新車情報2017 トヨタ アクアのルームランプとG’sは廃止になる

WS000004

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型アクアの話題が非常に多くの場所で登場していますが、その中でもルームランプについては様々な予測がされています。現行はけっして豪華な物ではなく、現在では同じクラスの車種としてはむしろチープな印象が有りました。そのため自分でLED型などに交換をしている人も多く、また多くのパーツ会社から交換品が発売されているのが現状です。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクアの存在感

WS000008

アクアはトヨタのコンパクトカーの中では異質な存在として5年前に発表されました。当時はハイブリッド車はまだその台数が少なく、殆どがガソリンエンジンの補助的な役割として設定されており、トヨタに於いてもモーター駆動を主とした車種はプリウスぐらいしかない状態で、他の車種に於いてはガソリンエンジンのオプションという位置付けが多かったものです。ましてコンパクトカーの部類では軽量化が大きなポイントとなっているため、重いモーターやバッテリーを搭載することでガソリン走行時の負荷が大きく逆に燃費が悪くなってしまうという懸念もありあまりハイブリッドはコンパクトカーには設定されていませんでした。

その中でデビューしたアクアはコンパクトカーとしては初めてのモーター駆動を主とした車であり、当時としては美しいデザインとハイブリッド車とは思えない室内居住空間の充実も相まって、発売当初から高い人気を誇り5年が経過した現在でもその人気を持続しています。しかし、5年の間にハイブリッド技術は進化し、小型軽量のバッテリーやモーターが開発されていることや、他社がアクアと競合するハイブリッドの車種を多数発売していることから、現行アクアの優位性は薄れてきていると言われています。又、5年間の間にデザインの主流も大きく変化し、そのデザインは古さを感じてしまう面もあります。

そのため早ければ今年中にアクアはフルモデルチェンジされると言われています。その内容はまだ明らかにはされていない為いろいろな予測が出ていますが、基本的には現行のアクアとは大きく変化するという予測が多いのがポイントです。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクア最も注目される点

WS000004

新型アクアでもっとも注目されるのは燃費性能ですが、現行に比べてさらに高い性能が期待されています。これは先般モデルチェンジしたプリウスがこれまでにない高い燃費性能を引き出していることから、その技術を応用してより高い燃費性能が設定されると考えられています。また、外観のデザインもプリウス同様、大きくそのイメージが変更されると予測されています。現行アクアは高い燃費性能を引き出す為に空力特性に優れた直線を主にした滑らかなデザインが特徴的でしたが、新型アクアではその中に曲線の有効に使用しインパクトのあるデザインが採用されると考えられています。

又、最近の主流である横に細長いヘッドランプが採用されると考えられており、そのデザインは現行とは大きくイメージが異なる物になると考えられます。さらに、新型アクアに関して注目されているのが内装です。現行アクアはコンパクトカーのハイブリッド車として高い燃費性能を引き出すことが最重視されたため内装については決して良い物とは言えず、シートの座り心地や後席の安定性はけっして良い物ではありませんでした。しかし、新型ではより上質の内装が設定されると考えられています。その理由はその位置付けが変化するといわれているからです。現行アクアがデビューした5年前はコンパクトカーの中ではハイブリッドは非常に珍しい存在でしたが、現在は他社のみならずトヨタの中でもコンパクトカーのハイブリッド車は多数登場しています。

そのためトヨタの中に於いても競合する車種が存在しており、販売戦略としてアクアを同じコンパクトカーの中にとどまらせるのは得策ではないと考えられていると推測されているからです。又、トヨタのハイブリッドの主力車種であるプリウスが大型化しスペシャリティカーとして存在していることから、そのプリウスの抜けた中型クラスのハイブリッド車としての位置づけを与えられる可能性が高くなっている点も大型化が予測される要因です。

そのため、新型アクアは現行に比べ大型化し、スペシャリティカーとしての位置付けが加わると考えられており、これに見合う豪華な内装が与えられるとされています。アクアの内装で気になるのがルームランプです。現行では普通車と同じ天井部分に一つのランプが備わっており、非常にチープな印象が否めませんでしたが、新型では他のミドルクラス同様、左右に独立したルームランプが与えられる可能性も高まっています。又、バルブも現行の様な通常のものでは無く、LEDが搭載される可能性が高まっており、その明るさや視認性もより高い物が採用されると予測されています。新型アクアに関しては様々な予測が出ていますが、基本的には現行のコンセプトを踏襲しつつもより大型になり内装も豪華になるということが話題の中心となっています。特にルームランプについては現行では暗い印象もあり、新型ではより配慮されたものになると考えられます。

スポンサーリンク

◆新車情報2017 トヨタ アクア 新型 デザイン変更点について

WS000001

自動車の中で今年のモデルチェンジに多くの注目を集めているのがアクアです。5年前に発売されて以来マイナーチェンジは行われたもののデザイン面での大きな変更は無く、現在も高い人気を誇っていますが5年経過した今年には大幅なモデルチェンジが行わると予測されています。ハイブリッド車の中では小型の部類に属するアクアは発売当時はそのコンパクトさと高い燃費性能と動力性能を兼ね備えた車種として当初から高い人気を誇っていました。

当時は小型ハイブリッド車は数えるほどしかなく、その性能もガソリンエンジンを補う程度の能力しかなかったため、走行の大部分をモーターでこなすことのできるアクアの動力性能は非常に高く、また燃費性能も世界最大級として非常に高い人気を誇っていたのです。現在では各社とも小型のハイブリッド車を発売しており、その動力性能や燃費性能もアクアに迫るものが増えており、アクアの独自性は非常に薄れてきていますが、現在での世界トップクラスの性能を維持している車であることに変わりはありません。

今年モデルチェンジして発表されると考えられているアクア新型は、現在のコンセプトを基本的に継承するものの、そのデザインは大きく変化すると予測されています。

◆新車情報2017 トヨタ アクアの外観

WS000003

外観は最近のトヨタ車に見られる独特の形状を継承する事が予測されており、プリウスと同じような顔つきになる事が予測されています。さらに、全体のイメージとしては現在のサイズよりも若干大きくなり、また大型のフロントマスクが印象深い物となると予測されています。これは現在のトヨタ車に共通するものとなっており、大型セダンから小型車まで共通のものが採用されているため、アクア新型にも同様のイメージになるとされています。その上で、後席のスペースを確保するためのデザインは現行のものを踏襲し、ボディ形状のイメージは基本的に大きな変更はないと予想されています。

アクアが登場した当時はハイブリッド車というだけで非常に高い人気を得ることができた時代でしたが、現在では他社も同等の性能を誇る車種が多数登場し、その競争は非常に激しくなっています。その為、現在では性能だけでなく、外観も重要なポイントとなるため、そのデザインは非常に注目度の高い物となっています。
特に現在では小型のハイブリッド車が増えてきたことや、従来からの車種が大型化していることもあり、新型アクアも現行に比べそのサイズが大きくなるという予測がされているのです。

これはアクアの販売戦略とも大きく関係しています。アクアは米国でも非常に人気が高い車種ですが、米国では日本と異なり大型で堅牢な車種が好まれる傾向にあります。その為、同様に米国で人気の有る車種は大型化する傾向にあり、新型アクアも大型化することで米国に於いても高いニーズを獲得しようとする戦略が有るため、原稿に比べ大型化されると予測されます。また現行では燃費性能と動力性能を重視するため室内の居住性や高速安定性が犠牲になっている面がありました。

もちろん最低限の性能は確保していましたがより快適さを求める声も多く、特に米国ではその点が課題となり販売台数が抑えられていた傾向が強かったものですが、アクア新型ではこの課題も解決すべく考慮されています。高速で走行することの多い米国での使用を想定して現行よりもホイールベースを延長し高速安定性を高めるとともに、後席の足元の居住性を高め、ゆったりと乗る事が出来るような構造となっているほか、全体のデザインを空力特性の優れたものとすることで走行時の安定性を高め、また燃費の向上にも貢献しています。

自動車の燃費は空気抵抗によっても大きな影響を受けるため、空力特性を考慮することで走行性能だけでなく、燃費性能に関しても大幅な向上が見込めるものであることからその効果が非常に高い物となっています。また、ハイブリッド車の大きな課題はモーターと大型のバッテリーを搭載しなければならない点にもあります。そのため車の重量が大きくなり、居住性が圧迫されてしまう問題点が有りますが、最近ではモーターやバッテリーは大幅に小型化されており、同じサイズでもより広い居住空間を確保することができるようになり、さまざまなデザインが採用されるようになっています。

その為、近年のハイブリッド車では非常にスタイリッシュなものが発表されており、アクア新型も同様に非常にスタイリッシュなものとなっています。アクア新型の外観に関してはインターネット上でも様々な憶測が発表されていますが、現在ではまだ具体的な情報は余り発表されていません。しかし、新型アクアのコンセプトについてはプロトタイプとして発表されており、現行に比べ非常にシャープなイメージを与えるものとなっています。その方向性はトヨタの他の車種にも共通する物であり、車種の基本コンセプトが統一されつつある中でその構成要素の一つとして重要な位置づけを担うものとして期待されるものでもあります。

◆新車情報2017 トヨタ クア 新型 デザイン変更点について

WS000001

自動車の中で今年のモデルチェンジに多くの注目を集めているのがアクアです。5年前に発売されて以来マイナーチェンジは行われたもののデザイン面での大きな変更は無く、現在も高い人気を誇っていますが5年経過した今年には大幅なモデルチェンジが行わると予測されています。

ハイブリッド車の中では小型の部類に属するアクアは発売当時はそのコンパクトさと高い燃費性能と動力性能を兼ね備えた車種として当初から高い人気を誇っていました。当時は小型ハイブリッド車は数えるほどしかなく、その性能もガソリンエンジンを補う程度の能力しかなかったため、走行の大部分をモーターでこなすことのできるアクアの動力性能は非常に高く、また燃費性能も世界最大級として非常に高い人気を誇っていたのです。現在では各社とも小型のハイブリッド車を発売しており、その動力性能や燃費性能もアクアに迫るものが増えており、アクアの独自性は非常に薄れてきていますが、現在での世界トップクラスの性能を維持している車であることに変わりはありません。

今年モデルチェンジして発表されると考えられているアクア新型は、現在のコンセプトを基本的に継承するものの、そのデザインは大きく変化すると予測されています。外観は最近のトヨタ車に見られる独特の形状を継承する事が予測されており、プリウスと同じような顔つきになる事が予測されています。さらに、全体のイメージとしては現在のサイズよりも若干大きくなり、また大型のフロントマスクが印象深い物となると予測されています。これは現在のトヨタ車に共通するものとなっており、大型セダンから小型車まで共通のものが採用されているため、アクア新型にも同様のイメージになるとされています。その上で、後席のスペースを確保するためのデザインは現行のものを踏襲し、ボディ形状のイメージは基本的に大きな変更はないと予想されています。

◆新車情報2017 トヨタ アクアの登場でハイブリッドに変化

WS000003

アクアが登場した当時はハイブリッド車というだけで非常に高い人気を得ることができた時代でしたが、現在では他社も同等の性能を誇る車種が多数登場し、その競争は非常に激しくなっています。その為、現在では性能だけでなく、外観も重要なポイントとなるため、そのデザインは非常に注目度の高い物となっています。特に現在では小型のハイブリッド車が増えてきたことや、従来からの車種が大型化していることもあり、新型アクアも現行に比べそのサイズが大きくなるという予測がされているのです。

これはアクアの販売戦略とも大きく関係しています。アクアは米国でも非常に人気が高い車種ですが、米国では日本と異なり大型で堅牢な車種が好まれる傾向にあります。その為、同様に米国で人気の有る車種は大型化する傾向にあり、新型アクアも大型化することで米国に於いても高いニーズを獲得しようとする戦略が有るため、原稿に比べ大型化されると予測されます。

また現行では燃費性能と動力性能を重視するため室内の居住性や高速安定性が犠牲になっている面がありました。もちろん最低限の性能は確保していましたがより快適さを求める声も多く、特に米国ではその点が課題となり販売台数が抑えられていた傾向が強かったものですが、アクア新型ではこの課題も解決すべく考慮されています。高速で走行することの多い米国での使用を想定して現行よりもホイールベースを延長し高速安定性を高めるとともに、後席の足元の居住性を高め、ゆったりと乗る事が出来るような構造となっているほか、全体のデザインを空力特性の優れたものとすることで走行時の安定性を高め、また燃費の向上にも貢献しています。

◆新車情報2017 トヨタ アクア 空気抵抗が大きな影響力

WS000000

自動車の燃費は空気抵抗によっても大きな影響を受けるため、空力特性を考慮することで走行性能だけでなく、燃費性能に関しても大幅な向上が見込めるものであることからその効果が非常に高い物となっています。また、ハイブリッド車の大きな課題はモーターと大型のバッテリーを搭載しなければならない点にもあります。そのため車の重量が大きくなり、居住性が圧迫されてしまう問題点が有りますが、最近ではモーターやバッテリーは大幅に小型化されており、同じサイズでもより広い居住空間を確保することができるようになり、さまざまなデザインが採用されるようになっています。その為、近年のハイブリッド車では非常にスタイリッシュなものが発表されており、アクア新型も同様に非常にスタイリッシュなものとなっています。アクア新型の外観に関してはインターネット上でも様々な憶測が発表されていますが、現在ではまだ具体的な情報は余り発表されていません。しかし、新型アクアのコンセプトについてはプロトタイプとして発表されており、現行に比べ非常にシャープなイメージを与えるものとなっています。その方向性はトヨタの他の車種にも共通する物であり、車種の基本コンセプトが統一されつつある中でその構成要素の一つとして重要な位置づけを担うものとして期待されるものでもあります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク