新車速報 WRX S4も次期型が登場!東京オートサロン2017、デトロイトショー2017注目株

ws000000

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

東京オートサロン2017、
デトロイトショー2017で

ついに公開される
ヴィッツGRMNや、

次期型WRX STI、

レクサスLSなど。

ヴィッツGRMNは

ノーマル然としつつも
機能的なデザイン。

専用ショック+スプリングで
低められた車高が
迫力を感じさせる。

内装もドライバーを高揚
させるスポーティな
雰囲気にまとめられている

スポンサーリンク

◆ヴィッツGRMN2ついに!

ws000004

2013年、ヴィッツをベースに
ターボ架装、

専用チューニングの足回りなどを
与えられて登場した

ヴィッツGRMNターボ。

200台限定で発売され、

そのスポーティな走りが高く評価
されたが、

そのモデルが『GRMN2』となって再登場する。

このモデルはトヨタのWRC参戦を
記念して製作されるもので、

ボディは欧州仕様の3ドアがベース。

ラリー参戦記念ということで
迫力あるワイドボディを纏っての
登場と期待されたが、

全幅はノーマルと変わらず
1695mmとなった。

とはいえGRMNの名で登場するだけに、

ブレース類の追加やスポット打点
の追加など、

ボディは徹底的に補強され、

足回りもショック、

スプリングとも専用品に換装。

ブレーキにも変更の手が入り、

スポーツ走行時の大きな
入力をガッチリと受け止める。

欧州仕様の3ドアがベース
とはいういものの、

外観デザインはノーマルとの
差が少なめということで、

大人しい印象を持つかもしれないが、

注目はパワートレインにある。

スポンサーリンク

◆ヴィッツGRMNのパワートレイン

前作のGRMNターボは
152ps/21.0kgmの

1.5Lターボに5速MTを組み合わせたが、

今回のGRMN2は1.8Lの
2ZR-エンジン+スーパーチャージャー

を搭載する。

この組み合わせは
英国製ライトウェイトスポーツの雄、

ロータスエリーゼSと同じであり、

当然出力も同じ、

220ps/25.4kgmとなる。

組み合わされるミッションも
6速MTに進化し、

走りの実力、愉しさは前作を大きく凌駕する。

この事実からでも容易に想像できるだろう。

気になるのは、

このヴィッツGRMN2がいつ登場
するのかということだが、

販売開始は秋くらいになる見込みだ。

予想価格は350万円前後で、

販売台数は前作GRMNターボ同様、

200台の限定販売となるだろう。

黒基調にシルバーの
差色が入れられるなど、

内装にも手が入った
スペシャルモデルとして登場するヴィッツGRMN2。

気になる人は今後の動向に注目である。

・ヴィッツGRMNスペック

全長:3935mm
全幅:1695mm
全高:1490mm
車重:1070kg
エンジン:直4、1.8LDOHC+スーパーチャージャー
最高出力:220ps
最大トルク:25.4kgm
ミッション:6速MT
価格:350万円

スポンサーリンク

◆2017年デトロイトショー 速報

ws000000 ws000001 ws000002

・スバル WRX STI&S4

2014年8月にデビューした
現行スバルWRX STI&S4.

あれから間もなく2年半が
経過しようという2017年1月、

開催中の北米デトロイトショーに
ビッグマイチェンモデルが登場した。

まずはWRXシリーズの
イメージリーダーモデルともいえる

STIであるが、

フロントバンパーの形状が
大幅に変更された。

中央と左右の開口部が大幅に
拡大されており、

前期型よりも精悍で迫力
のあるフロントマスクに仕上げられている。

いわゆる年次改良モデルの
D型にあたる2017年仕様は、

スバル車の場合、

ほかのメーカーでいうところの

”マイナーチェンジ車”となる。

つまり後期型仕様ということだ。

STIの注目点はDCCD。
(ドライバーズコントロールセンターデフ)

名称は同じだが、

これまで初期作動が機械式
(一部電子制御)

であったものが全て電子制御式
に切り替わる。

ただし、

そのDCCDの変更点は一切
アナウンスされないのも、

スバルらしいといえばスバルらしいと言える。

また、

エクステリアではほかに
アルミホイールの意匠が変更され、

ボディサイズの
下側のキャラクターラインが入った。

さらにアルミホイールから覗く
黄色い6ポッドブレーキの
対向キャリパーが目立つ。

前期型では目立たない
ブラック塗装だったので、

その存在感は圧倒的である。

WRX STIの北米仕様はエンジンがEJ25、

つまり2.5L水平対向4気筒ターボ
(305ps/40.1kgm)

これは北米特有の嗜好で、

切れ味の鋭い吹けが持ち味である

2LのEJ20型ターボよりNA領域
でのトルクバンドの有用性から

EJ25が選択されているのだが、

そのエンジンスペックに特に
変更はない。

続いて北米仕様のWRXも合わせてマイチェン。

こちらもSTIに準ずるエクステリア
の変更が施されており、

アルミホイールもスポーティな
5スポークタイプに変更され、

前期型の簡素なものよりも
品質感をグッと向上させている。

予定では2017年の秋ごろ、

日本でもWRX系2モデルの
マイチェンが実施される。

ますます魅力度をアップした
WRX STIとS4の凄さにくぎ付けだ!

・レクサスLS

ws000003

2015年の東京モーターショーに
出展されたLF-FCをベースに、

実に11年振りの
フルモデルチェンジで2代目
へと深化する次期型LS。

登場は11月以降となるが、

ホイールベースは3mを超え、

全長5225mmに達する
フラッグシップらしい”スゴミ”

を纏ったモデルとして満を持して
登場する。

新型LSで大きくこれまでよりも
改善されるのは燃費性能。

V6、3.5L+モーターの
ハイブリッド車で、

11.6km/Lから16.2㎞/Lと40%もアップする。

・トヨタ 新型カムリ

注目したいのはそのパワートレインである。

トヨタのニューアーキテクチャである、

TNGAを採用する。

そのパワーユニットには
世界トップレベルとなる約40%の
熱効率を実現した新開発の

直4、2.5Lエンジンをベースと
する新型ハイブリッドが採用されるほか、

V6エンジンを搭載するガソリン車には

トランスミッションに新開発の
8速ATが載る。

これにより

加速性能と燃費性能の両方を
大幅に向上させる。

日本車にはハイブリッド車のみ
登場する予定である。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク