2017年 新車情報 マツダ 新型CX-5 発売は2月2日。進化したスカイアクティブテクノロジー

ws000001

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆新型CX-5、試乗レポート

ws000006

2代目となる新型CX-5が登場した。

初代がデビューしたのは2012年2月。

もうすぐ5年!?

いやまだ5年だろうか。

CX-5のようなヒットモデル
のフルモデルチェンジでは、

メーカーも慎重にならざるを得ず、

デザインや仕様の変化は
大いに悩ましい問題だったはず。

今回その新型CX-5の試乗レポート
をご紹介。

世界的なヒット車にした
最大のセールスポイントである、

スカイアクティブテクノロジーで
仕立てた2.2Lのディーゼルターボ
に6速ATを組み合わせた

トップグレード。

このディーゼルエンジンと6速AT
の組み合わせは、

従来モデルと変わりない。

実はパワートレインだけでなく
サスペンションを含む

プラットフォームは、

従来モデルから継承されているのだ。

言い換えれば、

フルモデルチェンジではなく、

ビッグマイナーチェンジと言えなくもない。

しかし、

それでもパワートレインを
含めすべての部分に大きな
変更や改良が加えられているというから、

マツダとしては全面改良
であると説明しているのだ。

CX-5のベストバイグレードは、

AWDモデル。

独特のメカニズムをマツダは
i-アクティブAWDと呼んでいる。

基本的には
前輪がスリップした際に
電子クラッチを介して後輪へ
駆動力を配分するスタンバイ方式ではある。

他社のスタンバイ4WDでは
前輪がスリップした時のみ
後輪へ駆動配分しているのに対し、

i-ACTIVE AWDでは

常時後輪へも若干のトルク配分を
行っている。

このため、

特に雪道での坂道発進性を
高め高速直進性もフルタイム4WD
並に高めているのだ。

その機能性は雪道で
いかんなく発揮されている。

従来モデル同様に
高いトラクション性能と
直進安定性を確保しつつ、

新型では圧倒的に快適性が増している。

雪道では路面の表面が
平坦ではなく圧雪や評決などで
砂利道並の悪路と化す。

スタッドレスタイヤは
グリップ確保が重要であり、

パターンノイズや
突き上げ収れんといったNVH
(ノイズ/バイブレーション/ハーシュネス)

の多くはシャシー側で対応
しなければならない。

新型CX-5はサスペンションの
ブッシュやパワーステアリングの
取り付け方式などを
チューニングし、

操作の正確性を高めつつも
快適性を向上させている。

それは本来舗装路で効果を
発揮するはずだが、

雪道でも快適性、静粛性が
大きく高まっていることがわかる。

遮音を含め静粛性の高さ、

快適なキャビンはまさに欧州の
プレミアムブランド車と比較して
も遜色ないほどで、

極めて上質に造り込まれた
クルマであることがわかるのだ。

一般道の舗装部分を走ってみても
それは明確に感じ取れる。

舗装路では通常の標準装着タイヤ
を装着して走行してみると、

225/55R19サイズの

トーヨータイヤ・プロクセスで、

従来モデルと同じサイズ&ブランドを
継承している。

舗装路で走りだすと、

とても同じタイヤとは思えないほど
洗練されている。

舗装路でもところどころにある
どこ凹や段差など通過するたびに

新型はその衝撃を素早く減衰させ
キャビンに不快な振動や突き上げ感、

ノイズを伝達させない。

ハンドリングは安定した
ニュートラルステアを示す。

電動パワーステアリングは
操舵力を重めに設定し直され、

従来モデルでは軽すぎるほどの
印象だったものが

どっしりと重厚な操舵フィール
へと深化させている。

女性ドライバーなどからは
ハンドルが重いと言われるかもしれないが、

欧州車などから
乗り換えるユーザーには
安心感として歓迎されるだろう。

ステアリングラックが
クロスメンバーに直付けされたことで

ハイスピード領域の
操舵正確性を高め

ライントレース性が格段に向上している。

スポンサーリンク

◆新型CX-5 i―ACTIVE AWDの本領発揮

ws000004

新型CX-5ではマツダが積極的に
導入を進めているGVC

(G-ベクタリングコントロール)

が採用されている。

これはドライバーが
ステアリング操作した時にその

操舵角速度を検知し、

マイナス0-05G以下の微小な
領域でエンジン制御を行い、

スムーズはステアリング特性
として安定したコーナリング
特性を得るというもの。

駆動輪では左右でトルクステア
が発生し、

いわゆるハンドルを取られる
という状態に陥りやすい。

プロドライバーは
アクセルで過剰なトルクステアが
発生しないようにコントロールするが、

人間が行うスロットル操作量は
大きいため、

微小なコントロールは難しい。

よく

『豆腐を踏みつぶさない程度』

といった表現がされるほど
デリケートな操作が求められるのだ。

それがGVCでは電子制御で自動的に
燃料を制御し、

トルクを絞ることで
ドライバーはデリケートな

アクセル操作をしなくても
同等以上の動的効果が引き出せる。

とくに、

ディーゼルターボのように
低速トルクが大きく、

かつスロットルコントロール
がしづらいモデルでは、

ありがたいシステムと言える。

すでにアテンザやCX-3、デミオ
にも投入されており、

マツダは全モデルに標準搭載
することで安定した乗り味を
特徴として打ち出そうとしている。

走り味が洗練され、

上質で快適な乗り心地と安定して
正確なハンドリング特性が

実現されていることが舗装路でも確認できる。

スポンサーリンク

◆新型CX-5のインテリアと装備

ws000003

運転席に座ると初代とは
インパネダッシュのデザインが
大きく変わったことがわかる。

特徴的なのは
ボリューム感のあるメーター
ナセルでコクピットを重厚な
ムードにしている点。

その前方にはヘッドアップディスプレイが備わるが、

アクセラなどのガラスプレートへの
投射方式ではなく、

フロントウインドウへの
直接投射方式となり、

ディスプレイも4色カラーで見やすい。

道路標準を読み込み性格に
描写してくれるので、

有用性が飛躍的に高まった。

ダッシュボードは全般的に
リデザインされ、

上質なステッチが縫い込まれた
ダッシュパネルや個性的な
デザインとなった

エアコン吹き出す口などにより、

ハイセンスで質感の高いコクピット
が演出されている。

その上質さはひとクラスも
ふたクラスも上級なクラスと
比較しても劣らないほど高級感
に溢れている。

ステアリングホイールも
スイッチを含め扱いやすいタイプ
に進化した。

安全運転を支援する

i-アクティブセンスのACCスイッチも

配置され実用性が高まった。

このACCはマツダ車として
初の全車速追従機能付き

MRCC(マツダ・レーダークルーズ・コントロール)

となり、

停止から高速までをカバーする。

その動作は極めて実用に
マッチしており役に立つ。

このMRCCを含め、

ATご発進抑制制御の
アドバンスドスマートシティブレーキサポートや、

ブラインドスポットモニタリング、

LAS&LDレーンキープアシストシステム

車線逸脱警報システム、

アダプティブLEDヘッドライト

などが全方位をモニタリングし、

運転支援をする。

電動パワーシートに
シートヒーターを備える
豪華仕様のモデルもあり、

特に

シートヒーターは冬場
寒い地方では重宝すると言えるだろう。

◆新型CX-5 注目は後席に。

ws000002

センターコンソールは幅が増し、

カップホルダーが横並び配置
となりグローブボックスの容量も
増している。

室内幅はほとんどかわって
いないのに、

レイアウトマジックで実用性と
質感を高めることに成功している。

注目したいのが後席である。

ホイールベースは2700mmと
変化していないので

足元の広さは変わらないはずだが、

前席シート下空間が増し、

広く感じられる。

また後席シートバックにも
リクライニング機能が追加された。

通常24度の位置から28度へと
寝かせることができ、

長時間の着座でも疲れなくなった。

さらに後席のシートヒーター
と充電用USBジャックが2個
追加されたことも特筆すべき点だ。

欧州の高級モデルでは
常識的な装備だが、

国産のこのクラスでは
装着がも送られてきていた

後席シートヒーターが
装着されたことで、

家族からも絶大な支持を
得られることになりそうだ。

その後方には
ラゲッジスペースがあるが、

そこからの騒音を防止する
ためにトノカバーには

遮音の工夫が凝られており、

カラクリトノカバーと
ネーミングされている。

さらに、

ラゲッジ床板のすき間を積めて
騒音の侵入を防止するなど、

後席の快適性を飛躍的に高めている。

リヤのハッチゲートには待望の
電動パワーリフトゲートが

備えられ、

実用性を大幅に高められていることもうれしい点だ。

車体デザインは
キープコンセプトを謳いながらも

ディーゼルは大きな変化が与えられている。

シャープなヘッドライトデザインと、

より大きな開口部を与えられた
フロントグリルは、

迫力とスピード感が融合され
魅力的なデザインとなった。

サイドシルエットはAピラー
を35mm後退させ

ロングノーズのアピアランスとなった。

ボリューム感のあった
サイドの複雑なライン構成は、

フラットで直線的な
ラインに改まり、

スピード感を演出している。

SUVとしての無骨さ=タフな
イメージからは一線を画し、

CX-5をより高級なブランドに
押し上げているのである。

従来モデルのコンポーネンツを
継承しながらも新しい
価値観と存在意義を演出している。

装備と走りが見事なまでに
昇華させられたのが新型CX-5

なのだ、というのは言い過ぎだろうか?

◆マツダ 新型CX-5 SPECIAL MOVIE

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク