新車情報2018 スバルとホンダ、注目のモデル(新型N-BOX、新型レヴォーグ&WRX S4)

WS000001

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

カミングスーンな新型のモデルたち。ホンダからは新型N-BOXが登場し、スバルからはレヴォーグ&WRX STIが登場するぞ。

スポンサーリンク

◆新型N-BOXのカスタムスタイル判明!

pic_styling_01

間もなくフルモデルチェンジにもなる今年もタントに次ぐ月間販売ランキングで2位に入るなど、人気が衰えないN-BOX。すでにWEBではティザーで公開されている新型の標準仕様に加えて、新たにカスタムモデルのエクステリアも明らかになっている。

ファニーな表情の標準仕様に比べて、カスタム仕様はシャープな吊り目のヘッドライトを採用することで差別化を図っている。現行型との比較でいえば、標準仕様はほぼキープコンセプトで大きくイメージを変えていないのに対し、アグレッシブなスタイルを採用するカスタムは現行型よりも若干控えめなデザインとなり、洗練度を高めている。スペーシアがよりえぐさを増したカスタムZを追加したのとは対照的である。

そして新型の目玉は、なんといってもホンダ軽モデル初採用となる安全運転支援システム『ホンダセンシング』だ。現行型では30㎞/hまでの緊急自動ブレーキだったのが、80㎞/hまで対応するうえ、歩行者検知機能まで備える。

もともとホンダが『軽自動車最大級の広さ』と謳っているように、スペース効率のよさが現行型の大きなアピールポイントだったが、新型は助手席スーパースライドシートを新たに採用。さらなる居住空間の広さ、使い勝手のよさに磨きをかけている。

また、搭載されるS07型エンジンはまったく新しいものに変更され、燃費性能と動力性能のいずれも向上する見込みだという。2代目もヒット間違いなしだろう。

・新型N-BOXスペック予想

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1780mm
車重:950kg
エンジン:直4、658㏄DOHC
最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.8kgm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:27.0㎞/L
価格:150万円

新たにカスタム仕様のエクステリアが判明したが、現行型のカスタムモデルよりもデザインはややおとなしめのものが採用され、洗練された印象となった。現行型の室内の室内の広さや使い勝手をさらに進化させたうえで、安全性能向上も大きく図っている。果たして現行型を上回るヒット作をなるのか?

スポンサーリンク

◆スバル レヴォーグ&WRX S4

WS000000 WS000001

2014年6月にデビューしたレヴォーグ、3回目の年次改良となる今回のD型は大掛かりなもの。まずはエクステリア。コの字型のステアリング連動LEDヘッドランプやフォグランプベゼル、グリル、バンパーのデザイン、新意匠の18インチホイールなどでワイド&ローを強調する。

インテリアではナビが7インチから9インチに、ドアスイッチやセンターコンソール、エアコンパネルなどの形状も変更され、マルチファンクションディスプレイが4.3インチから5.9インチに変更。

走行性能に関しては、静粛性や操縦安定性、乗り心地を向上。さらに1.6GTアイサイトのCVTにオートステップ変速制御を採用したほか、ブレーキペダルを話しても車両停止状態が保持するオートビークルホールドを初搭載する。

今回のレヴォーグからヴァージョン4にあたるアイサイト・ツーリングアシストが搭載される点にも注目。オートクルーズとレーンキープアシストの設定上限が114㎞/hから135㎞/hにアップし、渋滞時の操舵支援機能を追求し全車速域追従コントロールブレーンキープ(60㎞/h→渋滞時の0㎞/h)が使用可能に。さらに後退時自動ブレーキやフロントビューモニター、スマートリアビューモニターまで設定されているというから驚き。

STIスポーツはステアリング連動ヘッドランプとフォグランプ周りが変更されたほかは標準車と同様の変更点だ。

WRX S4もレヴォーグと同時にマイナーチェンジされ、足回りの改善、フェイスリフトや新意匠の18インチホイールのほか、インテリアの変更、進化版アイサイトなどはレヴォーグと同様の変更に。

価格はレヴォーグ、WRX S4ともに2万~10万円の価格アップとなっている。

・3年目のビッグマイナーチェンジで。

エクステリアではLEDヘッドランプ&フォグランプ、グリル、バンパーを変更。今回245/40R18タイヤと18インチホイールが2.0GT-Sに標準装備される。また静粛性や操縦安定性、乗り心地が向上しているぞ!

レヴォーグのポジションランプはより際立たせたLEDヘッドランプやワイド感を強調したグリル、LEDフォグランプ、大型のフォグランプベゼル、新形状のバンパーなど変更点は多くなっている。

STIスポーツは標準モデルと同様、LEDステアリング連動ヘッドランプを採用し、フォグランプ回りをよりワイド&ローを強調したデザインに変更。GT-Sアイサイトに装着される新デザインの18インチアルミホイール。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク