アクア新型情報 フィットと新型 アクアを比較。さらにモデルチェンジでの変化はこうだ?

WS000002

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

フィットは、発売以来、人気を維持しているコンパクトカーといえます。2台目の車としても手軽なサイズなため、便利ですし、もちろん、1台目としても、十分に満足できる車種であるのが、人気の理由ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

◆アクア新型情報 燃費でこれは気になる

WS000011

特に、燃費の点に関していうと、フィットは低燃費車の代名詞のように言われてきたということもあります。最近では、コンパクトカーにもハイブリッド車が増えてきました。このことで、燃費の面からみると、以前のように、フィットがダントツで燃費が良いというわけではありません。特に、新型アクアと比較してみると、どうしても、ハイブリッド車である新型アクアの方が燃費が良いという結果になってしまうのは、ガソリン車のフィットとしては、仕方のないことといえます。

フィットと新型アクアを比較してみて、どちらが買い得かという点については、一概にはいえないでしょう。やはり、その人の目的やどこに重点を置いているかによって、大きく異なってくるといえます。たとえば、とにかく、燃費を重視するというのであれば、現段階で販売されている車の中では、やはり、ハイブリッド車が一番の選択肢といえます。電気自動車も登場していますが、まだまだ実際に乗るとなると、不安を感じてしまう人も少なくないことでしょう。

特に、地震などの災害で停電してしまったときにはどうするのか、など切実な問題もあります。車体の屋根部分にソーラー発電システムを搭載した車も実用化されてきていますが、そのような設備もしっかりと整ってからでないと、ガソリン車のように安心して乗ることはむつかしいのかもしれません。もちろん、2台目の車としてなら、十分に選択肢に入るといえます。そうなると、燃費重視ならば、やはりハイブリッド車ということになるでしょう。

スポンサーリンク

◆アクア新型情報 一般的なガソリン車と比較

WS000003

新型アクアは、ハイブリッド車でコンパクトなので、従来のガソリン車と比較すると、燃費の良さは素晴らしいものです。そうであれば、すべての人に新型アクアをおすすめするかといえば、やはりそうともいえません。それは、価格の問題があるからです。新型アクアは、登場して間もないですし、人気車種ですので、それほど大きな値引きは期待できないものです。さらに、ハイブリッド車は、一般的なガソリン車と比較して、車両本体価格が高めに設定されていることが普通であり、この新型アクアもそのような設定になっています。その価格の差をガソリンを節約する分で補うのだから、問題ない、と考える人であれば、ハイブリッド車の新型アクアが良いことでしょう。

しかし、中には、2、3年で車を買いかえる人もいます。そのような場合には、ハイブリッド車のために高くなった車両本体価格の差額を取り返すほどには至らないかもしれません。ガソリン車で購入したほうが、結果的に出費は少なくて済むということにもなりかねないので注意が必要です。フィットは、ガソリン車の場合には、ある程度、値引きが期待されることでしょう。

もちろん、中古車も多く出回っていますし、最近では、フィットにもハイブリッドタイプが登場しているので、通常のガソリン車に関しては、値引きも期待できる車種といえます。フィットは、ガソリン車であっても、燃費の良さには定評がありますから、10年などの長期間、乗り続けるという予定がないのであれば、フィットのガソリン車を選択するのも賢明といえます。それとは反対に、長い期間、乗り続けたいというのであれば、車両本体価格が高めであっても、ハイブリッド車を選んでも良いでしょう。ハイブリッド車は燃費を気にしなくてもよいだけでなく、環境にも優しいのでおすすめともいえます。

ただし、長く乗り続ける場合には、メンテナンスも必要になってくることも頭に入れておく必要があります。年数がたつにつれて、修理などの必要な箇所が増えていきますから、ハイブリッド車の場合には、普通のガソリン車と比較して、部品の値段が高い、などということがないか、事前にしっかりと把握しておくことも必要といえそうです。最近は、リース車で、あらかじめ、メンテナンス料金が含まれた価格設定になっているものもあります。新型アクアなどのようなハイブリッド車をメンテナンス込みでリースしたいのであれば、長期であれば、お得感も出てくるかもしれません。これから、ハイブリッド車のような、ガソリン以外を燃料とした車がさらに増えてくることになるでしょうが、価格が安定してくるには時間がかかることも予想されますから、車両本体価格が、割高に感じないか、その点について、吟味していく必要がありそうです。自分が車に求めていることは何なのか、優先順位をはっきりさせておくと、お買い得車に出会った時にも、ぶれることなく、自分に最適な車を選ぶことができるでしょう。車は洋服などと比べると高価な買い物といえるのでしっかり知識を入れて、後悔することのないようにしたいものです。

スポンサーリンク

◆アクア 新型 フルモデルチェンジでこう変わる!

WS000000

トヨタアクアが登場したのは2011年のことでしたが、少なからず衝撃を受けた人は多かったのではないでしょうか。それまでトヨタのハイブリッドカーはプリウスしかありませんでした。他のメーカーを見渡しても、ホンダからインサイトが販売されていましたが、ハイブリッドカーとしての性能的にはプリウスの独壇場と言っても良かったでしょう。

ところが、他のメーカーをしり目に、同じトヨタから2台目となるハイブリッド専用車が登場したのです。しかも、170万円代からという価格設定を付けての登場でしたので、これは大きなポジティブサプライズとして市場から受け入れられることになりました。プリウスは確かに燃費は良いのですが、200万円を超える価格を考えると、ガソリン代で元を取るのは難しく、また車格的にも価格とのつり合いが悪く、同じお金を払うならワンランク上のモデルが良いと考える人も少なくなかったことでしょう。ところが、200万円を切る価格で、しかも燃費はプリウスを遥かに上回るJC08モード燃費で37km/Lを実現しての登場でしたので、心を動かされた人も多かったことでしょう。実際、2012年の売り上げ販売台数は長らく1位を続けていたプリウスを抜いて堂々の1位を獲得しました。

◆アクア新車情報 G’s登場で市場に変化

WS000003

更に2013年にはスポーティモデルである「G’s」が登場し、走りを楽しみながら燃費も良いクルマがほしいというユーザーの心を捕らえ、2014年には都会的なクロスオーバーをコンセプトに掲げた「X-URBAN」も追加されました。このあたりは抜かりがないといった感じです。さて、この人気のアクアもついにフルモデルチェンジが行われることになります。時期は2017年12月ころということですが、2018年にずれ込む可能性もあります。いずれにしても間もなくであることは間違いなく、最新情報には注視したいところですが、アクア新型で最も注目されるのは燃費でしょう。

新型プリウスが40.8km/Lを実現しましたので、少なくともこのプリウスの燃費を抜いてくることになりそうです。旧型のプリウスに比べて新型のプリウスはリッターあたり約8km/Lも燃費が向上しています。仮に同じ程度燃費が向上すると仮定すればアクア新型の燃費は45km/Lということになります。まるで電気自動車のような数字に目を疑いそうになりますが、ハイブリッドのレベルはここまで進化しているということです。もちろん、ハイブリッドカーでも運転の仕方によっては燃費がそれほど良くならないこともあります。普通のガソリン車と同じような感じでアクセルを踏んでいると燃費は思ったほど良くはなりません。

◆アクア新車情報 TNGA採用で変化

WS000001

モーターでの走行距離をいかに多くするかが燃費の鍵を握っていますので、ゆっくり加速していくのではなく、すっと加速し制限速度に達したらアクセルを離してモーターに切り替える。バッテリーが無くなってきたらしばらくアクセルを踏んで走行するか、下り坂などを利用して回生ブレーキでバッテリーを充電するなどのコツをマスターする必要があります。このような走りに徹すれば、かなりJC08モード燃費に近い数字を出すことができるでしょう。アクア新型のプラットフォームは新型プリウスから採用されることになった新型プラットフォームのTNGAが採用されます。これにより剛性がアップするので走行安定性や乗り心地が大幅に向上することが期待でいます。また、低重心化による恩恵もあることでしょう。

デミオの登場により、コンパクトカーも乗り心地や快適性が無視できなくなっていますので、アクア新型ではデミオの乗り心地の良さも意識してくると思われます。燃費が良いのは当たりまえになってきているので、さらにプラスアルファが求められます。アクア新型では安全性の高さに注目です。

最新情報では、「トヨタ セーフティーセンスP」が搭載されることになっているようです。これは歩行者対応のプリクラッシュセーフティーシステムが搭載されており、歩行者をいち早く検知し、ドライバーの反応が遅れた場合は、自動でブレーキをかけ、危険を回避するシステムのことをいいます。また、全車速追従可能なクルーズコントロールシステムも搭載されていますので、快適な運転とともに追突の危険をより一層回避できるようになります。予想価格はエントリーモデルが180万円前後からとなりそうです。また「トヨタ セーフティーセンスP」搭載モデルは220万円前後となるでしょう。

G’sモデルが追加されるかどうかはわかりませんが、追加された場合250万円前後が予想されます。通常のコンパクトカーの価格からするとやや高額となってしまいますが、エコカー減税や燃料費を軽減できることから、その差は販売価格よりも徐々に縮まっていくことでしょう。また買取価格も普通のコンパクトカーと比べると高値が期待できるでしょう。その意味では、新車価格も決して高額というわけではなくなります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク