アクア 新型 4wd(四駆)の登場は!?

WS000003

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

アクアは世界で最も販売台数の多いハイブリッド車として非常に人気の高い車種ですが、発売以来5年が経過し各社が同程度の性能と価格帯の車種を多数発売していることから、モデルチェンジの時期を迎えているとされています。

スポンサーリンク

◆新型アクア プロトタイプ発表は?

WS000002

また自動車ショーなどではプロトタイプも発表されていることからモデルチェンジの可能性が非常に高まっています。さらに、その具体的な仕様に関する予測も様々な情報がインターネットを中心に公開されており、非常に注目を集めています。但しメーカー側から具体的な内容に関する発表はされていないため、多くの情報がまだ推測であることから、具体的な仕様は明確になっていないのが現状です。
アクア新型の仕様として最も注目されているのが、現行に対する違いです。現行はハイブリッドとしては初めてのコンパクトカーとして高い人気を誇っており、発売以来5年が経過した現在でもクラス最高レベルの低燃費を誇っていることから、その路線を踏襲するのか、あるいは異なる位置づけとなるのかが非常に興味深いところです。但し、現在のコンパクトカーの他社の動向を踏まえた状況をみると、コンパクトカーという位置付けを外れてミドルクラスの車種となる予測の方が強くなっています。

スポンサーリンク

◆新型アクア 車格は?

WS000000

その背景には、コンパクトカーに於けるハイブリッド車の状況と自社に於ける他の車種との関係にあります。
アクアを発売しているトヨタの状況としてはハイブリッド車の旗艦であるプリウスが大型化し、その車格も高まっていることから、ミドルクラスの車種がなくなるためその穴を埋める位置づけとされるのが濃厚となっています。又、同じコンパクトカーの位置づけであった車種にハイブリッドが用意されていることからハイブリッドの車種がアクア新型がコンパクトカーの領域に留まることになれば同じトヨタの中で異なる車種で市場が重なることになり、デメリットが大きくなることは避けられせん。
また、コンパクトカーの領域には他社も続々とハイブリッドの車種を投入しており、この領域は非常に激戦が予測されるため、これまでのような一人勝ちの状態を維持することは非常に難しくなると考えられます。そのため、アクア新型は車格を高めミドルクラスのハイブリッド車として位置づけられる可能性が高まっているのです。

スポンサーリンク

◆新型アクア ボディサイズ変更に!?

WS000000

アクア新型の仕様の中で興味深い点としてそのサイズと燃費が有ります。この部分に付いては既に自動車ショーで発表されているプロトタイプの仕様が基本的には踏襲されると予測されており、基本的にボディのサイズは現行よりも一回り大きく、ホイールベースを延長することで室内空間をより広くとったものとなっています。さらに外観も現在のトヨタ車に採用されている細目の大型グリルを採用した物となると予測されており、プリウスに近いデザインとなります。但し、現行のイメージを踏襲するため後部を切り落としたようなハッチバックの形状はそのまま維持されるとみられ、荷物を積むなどの使い勝手はそのまま維持されると推測されます。
また、燃費についてはプリウス同様現行よりも低燃費性能が高まると予測されています。これは現行のバッテリーやモーターが5年前に設計されたものであり、その技術は格段に向上していることから現行よりもさらに高い低燃費が容易に実現されるためです。車格の変更もボディサイズの大型化もこの技術に裏付けされており、高い燃費性能を維持したままで有ることに変わりはありません。

◆新型アクア 4WD登場か!?

WS000003

また、バッテリーやモーターが小型化されたことで気になるのが4WD化についてです。これまでトヨタの車種は4WDをバリエーションとして用意する事は一般的で、高級車に於いても用意される傾向が強い物であり現行アクアで用意されていないのが一つの疑問ともなっていました。その大きな理由がコンパクトカーで有るために4WDのユニットを登載すると必要な室内空間が確保できないことやバッテリーやモーターの大きさから現行アクアのサイズではマイナスとなると判断された要素が大きいとされています。

 

しかし、現在はバッテリーユニットは非常に小型化軽量化され、またモーターは小型化されるとともに高出力となっており、4輪を独立に駆動させるための能力が高まっていることや、他社においては4輪駆動のハイブリッド車が多数登場している現状もあり、現在は他社の方が優勢であるという状況が有ります。その為、アクア新型に於いては4輪駆動が用意される可能性が高くなっています。併せて車格が高まりボディのサイズが大型化されることからも、4WDが用意されることが期待されています。

現行アクアに於いては4WDが無いために購入を止めたという人が多いものです。日本のような山坂道が多く気候の変化の激しい地域では安全に走行するために4WDを必要としている人も少なくありません。トヨタもその事情はよく理解していることから多くの車種で採用されており、アクア新型に於いてもその期待が高まっています。

◆コンパクトカー トヨタ

〇車名:アクア

2017年6月にマイナーチェンジを実施して内外装の洗練度を向上。クロスオーバースタイルを進化させた『Crossover』を追加した

〇スペック

全長:4050㎜
全幅:1695㎜
全高:1455㎜
ホイールベース:2550㎜
車重:1060kg
最小回転半径:4.8m
エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1496㏄
最高出力:74ps/4800rpm
最大トルク:11.3kgm/3600-4400rpm

〇チェックポイント

経済性を重視するならうってつけの選択であるアクア。取り回しがよくて経済的というコンパクトカーに求められる性能を高いレベルで実現。そのうえ先進的という独自性を持ち合わせている。燃費のよさは特筆すべきポイントで、エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御の見直しを図り、最高で38.0㎞/Lというクラストップの燃費性能を達成。この数値がもたらすインパクトでトップセールスを続けている。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~13万円

〇JC08モード燃費

38.0㎞/L

・一言コメント

最高で38.0㎞/Lの燃費がもたらす経済性は他車を圧倒している。車両価格がリーズナブルで、維持費が抑えられることも人気の要因だ。全高を低く抑えながら室内高をしっかりと確保することで広がり感のある空間を実現している。各所にモダン面質を取り入れることで先進的なイメージを強調している。ナビやエアコンのスイッチは一体感のあるセンタークラスターに集約し、メーターは視線移動が少ない場所に配置。運転がしやすいと感じさせる造りとなっている。

高精細な液晶画面に燃費履歴をはじめとしたエコ運転をサポートする情報が表示できる。無駄のないパッケージングで後席の頭上や膝周りに充分なスペースが確保されている。スイッチ操作でEVドライブモードへ切り替えができる。

〇車名:ヴィッツ

スポーティさと上質感を表現したスタイルが特徴でコンパクトカーの中でも存在感が際立つ。待望のハイブリッド仕様も追加された。

〇スペック

全長:3945㎜
全幅:1695㎜
全高:1500㎜
ホイールベース:2510㎜
車重:1100kg
最小回転半径:4.7m
エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1496㏄
最高出力:74ps/4800rpm
最大トルク:11.3kgm/3600-4400rpm

〇チェックポイント

能力の調和が図られたコンパクトカーの理想形であるヴィッツ。評価データからは、突出した性能よりバランスのよさを重視した車であることがわかる。運転がしやすくて経済性に優れ、使い勝手もよい。まさにコンパクトカーとしては理想的な車で、幅広いニーズに柔軟にこたえられる。ハイブリッド仕様が追加され、グレードバリエーションがさらに多彩になって、用途や好みに応じた選択が可能となっている。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

8~17万円

〇JC08モード燃費

34.4㎞/L

・一言コメント

運転のしやすさ、経済性といった小型車ならではの能力に優れ、なおかつ誰にでもすんなり受け入れられる親しみやすさも魅力だ。

〇車名:パッソ

『街乗りスマートコンパクト』をコンセプトに、経済性や扱いやすさを追求。さらに小型車でも安心感のある走りも実現している。

〇スペック

全長:3650㎜
全幅:1665㎜
全高:1525㎜
ホイールベース:2490㎜
車重:910kg
最小回転半径:4.6m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:996㏄
最高出力:69ps/6000rpm
最大トルク:9.4kgm/4400rpm

〇チェックポイント

小型車だからと妥協せずに満足できる能力を実現しているパッソ。経済性に重きを置いた小型車だが、おしゃれで小粋なデザインのよってチープな印象な皆無だ。取り回しのいい墓碑サイズとしながら、前席と後席の間に充分な空間を確保するなど、小さいことをデメリットに感じさせない配慮がなされている。走りにおいても、墓碑の軽量高剛性化や足回りの強化などにより、安心感のある上質な運転感覚を味わうことができる。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

4~8万円

〇JC08モード燃費

28.0㎞/L

・一言コメント

車両価格に対して充分に納得できる能力を持つ。軽自動車と比較されるが、リッターカーのメリットは実感できるはずだ。

・アクア新型登場は価格のみ変更

1

4月3日に新型アクアの登場が予定されているが、変更点としては価格のみだという。金額価格は178万5240~207万9000円で、安全性能が一部改良されるということで旧型より1万程度の値上がりになる。新型のアクアにも4WDのクロスオーバーが用意されるが、その最たる違いは”車高”にあるだろう。旧型よりも若干ではあるが3cmほど高くなっている。

昨今のSUV人気に合わせて導入した背景があるが、ベースモデルとは性能の大きさはたいした差異はない。アクアのクロスオーバーはボディカラーの多さも魅力である。14種類から選ぶことができ量販モデルだけあって、独自に、オリジナリティあふれるカスタマイズをしてもらいたいものだ。

前輪駆動方式となるため、四輪駆動に比べると若干楽しみは減ってしまうだろうが、アクアにも4WD登場をぜひ検討してもらいたいところだ。

クロスオーバーSUVとしては、ヴェゼル、エクストレイル、アウトランダー、エクリプスクロスなどに4WDの設定がされている。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク