2017新車情報トヨタ アクア 新型 発売、発表日決定!?

WS000003

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

アクア新型の情報公開は、車業界全体で期待が高まり、一般的なユーザーからも注目されています。発売、発表日に関わる主な情報としては、2017年の6月に一部改良モデルの発売予定、2018年の12月にフルモデルチェンジの登場が予想されている2つが挙げられます。

スポンサーリンク

◆2017新車情報 トヨタ アクア節約志向の人に

WS000003

前者の情報は、現行の改良モデルが登場することを意味し、一部改良ではあるものの、考え方によっては新型の登場と捉えることが出来ます。一方の後者は、明らかにアクア新型の発売、発表情報に結び付く切っ掛けで、情報からは基本思想を受け継いだ大幅な変更があると予想可能です。どちらの発売、発表情報も魅力的ですし、期待感が上昇して発売待ちされるのも無理はありません。

 

改良モデルの発売、発表情報を具体的に見てみると、決して一部というスケールには収まらない変化があることが分かります。例えば、ボディーの変更は注目に値しますし、内装の変化も興味を惹きますが、最初に注目されるのはやはり、ラインナップの見直しと一部名称の変更でしょう。勿論、燃費性能の向上も改良の項目に挙げられていますから、節約志向の人にも魅力的な情報があるといえます。

スポンサーリンク

◆2017新車情報 トヨタ アクアのラインナップ

WS000002

ボディはカラーの変更とウィンカーの改良が目玉で、カラーリングが充実しているアクアにとっては、必ずしも珍しい変化ではないと考えられます。ただ、ウィンカーは車の印象を変えますし、デザインやLEDが変更される確率が高めですから、見慣れたデザインもアクア新型の登場で印象が変わる可能性があります。燃費については、従来よりもリッターあたり4kmの改善を目指しているので、正式に登場してからの燃費性能には要注目です。当然、この燃費性能はJC08モードに限られますが、それでも性能向上には目を見張るものがあります。そして、アクア新型の名称変更ですが、スポーツタイプはGRヴィッツに、Xアーバンはアクアクロスオーバーに変更が予定されています。

 

つまり、基本的なラインナップ構成はほぼこれまで通りで、グレード毎にブランドが見直され、名称の変更でより個性が強調されると結論付けられます。もう一つ発売、発表が予想される2018年のフルモデルチェンジ情報は、TNGAの採用が注目の的で、どのような変化があるのか期待されているのが特徴です。TNGAは、乗り降りと運転しやすさに重点を置き、そこから車の開発を行う車作りの方針です。また、46項目が車を設計する際の追求ポイントですから、このアーキテクチャを採用する予定のアクア新型に注目が集まるのは自然な流れです。

スポンサーリンク

◆2017新車情報 トヨタ アクア TNGAを採用して

WS000000

TNGAを採用している車の特徴は、全体的に低重心で床が低く、乗り降りの快適性を中心に評価されているのが共通点となります。更に、低重心化によって運転しやすさも明らかに向上しますから、車の運転に不慣れな初心者からも乗りやすいと好評です。アクアに最新のアーキテクチャを適用することで、具体的にどういった変化をもたらすかは未知数ですが、少ない情報からも前向きな変化をイメージすることは出来ます。少なくても、基本を残して全てが一新される、フルモデルチェンジの発売、発表日は少しずつ近付いていますから、あらゆる点において改善が見られるのは間違いないでしょう。一部改良モデルでさえも、燃費の著しい向上が期待されていますが、これは最新のハイブリッドシステムによる所が大きい変化です。

 

既に、プリウスブランドで燃費の実績を出しているハイブリッドシステムは、新しいアクアに合わせて更なる改良が予定されています。ただし、モーターの出力やトルクは現行モデルとあまり変わらないので、馬力や力強い走りにはそれ程期待出来ません。しかし、裏を返せば元々性能が高い、とも評価可能ですから、この点はスペックの数字だけを見て気にする必要はないでしょう。アクアの購入を考える層は、軽快な走りと快適性を求めているので、どちらかと言えば馬力重視ではないのが実情です。車体自体は、設計の見直しで軽量化が進むと予想されていますから、相対的には走行性能の向上に期待感が持てます。

 

新型車に興味を持つ人達にとっては、車に乗る楽しさを左右する、インテリアの変化にも注目したいポイントです。プリウスを基準に燃費の改善を行っていることを考慮すると、インテリアにも共通点が採用される、その可能性が高いと想像出来ます。所が、プリウスで採用されたセンターコンソールの白色は、明らかに微妙な評価だったこともあり、同様の配色が採用される恐れは小さいので安心です。むしろ、今までにないデザインやカラーリングもあり得ますから、従来のデザインや他のブランドを比較して、あれこれとイメージが広がります。まだまだ詳細が未知数のアクア新型ですが、性能やデザインを含め、最終的にはトータルで上手くまとめられるでしょう。

消費者に認められ評価が固まっていたり、メーカーが力を入れて開発しているブランドですから、大幅な改良で高まる魅力に期待感が集まるのは必然的です。一部改良モデルは、2018年登場予定の2代目に繋がる車なので、このモデルが将来の新型を占うヒントとなり得ます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク