新型アクア フルモデルチェンジ 変更点 ヘッドライトとホイールベース

WS000004

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

アクアは非常に高い燃費性能と高い運動性能が発売以来高く評価されており、5年を経過した現在でもその販売台数が衰えない非常に人気の高い車です。しかし、5年のあいだにその環境は大きく変わり、他社からも同じような性能を持つ車種が多数発売されていること、また技術レベルの向上により古さを感じさせるような部分も出始めていることから、モデルチェンジの時期が話題になっており、またその内容についても多くの場所で話題に上がっています。

スポンサーリンク

◆新型アクア フルモデルチェンジ 外観は?

WS000001

新型アクアでまず話題になっているのがその外観です。特にフロントマスクは車のイメージを決める重要なポイントとなる物ですが、近年のトヨタ車では細目の鋭角的なデザインが主流になっていることから、そのデザインが継承されるという予測がされています。その為、ヘッドライトもLEDとディスチャージタイプの高輝度型を採用する可能性が高いとされています。近年ではヘッドライトにディスチャージタイプを採用する車種が非常に増えています。高い照度を実現することができるほかランプの寿命が長いため、安心して運転できるというメリットがあります。

さらにデザイン面でも放熱が少ないことから小型化することができるため細目にすることも可能で、空気抵抗などを考慮した鋭角的なデザインの実現も可能になります。その為、新型アクアにおいても採用される確率が高くなっています。また、現行アクアはハロゲンもしくはLEDがバルブに使用されているため、ディスチャージタイプに比べると暗いという印象が有りました。その為、新型ではディスチャージタイプを採用される可能性はますます高まっています。さらにヘッドライトがディスチャージタイプに変更される理由としては、新型アクアの位置づけが変更されるという予測にも続く理由がかあります。

現行のアクアはトヨタのハイブリッド車の中では最も小型の部類になるため、ハイブリッド車でコンパクトカーが欲しい人に最適の車種となっていました。しかし、近年はトヨタの殆どの車種でハイブリッドが用意される様になり、より小型の車種に於いても用意される様になる事からアクアの位置づけが大きく変わることが予想されています。

その上、ハイブリッドの主力車種であったプリウスが大型化されミドルクラスの車種に転換したことから、これまでのプリウスの位置にアクアが近づくといった形が予想され、ボディサイズが大型になる可能性が高まっているのです。また、新型アクアの予測を行う大きなヒントとして最近発表されたアクアのコンセプトモデルが有ります。

スポンサーリンク

◆新型アクア フルモデルチェンジの変更点 フロントマスク

WS000002

このモデルではフロントマスクは細めの物となっており、ボディサイズは現行に比べ大型となってホイールベースも若干延長されています。その大きな目的はアクアのスポーツモデルのような位置付けではありますが、現在の流行や多くの予測からするとこのコンセプトモデルのデザインが継承される可能性が非常に高いとされています。そのため、従来のハロゲンやLEDのバルブでは輝度が低い事や、同じクラスの車種の殆どがディスチャージタイプを採用していることから、新型アクアに於いてもディスチャージタイプが採用される可能性が非常に高くなっているのです。

また、最近のヘッドライトの特徴として、ハンドルの舵角に応じてバルブの向きが変わるタイプが多く採用されています。これはコーナリング時に進行方向を照射することでより安全性を高めるというものですが、従来は専用のランプを装備しそのランプを点灯したり消灯したりするものが主流でした。しかしこの方法ではヘッドランプの数が増えてしまう事や、普段点灯しないことから気づかないうちに故障してしまうことも多く、余り実用的なものではなかったという面がありました。

又、一部の高級車にはハンドルの舵角に応じて専用のランプが変化する物も有りますが、その機能を搭載するために費用が掛かる問題があったのです。現行アクアではこのような複雑な機能は一切登載されておらず、非常にシンプルな構成になっていますが新型ではボディサイズが大型になる事やデザイン面で大きなインパクトを与える要因になる事、さらに運動性能が現行よりも高くなることなどからヘッドライトについてもより高性能のものが採用されると考えられ、可動式のヘッドランプが搭載される可能性も非常に高くなっています。

スポンサーリンク

◆新型アクアのフルモデルチェンジ 変更点のデザインは?

WS000002

新型アクアは今年中にも登場するといわれていますが、まだその具体的な概要はあまり示されていません。しかし、5年ぶりのモデルチェンジとなるためその間の最新技術が数多く登載され、現行とは大きく変わるデザインとなると予測されます。基本的には余りイメージを変えないように後部の切り立ったハッチバックの形状はそのまま継承されると予測されていますがこれまでのトヨタの新型車のデザインはよりシャープな物が多いことから、アクアに於いても新型は現行に比べシャープなイメージのものとなると予測されます。

アクア新型が2017年にも発表されるとの話題が広まっています。インターネット上でも様々な予測が記載されていますが、その多くは基本的なコンセプトは継承しながら、外見は大幅にモデルチェンジされるという内容が多くなっています。アクアは初代発表時からハイブリッドのコンパクトカーとして非常に高い人気を誇っている車種で、世界トップクラスの低燃費を誇るその燃費性能と小型であるための取り回しの良さ、そして室内空間の広さが多くの人に受け入れられ発表から4年間販売台数1位を獲得しています。

◆新型アクア フルモデルチェンジ 変更点 販売台数に変化

WS000003

2016年は発売から5年が経過し目新しさが薄れてきたこともあり1位とはなりませんでしたが、現在でも非常に人気の高い車種であることは変わりが有りません。しかし、現代では低燃費のハイブリッド車が数多く登場し、その種類も非常に豊富になっています。トヨタに於いてもハイブリッド車がさまざまな車種で登場し、目的に合わせてユーザーが選ぶことができる時代になりました。そのため、アクア新型では従来のような単に低燃費を謳った車種としての位置付けから、ハイブリッド車の中の一つの選択肢としての位置づけを担う意味合いが大きくなっており、これに見合ったモデルとなると考えられています。

そのため、現行の車種の中では小型のハイブリッド車として位置づけられていたものが、さらに小型の車種が有るという実態から中程度の汎用性の高い部類になるとされ、ボディのサイズも現行よりも若干大きくなるとされています。ハイブリッド車が大型化する傾向が多い中でアクア新型もそのサイズを若干大きくし、中型車としての位置づけを担うようになるのです。なかでも特に注目したいのがホイールベースの延長です。

車の大きさが大きくなるとホイールベースも延長されることになりますが、そのため安定性が高まり、高速走行時などは高い直進性が備わる一方、従来のような取り回しのし易さは若干損なわれることになります。但し、その面に於いても近年の技術では違和感を感じないほどの性能が付加される可能性が高く、走行性能と取り回しの良さは高いレベルで維持されると考えられています。

◆新型アクア フルモデルチェンジ 変更点 ホイールベース

WS000004

さらに、ホイールベース延長を行うことで燃費性能がさらに高まるという効果もあります。通常自動車が走行する場合には空気抵抗を受けて走行するためその抵抗によっては車が左右に細かく振れてしまうことが多く、その微妙な空気抵抗が燃費に大きく影響します。現行アクアのような小型でホイールベースが短い車種は特にその影響を受けやすく、そのためカタログで示される燃費と実際の燃費は異なってしまうことも少なくありません。

これは高速走行時に特に大きく影響することになりますが、ホイールベースを延長することでこの空気抵抗による振れが軽減され、より燃費が向上することが期待できます。この数値は非常に微々たるものですが、長距離を走行する場合にはその影響が積み重なって示されるため、結果として大きな違いとなってきます。さらにホイールベースを延長することで室内空間を広く保つことができるようになり、特に足元の空間が大きく影響を受けるため非常に乗車しやすい車となることが期待できます。

◆新型アクア フルモデルチェンジ変更点 後部座席の居住性

WS000006

後部座席の居住性は現行は決して広いとは言えない物でしたが、新型ではより広い空間を確保することができるようになり室内の居住性が高まります。アクア新型にはこのほかにも様々な期待されるポイントがいくつかあります。それは最新技術の登載です。現行は5年前に発表されたものでマイナーチェンジは行われていたものの基本的な構造や技術はそのまま継承されているため、その間にさまざまな先進技術が開発され後発の車種には搭載されています。そのため、アクア新型には様々な先進技術が搭載され安全性能と走行性能が格段に向上することになると考えられます。その中でも特に注目なのが4WDの登載です。

最近では高級セダンでも4WDが増えており、ハイブリッド車でも非常に増えていますが、その背景には路面の状態に併せて4輪の駆動を独立して制御する技術が搭載されている場合が多いものです。但し軽量で低燃費のアクアではその登載は燃費や重量に大きな影響を及ぼすため敢えて搭載されませんでした。そのためアクアでは必要な性能が満たせないと購入を諦めてしまった人も少なくありません。しかし現在ではこの4WDの機能が進化したことや機器自体が小型軽量化されたこともあり、新型ではグレードの一つとして搭載される可能性が高まっています。この4WDの搭載は非常に魅力的で、今までアクアを購入できなかった人が購入できる機会が増えることにもつながります。アクアは現在も非常に人気の高いコンパクトカーで有り、現行もいまだに好調な販売を続けている車種でもあります。その新型ということで非常に高い注目が集まっていますが、その注目度に応じた高い性能を持った車種として登場する事が期待できます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク