次期新型クラウン画像がついにリークされたぞ!

IMG_8649

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日本の名車、15代目クラウンのパーフェクトボディがお目見えだ。いつの時代も車好きの話題は『クラウンはどう変わるのか?』ということ。時に未来的に、時には保守的に。日本の”うねり”をクルマに投影してきたといっても過言ではないクラウン。

世界が大きく変わろうとしている現代に生まれるクラウンとは?”いつかはクラウン”と、今でも思っているトヨタファンはずいぶんと少なくなってしまったかもしれないが、トヨタというメーカーにとって、クラウンは相変わらず精神的支柱であり、トヨタの技術力、商品力の高さを証明する最も重要な車種であることは変わらない。開発呼称220Bと呼ばれる5代目となる新型クラウンについては、エンジンラインナップなども変更するが、ついに衝撃のデザインがリークされた。

スポンサーリンク

◆次期新型クラウン ヨーロッパ流のクーペ風に。

IMG_8649

まずはその注目にニューデザイン。新型クラウンのデザインは既報の通り、当初予定されていたデザインは最終決定会議での豊田章男社長の提言で、大幅に変更されることになり、そのため登場も2017年から2018年春ごろに延長されることになったという。もちろんプロトタイプは予定通り、東京モーターショーには出展される可能性が高く、今年ちゅうには明らかになるが、新型クラウンのデザインの特徴は、”クーペルック”になることだ。最近のヨーロッパ車、特にジャガーやメルセデスベンツなどではその傾向が強い。

リアウインドの傾斜が強く、キャビンが伸びやかで優雅に見える半面、ハッチバックの様にもみえ、高級化との両立が結構難しい面もある。しかし新型クラウンでは、その優雅さも高級感もうまくまとまり、関係者によれば若々しくスタリッシュに仕上がるということだ。クーペルックになるということにより、従来モデルと大きくことなるのがサイドウインドである。リアクォーターピラー内にもうひとつ窓が加わり、いわゆる6ライトになる。簡単にいえば、リアドアの開口部の後に
もうひとつ小さな三角形の窓が加わり、後席の視界、明るさなど、居住性が向上しているわけだ。後席の居住空間の質的向上が新型クラウンのもう一つの狙いともいえ、ドライバーズカーとしてだけではなく、パッセンジャーを大切にするというクラウン本来の目的に沿ったクルマ作りになっているとみるべきであろう。

さらに現行モデルを踏襲する縦長のフロントグリルと、その左右に設けられているエアインテークの処理により、スポーティさも演出でき、ロイヤル系、アスリート系ともに新鮮なデザインになるという。フロントグリルは、ロイヤル系が横方向の細い格子状の処理になり、アスリート系はブラック基調のハニカム形状で現行モデルとほぼ同じただ、左右のエアインテークのデザインは異なると言われ、アスリート系は大きくワイルドなイメージになりそうである。

マジェスタのデザインに関してはまだ情報はないが、エンジンはクラウン系が2Lの4気筒ターボと2.5Lのハイブリッドだけになるのに対して、マジェスタはV6、
3.5Lハイブリッドのみということから、共通のボディながらフロントデザインを大きく差別化を図る可能性が高いという。

スポンサーリンク

◆GRMNクラウンはV6、340ps

IMG_8650

エンジンについてはさらに情報が。4気筒だけのクラウンの発展版として新しい”スポーツ”系クラウンの登場が期待できるという。現行モデルで予定されたクラウンG’sが見送られたのに対して、新型クラウンではG’sではなく、GAZOO Racingが本格的にチューニングをする、専用のスポーツクラウンを容易する計画がある。スープラ用に開発中のエンジン呼称V30A-FTS、V6直噴ターボ(340ps)がこのクラウンには与えられ、メルセデスベンツAMGや、BMW、Mシリーズ同様、ハイパフォーマンスモデルとして限定販売される。

今回の東京オートサロンで公開されたGAZOO RacingチューンのヴィッツTGRを考えると、クラウンTGRと呼ばれるかもしれない。新型クラウンデビューから1年ほど遅れる可能性は高いが、クラウンの新しい取り組みとして大いに期待できそうなプロジェクトと言ってもいいだろう。当然価格はベーシッククラウンより200万円以上高くなるのは間違いなく、クラウンのターボモデルのスタート価格が約400万円、ハイブリッドで440万円、中心グレードがそれぞれ500万~550万円ということを考えると、TGRは700万円~800万円クラスのスポーツセダンということになりそうだ。

それでもAMGやMシリーズに比べると、リーズナブルな金額の4ドアスポーツセダンとなりえる。オリジナルのクラウンの価格は現行のターボ、ハイブリッドよりも自動運転支援、安全面の強化などにより40万~50万円は高くなりそうだが、このクラウンTGRもやや高額の設定になる可能性が高い。しかし、エクステリアデザイン、サスペンション、それに専用のエンジンなど、従来にはない”特別感”があるだけに、クラウンTGRは久々に楽しみなスポーツモデルになる。

新型のクラウンのボディサイズは、新しいプラットフォーム、TNGAを採用しているが、現行モデルとあまり変わらない。ホイールベースが少し伸びる程度で、

全長4800mm
全幅1800mm
全高1450mm

ホイールべ―ス2950mmの予想である。ヨーロッパ車が台頭する日本の高級サルーン市場で、トヨタが放つ新型クラウンがどこまで戦えるか、そして、スポーツセダンとしての実力はどうなるのか、今から楽しみである!

スポンサーリンク

◆東京オートサロン 210系クラウンカスタム

 

◆管理人のコメント

IMG_8354

エンジンは現行モデルと同じ、2Lターボと2.5Lハイブリッドの2種類が当面は容易され、V6、3.5Lはなくなり、4気筒モデルだけとなる。2Lターボは燃費とパワーが見直され、全体的に底上げされる。15代目は全体的にはキープコンセプトとなるが、縦型のフロントグリル下側はアスリートとロイヤル系でデザインが変わる。アスリートはブラック基調のハニカムグリルを採用。左右のエアインテークも大きい。Cピラーを傾斜させることで新しさを訴求する。新たに6ライトとなり、後席の居住性は明るく解放的になる。デザインも新鮮である。

◆新型クラウン最新情報!  ついにスペックが!6/9 NEW!

次期クラウンのスクープ記事が遂に!さすがは日本が誇る高級セダン。ダテに14世代も続ていない。だったらやってしまおうということで次期クラウンの情報を公開していこう!

正式なデビューは2018年の1月か2月に正式デビューではないかと言われている新型クラウン。トヨタが新型クラウンにかける思いはハンパないもので、TNGAのシャシー、エンジンを採用し、走りは欧州プレミアムブランドに真っ向から対向できるレベルに仕上げられられているという。それは本当なのか?そんな急にうまくいくのか?期待はかなり膨らむ。

エクステリアデザインはすでに決まっており、6ライトは確定。その姿はコンセプトモデルとして東京モーターショーで確認ができるだろう。

新型クラウンは4気筒、2L直噴ターボと2.5Lハイブリッドだけである。V6ターボを積むという噂ののGAZOO Racing『GR』(TGRではなくGRになるという)話は別として、初代以来の6気筒エンジンのないクラウンになるのだ。

これはクラウンの歴史上、大きな変化で2003年に登場した12代目、通称ゼロクラウン以来の変わりようなのだ。デザインからもそれが伝わってくるから関心もかなり大きいだろう。

・目指したのは欧州プレミアムセダンを超える走りの実力

もっといいクルマを作ろうーーートヨタ長年の取り組みを具現化したのがNWEクラウンだ。日本の高級車は快適だが、走りには感動がない。ここ数世代のクラウンは、開発陣に漏れ聞こえるそんな評価を覆すべく持てるすべての技術を惜しみなく投入してきた。そして、その完成形が15代目のこのクラウン。ついに欧州プレミアムブランドと真っ向から『走りの実力』を競い合う車が完成したのだ。

・新開発ダイナミックフォースエンジン搭載

NEWクラウンのパワートレインは、直列4気筒2L直噴ターボと2.5Lハイブリッド。ハイブリッド用の2.5Lエンジンはトヨタの新しい車づくり『TNGA』の技術で開発されたダイナミックフォースエンジンと呼ばれる新パワーユニットで、世界トップレベルの熱効率41%を実現し、高レスポンス&全域高トルクで従来にない爽快な走りを実現しているのだ。

・TNGAが全てを変えた

TNGAはシャシー、エンジン、ボディ、サスペンションなど車全体の性能を向上させるテクノロジーだ。新型クラウンはその集大成として生まれた。より強固になったボディがサスペンションを正確に動かし、路面に吸い付くような安定性と高級セダンの領域を超えた爽快感を実現。また、大幅な軽量化も運動性能の向上につながっている。もちろん、クラウンの名にふさわしい快適な走り心地も両立しているのだ。

・V6を廃しする歴史的転換

新型クラウンはアスリートもロイヤルも直列4気筒エンジン(2.0L直噴ターボ&2.5Lハイブリッド)を搭載する。クラウンの長い歴史の中で6気筒エンジンを設定しないのは初代以来だ。しかし、徹底的に性能を磨き上げ、効率を追求した結果、6気筒以上の上質さとパフォーマンスを確保している。また、クラウン伝統の6気筒エンジンは遅れて発売となる新型クラウンマジェスタに搭載されるのだ。

・車内が最上の空間になるインテリア

新型クラウンのインテリアは日本の高級車に相応しい上質さとともに、使いやすさも重視。ボディサイズは全長4880mm、全幅1800mm、全高1455mm、ホイールベース2920mmで、従来型よりも70mm延長したホイールベースにより居住性はさらに向上している。センターパネルにはタッチパネル式の大型モニターを配し、最新の『繋がる技術』も使いやすく設定。重厚さと新しさを両立した室内空間を実現している。

・自動運転に限りなく近づく先進装備

常に革新的な技術を投入してきたクラウン。この15代目もトヨタが誇る最新技術を採用している。精度の高い自動ブレーキとステアリングを自動で操作しながら車線を維持するシステムを搭載。ロングドライブの披露を大幅に低減し、安全性を高める。

・アスリート&ロイヤルに加え”GR”も!?

新型クラウンには風格を感じさせる『ロイヤル』と、スポーティな走りと雰囲気をアピールする『アスリート』のふたつのシリーズが用意されている。ともにクーペルックのスタイリングで、歴代で初めてリアクォーター内にも窓が加わる6ライトのデザインを採用。ロイヤルシリーズは17~18インチ、アスリートシリーズは18~19インチのホイールを標準装備している。

またクラウンシリーズ究極のスポーツグレードとしてGAZOO RACINGが開発する『GR』も加わることが決定している。ハイチューンを施されたV6ターボエンジンを搭載し、ボディ補強、足回りの強化なども実施。メルセデスベンツAMGやBMW Mシリーズ、アウディRSシリーズなどと真っ向から競い合う本格スポーツモデルとして2019年の発売を予定している。

ロイヤル、アスリート、GRの3つのシリーズが揃う新型クラウン。トヨタの『もっといいクルマづくり』の集大成として、従来モデルをはるかに凌駕するポテンシャルで、登場するのだ。

◆新型クラウンスペック予想 NEW!

・アスリート2.0G-T

全長:4880mm
全幅:1800mm
全高:1455mm
ホイールベース:2920mm
車重:1550kg
エンジン:直4、2LDOHC+ターボ
最高出力:235ps
最大トルク:35.7kgm
JC08モード燃費:14.0㎞/L
サスペンション形式:マルチリンク/マルチリンク
予想価格:550万円

・ハイブリッドロイヤルサルーンG

全長:4880mm
全幅:1800mm
全高:1455mm
ホイールベース:2920mm
車重:1600kg
エンジン:直4、2.5LDOHC+ターボ
最高出力:178ps
最大トルク:22.5kgm
モーター最高出力:143ps
モーター最大トルク:30.6kgm
JC08モード燃費:25.0㎞/L
サスペンション形式:マルチリンク/マルチリンク
予想価格:590万円

◆次期型フーガと新型クラウンのスペック詳細

時代は繰り返す、クラウンvsフーガ。

日産が次期型フーガの日本に向けた開発に力を入れているらしい。新型に切り替わるクラウンとの一騎打ちで、日本のサルーンが変わる!

◆次期フーガはV6、3Lターボが有力!?

2

今や日本の高級サルーン市場はクラウン以外、ドイツのメルセデス、BMW、アウディ、それに名門のジャガーなど欧州勢に占められている。レクサスLSも奮闘はしているが、過去には長きにわたってクラウンと日産セドリック/グロリアが激闘を繰り返しながら切磋琢磨進化してきた経緯があるだけに、現状はなんともさみしい感じがする。

1955年にクラウンが誕生すると4年後の1959年、日産と合併する前のプリンス自工からグロリアが誕生。さらに1960年に日産セドリックが登場した。1965年に日産がプリンスを吸収する形で合併したのちもしばらくはセドリックとグロリアは別モデルとして生産が継続されたが、1971年の230型以降両車は統合され、兄弟車となって2004年10月14日に10代目Y34型がフーガに名前を譲る形で生産を終了するまで、クラウンとしのぎを削るように日本の誇る高級サルーンの両雄として君臨した。(タクシー用としてY31型セダンのみ2014年まで継続生産されており、正式にセドリックの名称が消滅したのは2014年のこと)。

このクラウンvsセドリック/グロリアの闘いの間に三菱やホンダもいどんなものの、デポネアやレジェンドは期待した販売台数は得られず、やはり日本の高級サルーンはトヨタと日産以外ではダメなどだということを再確認させた。2016年まで三菱ブランドで販売されたプラウディアは日産フーガのOEMであった。そのフーガも2009年に現行型が登場して以来すでに8年が経過しており、かつてのセドリック/グロリア時代のような華々しさはなくなっているのが現状である。

◆新型フーガは日本仕様

3

日産は日本市場を見切っている。そんな声がそこかしこから聞こえてくる。

高級サルーンの販売状況を見ればそれも一理ある。国産勢はクラウンが孤軍奮闘している状態でフーガは月販200ペース。モデルライフが末期に達しているということもあるが、この数字では日本に向けたモデル開発をしても採算が取れない、と判断するのが合理的だ。日本市場に向けては販売台数が見込めるコンパクトカーとミニバンに注力するという話が聞こえて来るのも無理はない。

しかし、こうした噂を耳にした日産関係者から『決して日本市場を軽視しているわけではないし、ましてや捨てているなどということはない。実際、次期型フーガは日本市場に向けた本格的開発が動き始めている』と力強い証言を聞くことができた。

次期型インフィニティQ70として、提携関係にあるメルセデスベンツとのプラットフォーム共用(Eクラスベース)のもとグローバル発展で開発がすすめられているのだが、もう一度、日本国内でクラウンやレクサスLSと真っ向ライバルなる日本向けの高級大型サルーンを日本から発信したいという意気込みを持って日本市場を念頭に置いたモデル開発が進行しているというのだ。

注目なのがパワートレインで、現在北米向けスカイライン(インフィニティQ50/60)に搭載される300ps/40.8kgmを発揮するV6、3Lツインターボが搭載される可能性が大きい。このエンジンは400ps/48.4kgmというハイパワー仕様も用意されたおり、かつてのグランツーリスモ的のモデルの設定にも期待。特に欧州に向けてPHV仕様の設定も視野にいれて開発されているという。

また直4、2Lターボの可変圧縮比エンジン(VC‐Turbo)が来年デビューのQX50に搭載されるのだが、これが次期型フーガに搭載される可能性も大きい。圧縮比を低負荷時の14からターボ過給の高まった際の8までをシームレスに可変するエンジンで、効率が27%アップし燃費が大きく進化しているという。最高出力270ps、最大トルク39.8kgmでフーガクラスにも充分対応する。

◆クラウンにも最新情報が!

4

受けて立つクラウンは今年秋の東京モーターショーでプロトタイプが公開され、2018年春から夏に市販の計画がされている。新開発の直4、2.5Lマルチステージハイブリッドを軸に、2Lターボという直4エンジンのみのラインナップとなるのが特筆点。もっともGRには新開発のV6、3Lターボが搭載される計画で、クラウンから完全に6気筒エンジンが消滅することにはならないが、標準車から6気筒が消滅するのは衝撃的だし、時代の流れを実感する。

新時代のクラウンvsフーガは4気筒エンジン対決となるのか、フーガ懇親のV6ツインターボで巻き返しを図るのか、大いに期待したいところだ!

・新開発2L、直4VCターボ搭載か!?

直列4気筒2Lターボでクラウンくシャフトの構造により圧縮比をシームレスに可変(14.0~8.0)できる新開発エンジンの『VC‐Turbo』を2018年デビューの新型QX50に搭載予定。これが新型フーガに搭載される可能性も大。最高出力270ps、最大トルク39.8kgmを発揮する。

クラウンについては、2.5Lハイブリッドは新開発A25A‐FXSにマルチステージを組み合わせた新システム。これにより燃費と動力性能がさらに向上。JC08モード30㎞/L超を目指す。

直列4気筒2Lターボの8AR阿多は235ps/35.7kgmを発揮する。現行型よりもさらにトルク特性を低回転に振ってドライバビリティを高める。

◆新型フーガ、新型クラウンスペック予想

5

・新型フーガ3.0ターボ

全長:4980㎜
全幅:1850㎜
全高:1480㎜
ホイールベース:2950㎜
車重:1750kg
エンジン:V6DOHCツインターボ、2997㏄
最高出力:300ps/6400rpm
最大トルク:40.8kgm/1600-5200rpm
モーター出力/トルク:---
JC08モード燃費:13.0㎞/L
予想価格:550~700万円

・新型クラウンハイブリッド

全長:4880㎜
全幅:1800㎜
全高:1455㎜
ホイールベース:2920㎜
車重:1600kg
エンジン:直4DOHC+モーター、2487㏄
最高出力:178ps/5700rpm
最大トルク:22.5kgm/3600‐5200rpm
モーター出力/トルク:120ps/20.6kgm
JC08モード燃費:30.0km/L
予想価格:590万円

ニュルブルクリンクでテスト走行をする新型クラウンも目撃されている。TNGAコンセプトに基づいた新開発プラットフォームを採用することで、低重心化を図り、ハンドリング性能を追求することで基本性能を徹底的に高めているのがポイント。直4エンジンでフロントも軽く軽快な走りが期待できる。

 

◆新型クラウン 最新画像 6/9 NEW!

IMG_9294 IMG_9288 IMG_9293 IMG_9292 IMG_9291 IMG_9290 IMG_9289

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク