2017新車情報トヨタ ハイブリッド 新型 アクアの車名に異変が!?

WS000004

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタハイブリッドアクアは、2010年にコンセプトカーが発表され、2011年に正式名称が公表された人気の車です。また、その後もアクアの車名を受け継いでいるので、トヨタハイブリッドアクアは一つのブランドを確立しています。

スポンサーリンク

◆2017新車情報 トヨタ アクア イメージを変える?

WS000003

一方では、新型の登場毎に商品展開が異なりますから、グレードに応じてアクアの車名が多少変わるといえます。具体的には、ビジネス用途向けで廉価モデルのL、量販グレードのお得なS、Sをベースに仕様を上級に変更したGが挙げられます。更に、Gの限定モデルであったり、都会向けのエックスアーバン等も提供されていますから、トヨタハイブリッドアクアはバリエーションが豊富な点が魅力的です。気になるのは、新型のトヨタハイブリッドアクアの変更点ですが、アクアの車名はそのまま引き継がれる可能性があります。

 

というのも、幅広く認知されている車名をあえて変える必要性はなく、イメージが固まっているブランドなので、むしろ変更するとブランド力が低下してしまう恐れが高まります。つまり、アクアの車名が変わる可能性は極めて低いので、名前が変わってしまうという心配は無用です。しかし、世間では大幅な改良が噂されていますから、それを元にアクアの車名が変わると噂が広がっていると考えられます。新型はフルモデルチェンジの余地を秘めているので、トヨタハイブリッドアクアの思想を引き継ぎながらも名前が変わる、そう噂されても不思議ではありません。

 

名前が変わるとしたら、慣れ親しんでいる人の抵抗感を引き起こすと思われますが、逆に名前を変えず中身が改良されるのは大歓迎でしょう。アクアの車名が変わると噂される程の変更点は、燃費の向上や走行性能の改善、安全装備の充実等が注目されています。勿論、どれも同時に行われる可能性はありますし、もっと隠し玉的な要素が未発表のまま隠されている期待感もあります。トヨタハイブリッドアクアは、海外でも展開されている人気モデルで、米国仕様ではプリウスCの名前で販売されているのが特徴です。

スポンサーリンク

◆2017年新車情報 トヨタ アクア 値崩れしない

WS000001

アクアとプリウスは異なるブランドですが、米国ではサブコンパクトカーに位置していたり、搭載されるエアバッグの数が充実していたりと、国内での扱いとは大きく違います。外観は共通しているものの、内部は別物と呼んでも良い位ですから、北米では車名が違っているのも納得です。しかも、北米には車体のサイズアップや仕様の大幅な変更を求める声があるので、将来的にブランド名が変わったり、車名が変更される可能性は十分にあるでしょう。これは、国内に比べれば変わる確率が高いことを意味しますから、アクアブランドの今後の行方に注目が集まります。通常、車名が変えられることは極めて稀で、車名の変更はブランドの刷新に相当する大きな変革です。イメージを覆したい、あるいは印象をリセットして再構築する、こういった判断がなければまず行われません。アクアの現状を見てみると、車に対する人気は非常に高く、中古市場でも値崩れしない程なので、イメージを塗り替える必要性は感じられない所です。

 

加えて、新型の登場に期待が高まっていますから、このタイミングで名前を変えるのはリスクといえるでしょう。反対に、メーカーはブランドの価値を維持しようとするはずなので、車名変更の噂があってもそれは憶測に過ぎない噂です。もし、新型に異変が起こるとすれば、提供されているグレードの見直しが行われたり、車名の後に付く呼称が変わる程度です。新しいグレードが追加される可能性も考えられますから、何らかの異変があってもおかしくはなく、期待感から噂が車名変更に結び付いても仕方がありません。車好きにとって、車種を問わず新型の発表はワクワクするものですし、正式発表まで想像を膨らませたり、自由な発想でイメージする楽しみがあります。

スポンサーリンク

◆2017年新車情報 トヨタ アクア 噂が独り歩き

WS000000

ただ、噂は時に独り歩きするので、想像はあくまでも想像のままに留め、根拠のない噂は真に受けないことが大切です。当然ですが、噂と分かって楽しむのは構いませんし、それを無闇に吹聴するのでなければ、自由に想像して楽しむことが出来ます。正式な仕様はやはり、公式に発表されない限りはハッキリと分かりませんから、発表まで期待に胸を膨らませながら待つことになるでしょう。ハイブリッドは実績を残していますが、まだまだ改良や発展の余地があるので、更なる可能性を秘めていると言っても過言ではありません。

新型に注目が集まるのは必然ですし、海外仕様の変更や変化の行方が噂されるのも当然です。答えはいずれ時が来ると分かりますから、車の情報が集まる情報源に目を向けて、最新情報が発表されるまで待つことをおすすめします。話題の車なので、新しい情報があれば直ぐに広まりますし、それ程間を置かず目に届くことになるでしょう。車名に異変が起こるかどうかは、その時になれば間違いなく分かりますから、今は仕様の変更をあれこれと想像して、後は公式発表される時が来るのを待つだけです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク