新車情報2017 トヨタ アクア 新型 アクア 乗り心地はコンパクトカーで最良に!?

WS000000

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタのコンパクトハイブリッドカーアクアが2017年12月にフルモデルチェンジが行われる予定になっています。現行モデルが登場したのは2011年のことでしたから、それから6年の歳月が過ぎてのフルモデルチェンジということになりそうです。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクア 価格設定は?

WS000003

現行モデルが登場した際には、200万円を切る170万円台からの価格設定がされたことから、格安でハイブリッドカーが購入できると大変話題となりました。しかも取り回しの良いコンパクトサイズであることや、燃費はプリウスをも上回る37km/Lを実現するなど、プリウスにはない魅力がたくさん詰まっていました。その結果、驚異的な売り上げとなり、プリウスを上回るのはもちろんのこと、軽自動車を含めても販売台数第一位の座に躍り出たのでした。しかし、アクアの評価がすべて良いというわけではありませんでした。

たとえば乗り心地の評価については低く、コンパクトカーの域を出ていないと批判されました。燃費を稼ぐために遮音材などを省いた結果、走行時の騒音がうるさく、決して褒められたものではありませんでした。ハイブリッドカーとしては格安な価格ですが、コンパクトカーとしてみれば高額となるので、その価格に見合った乗り心地や静粛性がないというのはマイナスの要素でした。

 

それでも好調な売れ行きを維持してきたのは、ハイブリッドカー人気の高さゆえと言えます。燃費が良いというのは、やはり大きな魅力ということです。また、スポーツタイプのG’sを投入したり、カラフルなカラーを組み合わせることが出来たりなど、飽きられることがないように力を入れてきたのも好結果につながったと思われます。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクアの仕上がり度合

WS000002

さて、新型アクアはどのようなクルマに仕上がるのでしょうか。今現在わかっていることは、プラットフォームが新型プリウスから始まったトヨタの次世代プラットフォームであるTNGAが採用されることです。TNGAとは「Toyota New Global Architecture」の略で、これからのトヨタ車に順次投入されることになる新しいプラットフォームです。

この新型プラットフォームを採用することで新型アクアの乗り心地や走行性も劇的に変わることが予想されています。TNGAの効果は主に5つあります。一つ目は人間工学に基づく最適なドライビングポジションと得ることができることです。ステアリングやペダル、シフト、スイッチなどの配置も最適で、クルマとの一体感が生まれ、気持ちの良いフィーリングを得ることができます。二つ目は低重心化と剛性が向上したことによって、振動が抑えられ、走行性能が安定し、ハンドリング性能もアップすることで、意のままにクルマを操ることができ、かつ乗り心地も良くなります。

 

現行型アクアの弱点は間違いなく克服されてくると思われます。三つ目は静粛性がアップします。剛性のあるプラットフォームに上に、それに見合った剛性のあるボディを乗せ、遮音吸音材を効果的に配置することで、コンパクトカーの枠を超えた快適性を手に入れることが可能になります。これは新型アクアの大きな魅力の一つとなることでしょう。四つ目にTNGAの新パワートレーンシステムにより、低燃費を実現しながらも、気持ちの良い加速を味わうことができるように、燃費とパワーが両立しています。

そして五つ目に安全性の向上です。トヨタ車の安全ボディであるGOAもプラットフォームが新型になることにより最新のGOAボディが搭載されることになります。コンパクトなサイズであるにも関わらず、最高レベルの衝突安全性を確保することができます。このように新型プラットフォームTNGAを採用する効果は新型プリウスの走りが劇的に変わったように、新型アクアでも同様の結果を期待することができることでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクアの目玉性能

WS000002

また、新型アクアのもう一つの目玉は、燃費性能の驚くべき向上です。まだ確定した数字は明らかにされていませんが、JC08モード燃費で45km/L前後を達成するのではないかと考えられています。この驚異的な燃費はプリウスが旧型から新型に移行した際の燃費性能の向上を元にすればありえないことではありません。具体的には新型プリウスは旧型に比べて8km/L以上の燃費向上に成功しています。

単純計算はできませんが、同等程度の燃費向上が達成されたとすると、現行の37km/Lから8km/Lがプラスされて45km/Lとなるわけです。少なくともトヨタではこの数字を目標に開発しているということのようです。デザインについてはキープコンセプトとなりそうですが、スポーティなイメージ、あるいは最近の新しいトヨタ車に見られるように、斬新なデザインに生まれ変わる可能性があります。賛否両論がありますが、次々に投入されるトヨタの新しいデザインも最近では見慣れてきたせいか、それほど驚くこともなくなってきています。予想されているサイズは、全長4000mm、全高1695mm、全高1425mmで、現行型よりも30mmローポジションとなります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク