新車情報2017 トヨタ ノア ヴォクシー、エスクァイア画像、注目ポイント

20170703-20103263-carview-000-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタの人気ミニバンである、『ヴォクシー』、『ノア』、『エスクァイア』が遂にマイナーチェンジされた。5ナンバーミニバンとしてはトヨタに強みがあるのは周知のところではあるが、この3兄弟、何が変更になったのだろうか?

スポンサーリンク

◆それぞれにコンセプトを

今回の注目すべきポイントとしては、ヴォクシーから『スポーティに』、ノアは『精悍に』、エスクァイアは『高級感』というように、個性を際立たせたかたちとなっている。それに合わせてそれぞれのモデルがミニバンとしての使い勝手を高めるために、細かな改良がされているのだ。動力性能や、安全装備などは従来とほとんど変わらない。

・キーンルック採用でかっこよくなったヴォクシー

この3兄弟の中でも一番人気はやはり『ヴォクシー』だろう。今回の改良では、トヨタのグローバルデザインである”キーンルック”を大きく採用したほかに、Bi-Baem・LEDクリアランスランプを採用、シャープさとスポーティな印象をより強めているのだ。

またリアコンビランプとバックドアガーニッシュもよりワイド感のある新意匠に変更をしている。

エアロ仕様である『ZS』には、八の字をテーマに安定感を強調したエアロパーツやダークグレーメタリック塗装の16インチアルミホイールのほかに、ブラッドオレンジ&ブラックの専用内装色を採用している。

・小型版ヴェルファイア?

この3車種の中で一番落ち着いた印象のフロントフェイスを持つと言われている『ノア』。今回のマイナーチェンジでは、”ヴェルファイアの縮小版”というイメージよりも、よりフロントフェイスが押し出された感が強調された。

マイナーチェンジ前から特徴的であった横基調のバータイプのフロントグリルはさらに太く低く、大きな面を感じさせるものになり、ヴォクシーと同じように、新規で採用されたBi-Beam・LEDヘッドランプや、LEDクリアランスランプとのつながりも重視されてデザインされた。

Gグレードには、専用内装色としてフロマージュ&ブラウンが設定されている。

・さらにギラつくエスクァイア

アルファードや、クラウンのマジェスタと共通のフェイスイメージを採用されている言われるエスクァイア。縦・横基調の違いはあるものの、今回のマイナーチェンジによって立体感のあるフェイスへとブラッシュアップされている。

フロントグリルの横幅は広がり、メッキバーはセンター部はより太く、サイドへ行くに従い細くなっており、さらにメッキの間にシルバー樹脂を挟むことでより立体感を強調している。ヘッドランプからフォグランプまで連続するより大胆になったメッキの使い方にも特徴がある。

新しく設定されたグレードで最上級パッケージの『Gi“Premium Package”』には、縦基調のキルティングを施した専用シート表皮やブラウンレーザーライン加飾、LEDコーナリングランプ、自動防眩インナーミラーが標準で設定されているぞ。

スポンサーリンク

◆新型ヴォクシー、ノア、エスクァイア画像集

20170703-20103263-carview-000-1-view 20170703-20103263-carview-001-1-view 20170703-20103263-carview-002-1-view 20170703-20103263-carview-003-1-view 20170703-20103263-carview-005-1-view 20170703-20103263-carview-006-1-view 20170703-20103263-carview-008-1-view 20170703-20103263-carview-010-1-view 20170703-20103263-carview-011-1-view 20170703-20103263-carview-016-1-view 20170703-20103263-carview-020-1-view 20170703-20103263-carview-021-1-view 20170703-20103263-carview-022-1-view 20170703-20103263-carview-023-1-view 20170703-20103263-carview-029-1-view 20170703-20103263-carview-031-1-view 20170703-20103263-carview-032-1-view 20170703-20103263-carview-034-1-view 20170703-20103263-carview-035-1-view 20170703-20103263-carview-044-1-view 20170703-20103263-carview-045-1-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク