新型インプレッサと2014年登場のWRX STIの価格

pixel57

2011年に登場した
新型インプレッサは、
初代から数えて4代目になります。

セダンにはG4、

ワゴンにはスポーツという
サブネームが改められ、

これまでのインプレッサには
ない質感の高さと、

気持ちの良い走りを目指して
開発されました。

ボディサイズは前モデルと
同等でありながらも、

ホイールベースを25mm伸ばしたことで、
後席の足元に余裕が生まれています。

エンジンは新世代ボクサー
エンジンで、

これまでの1.5Lから1.6Lに
サイズアップされました。

これによりトルクがアップし、
前モデルで見られたやや

トルク不足だった部分が解消され、

どの領域でも気持ちの良い加速を
味わうことができるようになりました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

2.0Lモデルにはフォレスターの
エンジンを乗せ、

余裕のある走りを楽しむことができます。

また、

2.0i及び2.0i-Sにはレガシィにも
採用されている安全装置である

EyeSightが搭載され、

安全性能が高められています。

価格は約160万円からとなっています。

2014年8月にはインプレッサとは違う
専用ボディを手に入れたWRX S4

及びWRX STIが登場しました。

その圧倒的なパフォーマンスは
インプレッサとは全く別物で
あることがわかります。

価格は400万円近くもしますが、
小型車の枠をこえたクルマに仕上がっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク