次期GT-R 最新情報 現在わかっていることをまとめてみた

WS000001

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2014年のグッドウッドフェスティバルで初公開された『日産コンセプト2020ビジョングランツーリスモ』。次期型と何らかの関係があると言われているが、あくまでピュアコンセプトであることが判明している。

『R』とは『GT』の上に位置する走りに特化したグレードと定義してきた。つまりベースモデルが存在するのだ。しかしその代表的な存在であるGT-Rは、すでにスカイラインとたもとを分かち独立した車種として独自の道を歩んでいる。日本人にとって、やはりGT-Rは特別な記号性を持つのだ。

スポンサーリンク

◆正式開発が決まるまであと1年ほど??

WS000001

『R』の象徴的な存在と言えばやはりGT-Rだろう。スカイラインと袂を分かち、新たなに日産にGT-Rとしてスタートを切ってから、早いもので丸9年が経過した。2016年にはモデルライフ初の大がかりな改良を行い、そのパフォーマンスに更なる磨きをかけた。

とはいえ、すでにもう10年になろうとするクルマだけに、そろそろ次期モデルの動向が気になるところだ。過去様々な情報がキャッチされてきたGT-Rだが、新たな事実が判明しているということだ。

まだ正式なことは何も決まっていない。ただし盛り込まれた要素技術の開発は着々と進行しており、そのうちのいくつかが次期GT-Rに採用されることになるだろう。

これを裏付けるこんな証言もある。

2013年に策定された今後5年間の新型開発計画の中に、次期GT-Rは含まれていない。それどころか、スポーツモデルの計画は一切ない。どんなに早くとも、2018年以前に次期GT-Rに関する情報が洩れることはないだろう。

つまり、次期GT-Rの開発が始まるのはどんなに早くても2018年以降ということになる。

それを見越した先行技術開発を指しているのだろうが、こんな話もあるらしい。

現行のR35には、少なくとももう一回大規模な改良が入る。性能のブラッシュアップが中心となるが、装備関係やエクステリアに関しても何らかの進化があるはず。

さらに、まだ次期型の提案書は上がっていない。ただし、上層部からは急ぐように指示はされているようだ。

これらの証言からも確信できるのは、次期型の正式な開発スタートは早くても2018年以降ということ。一方で、その商品計画書を急いでいるということは、しかるべき決定がなされればただちに開発に入るということも意味している。つまり、次期型GT-Rは上層部もモデル継続を前提に考えているということであり、2018年度以降の新型車開発計画に盛り込みたいと考えているということだ。

もっとも、GT-Rのような期待値の高いクルマを、そう簡単に開発できるとは思えない。

現行型はイレギュラーな開発工程を採用して実質3年間で完成させたが、そのころと現在とでは取り巻く環境が大きく異なる。とくにエミッションの問題とそれに関連する電動化技術、さらに自動運転など、次世代のGT-Rには様々な要素技術が絡んでくる。現行型のような小さなプロジェクトチーム中心の開発体制は組めない。

別の情報筋では、

商品企画部では、4WDマストだと考えているようだ。次期型は間違いなく現行型よりもパワフルになり、それを路面に確実に伝えるためには、4WDでなければ無理だと言われている。恐らく強力なモーターを使ったハイブリッドを使うものとなるだろう。

常識はずれの規格外の強力なモーターを、日産が独自に開発をしている。この情報は、1年以上も前あら話があったほど。もちろん、それは一般的な量産車に採用するためではなく、GT-Rのようなハイパフォーマンス車もしくはフルサイズ、ピックアップのような重量級のクルマの電動化をにらんでの事。

すでに要素技術の開発は始まっているのだ。現行R35はさらなる進化を果たし、次期型の開発は2018年にはスタートをする。そして次期型は4WDでハイブリッドになるということに。開発が進んでいたとしても登場は2023年前後になると考えるのが妥当だろう。

スポンサーリンク

◆断片的な情報をつなぎ合わせて見えてきた次期型GT-R

WS000002

様々な情報が飛び交う中、玉石混交で話半分の発言もあるだろう。それらを除去して次期型のGT-Rの姿をよそうしようではないか!

・世界トップレベルのライバルを圧倒するパフォーマンス。あつ実用性を兼ね備える。

・パッケージングは2+2の後輪駆動ベースを踏襲した4輪駆動車。

・エンジン依存率を下げてモーターによる駆動割合を高める。

・搭載エンジンはVR系の専用開発。3Lではない。(3.8Lを踏襲するという情報もあり)。レンジエクステンダー応用技術が盛り込まれる。

・レベル3以上の自動運転技術を盛り込む。(モデルライフ中にバージョンアップ対応も視野に入れる)。

・CFRPなどの新素材を積極的に用いた軽量ボディの採用。

などが今のところ得られた比較的信憑性の高い情報である。もちろん、まだデザインなどは不明であるが、プラトフォームは次回も専用設計となり、空力に関しては、提携しているウイリアムズのノウハウも取り入れられる可能性が高い。

また、開発の主体は日本に置きながらも、CFRPの採用割合によっては生産コストを抑えられる海外生産となる可能性も否定できない。

いずれにせよ、答えが出るのは早くてもあと5年以上先の話。その時自動車を取り巻く環境はどのように変化しているのか、さらにその先にはなにがあるのだろう。

次期GT-Rの商品企画者の悩みはつきないらしい・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク