出されたのは、

登録車枠のコンパクトカー

”トール”である。

その名の通り、

背が高く、

全高は1735mm、
全幅は1670mmと

5ナンバー枠ぎりぎり
いっぱい手前、

全長も3700mmという、

街中で取り回しやすいサイズとなっている。

つまり系より大きく
5ナンバーサイズの中では小さ目、

スズキ、ソリオを一回り
大きくした感じのクルマだと
わかりやすいかもしれない。

軽自動車では昨今、

スーパーハイトワゴンが人気だが、

そのノウハウを活かし5人乗り
の小型車として登場させたというわけだ。

こちら兄弟車がおり、

トヨタの”ルーミー”と”タンク”

というモデル。

それぞれにカスタムモデルがあり、

計6車種のラインナップに。

大きな違いは外観で、

内装は標準車とカスタム
でそれぞれ違うものの、

一番大きな違いは
ナビくらいと差は少なく、

悩んだら

見た目で好きなのを選択して!

というわかりやすい展開になっている。

◆1Lターボの出来栄えと使い勝手は?

ws000009

パワートレインは直列3気筒
の1LNAと1Lターボという

2種類のエンジンに、

いずれもCVTの組み合わせ。

プラットフォームを含め
ベースはパッソ/ブーンだが、

ターボエンジンは初登場となる。

このエンジン、

NAでもかなり元気だが、

このクルマの性格は

”家族の笑顔を支えるクルマ”

というテーマを考えると、

人も荷物もそれなりに
余裕があっていいかもしれない。

積載量が多い場合、

もう少しパワーが欲しいとなると、

結果アクセルペダルを
踏み込む量が大きくなるわけで、

実燃費を考えると速さを
求めずともターボって悪い選択肢
じゃないのである。

乗り味もターボを選んだから
硬くなるというわけではない。

というのも、

けっこうエンジン透過音が入ってくるのだ。

外板に樹脂を多用するなどして
軽量化を図っているから、

遮音材なども抑えざるを得ない
のだろうが、

正直ちょっと気になるレベルである。

となると、

ターボの方が回転域も低くなるぶん、

音も静かであるから快適度は
高いと思われる。

そして何より注目ポイントは使い勝手。

後部座席は両側スライドドアであるし、

スマホ用から
ペットボトル用、

紙パック用と3変化するカップホルダーや、

脱着式の大型コンソールボックスなど

収納が盛りだくさんである。

圧巻はラゲッジスペースで、

シートをダイブインでたたみ、

ラゲッジボードを
反転させると防汚シートが
内蔵されており、

汚れも心配なく積めるなど、

使用シーンを考えた設定が
さすがダイハツという感じなのである。

≪スポンサーリンク≫

◆ソリオ/ソリオバンディッド

ws000006

ダイハツ・トールの発表に合わせる
ように追加されたのが、

スズキの背高コンパクト『ソリオ』
のフルハイブリッド。

マイルドハイブリッドとの違い、

トールとの違いは何か?

ソリオ、ソリオバンディッドの
ハイブリッドって、

これまでもマイルド
ハイブリッドと呼ばれるモデルはあった。

でもこれは、

中身は軽のSエネチャージと同じ方式。

モーターのみで走行できてしまうような、

積極的なフルハイブリッド
ではなかったのである。

今回のハイブリッド車(HV)は、

MGUという駆動用のモーターを搭載し、

エンジン停止した状態で

EV走行ができるようになった
というのが大きなポイントだ。

エコモードボタンという
スイッチがあり、

それを押すと
より積極的にEV走行できるという
仕組なのだ。

もちろん、

モーターアシストもしてくれる。

マイルドハイブリッドの
モーターアシストは

発進時や加速時のパワーが
必要な時に、

ドライバーが考える

『これくらいのパワーが欲しいな』

というアクセルペダルの踏み込み量に対し、

モーターでアシストするぶん、

エンジン出力を抑えるという考え方であった。

今回のハイブリッドは、

積極的に駆動用モーターで
パワーを上乗せしていくことで、

ドライバーの側に

『それほどアクセルペダルを
踏み込まなくても大丈夫だな』

という風に、

判断させるようなアシストの仕方
といえばいいのかもしれない。

モーターが小さいので、

例えばプリウスほどでないが、

日常生活シーンでの
ハイブリッドと考えると

よりバランスよくまとまっている。

さらにユニークなのが、

トランスミッションにAGSを
使っているところだ。

これはアルトワークス等で
おなじみの、

2ペダルのシングルクラッチMTなのだが、

どうしても変速時に空走感があったり、

変速ショックがあったり
するのが悩みの種であった。

それを今回、

変速時にモーターアシスト
を加えることで解消。

おかげで段付き感のない
シームレスな変速が実現
したというわけなのだ。

とはいえ、

もともとがAGSであるから軽量な上、

ダイレクト感のあるキビキビした
走りはそのまま。

なんといってもハイブリッド
にもかかわらず、

車両重量が1000kgを切っている
のであるから、

これはもう立派というしかない。

他にも

発進時にモーターによる
クリープ現象を発生させたり、

後退時はギクシャクさせない
ためにわざとエンジンを始動するなど、

毎日快適に使うための工夫が
たくさん装備されている。

◆ダイハツ/トヨタ VS スズキの違い

ws000004

パッケージングのトール、
高燃費でよく走るソリオ。

軽自動車より大きくて
5ナンバーより小さい。

全高が高めで、2列シート。

後部座席ドアはスライド式。

文字を羅列しただけで

普段使いが便利に思えてきそうなクルマだが、

この分野のパイオニアはソリオ。

独壇場だった分野に、

刺客として登場したのがトールである。

トールの方が一回りボディサイズが大きいため、

よりゆとり感が欲しい、

楽に前後ウォークスルーしたい、

自転車等の大きな荷物を積む
シーンが多いという方には、

こちらがマッチするだろう。

トールは荷室開口部が低いし、

ダイブインで座席がたためるため、

フラットで高さのある荷室が
作れるのである。

おまけに防汚シートまで
内蔵されているから、

お掃除もラクチン。

ただし、

ソリオもマイルドハイブリッドには、

床下に大きなサブトランクが
設けられており、

荷物を分けていれたいとか、

遊び道具や洗車道具を積みっぱなしにしたい、

というニーズにはすごくマッチする。

まぁ荷物積んでおくと、

その分重さで燃費は悪くなるのである。

このあたりのライフスタイル次第だろう。

そしてパワートレイン。

ハイブリッドが欲しいならば、

ソリオで決まり。

カタログの燃費数値は一目瞭然。

とはいえ、

燃費は走り方でいくらでも変わるので、

そこはあまりこだわり過ぎない方
がいいのかもしれない。

それよりも走り味。

メカニズム的な面白さを含めた、

コンパクトカーらしい
キビキビ感と乗り心地の

バランスの良さなら、

パッケージングのトール、

走りのソリオだろう。

◆TOYOTA ROOMY(ルーミー) MODELLISTA イメージムービー

 

◆管理人のコメント

ws000007

トールとルーミー&タンクは

後席乗員向けの装備が充実している。

定番の装備となったドリンク
ホルダー付きシート、

バックテーブルはもちろん、

子供やお年寄りに使いやすい
乗降用のアシストグリップや、

後席用のヒーターダクトが
全車に装備されている。

ソリオは

モーターのみで走れる
フルハイブリッド搭載で、

駆動用モーターMGUを、

トランスミッションAGSの
出力側に配置することで、

AGSを介さずに直接駆動軸に
力を伝えられるのがポイント。

このおかげでAGSの変速ショック
をモーターアシストでカバーできる。

また、

走行中もエンジンを停止し、

クラッチを切り離した
状態で減速エネルギーの回生が
できるので高効率。

EV走行の頻度も増えて高燃費である。

 

◆新型モデルの値引きがもっと!

1

新車販売時に大幅な値引きで
購入するのはかなり難しそうだ。

値引き交渉ということはせず、

各ディーラーの新車をもっと安く購入できる
方法をご紹介したい。

それは

『下取りで車を安くする』という方法である。

これは現在車を所有している人に
しかできない方法であるが、

実際に20万円から50万円ほどの
価格差にもなるため、

一度活用いただきたい内容である。

大体の車の所有者は

『ディーラーに車を下取りしもらう』

ということをするので、

下取り価格はかなり低い金額となる。

先日、友人がプリウス購入の際

ハリアー(10年落ち)を
下取りしてもらっというが、

その時の金額は20万円であったとのこと。

これを一括査定に出すと

どれくらいの金額差がでたのか

ご存じであろうか・・・?

走行距離や車の状態で
下取り金額は変わってしまうが、

情報を集めていくと

一括査定の大体の金額は

100万円前後

ということのようだ。

 

この時点で

80万円の差

が出ているのがおわかりであろうか?

ディーラー下取りと

車の一括査定を活用するのとでは、

これほどに金額の違いが出てくるのである。

悲しいことに

車の一括査定を活用している
人が少ないのが現状なのである。

新車購入を検討しており、

なおかつ、

愛車を下取りに出そうと
している方は、

ディーラーに下取りをしてもらう
ということではなく、

車の一括査定で

下取り価格のアップを目指してもらいたい。

本当に、

もったいないことをしている
と思うのである。

→ ルーミーを80万円も安く購入する方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク