次期ステップワゴン2015はダウンサイジングターボを搭載

pixel30

現在ホンダはフィットなどの
リコール対応に追われ、

新車の販売時期にも影響が出ています。

ステップワゴンも当初は
2014年発売予定でしたが、

2015年3月頃の発売に延期されています。

年度をまたいで発売される
可能性もありますが、

どちらにしろステップワゴン2015
として販売されることになりそうです。

次期ステップワゴン2015は
ダウンサイジングターボを搭載し、
2.0Lエンジンから1.5Lターボ

に変わる予定です。

ハイブリッド車よりも燃費性能は
劣るかもしれませんが、

ハイブリッド車よりも低コストで
排気量の差で税金面で優遇されるので、

他社と比較して車両価格は
有利になる可能性もあります。

次期ステップワゴン2015
(ハイブリッド)の発売時期は
さらに延びていると思われるので、

この1.5Lモデルで他社と
比較することになると思われます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

デザインについては、
ホンダの新しいデザインコンセプト
である

EXCITING H DESIGN!!!
(エキサイティング H デザイン!!!)

が適用されると思われますので、

フロントはフロントグリルから
ヘッドライトまで一体となった
デザインの

ソリッド・ウイング・フェース
が採用される予定です。

すでにこのデザインは
新型フィットハイブリッドから
採用されていますので、

次期ステップワゴンのイメージも
しやすいと思います。

室内もファミリー向けに
居住空間を広く、

使いやすくするため、
シートのアレンジも多彩になる
と思われます。

手頃な価格と使い勝手の良さが、

次期ステップワゴンの特徴になりそうです。

>>>新型ステップワゴンの関連記事はこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク