レクサスls新型情報2017 世界最高レベルの安全装備を体感せよ!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

10月にデビュー!レクサスLS試乗レポート。
新型のレクサスLSのメインは新たなに搭載される先進安全技術をだが、限られた条件の中での試乗とはいえ、走らすことができのは貴重な体験だ。LSの走りや居住性はどうなのか?また、最新装備の先進性、完成度はどんなものなのだろうか?

スポンサーリンク

◆走りの質感と最新安全装備を体感

1

新型LSの走りを極端に表現するなら「しっとりでがっちり」といえるだろう。GA-Lプラットフォーム(レクサス版のTNGA)によって、「走る・曲がる・止まる」の基本性能が高いから、重量級のボディが持つポジティブな一面が際立ち、ネガティブな側面が吸収された、そんな印象だろう。

肝心の走りは極低速域からかなり力強い。ガツンとしたアクセルワークに対して即座に安定した躍度を生み出すのはもちろんのこと、後席の乗員の頭がふらつかないようにゆっくりとスタートしても、その後アクセルをじんわり踏み込むような町中で多用する加速スタイルにも充分に対応している。

ただ、約15km/hから35km/hの間でアクセルの踏み込み速度を極端に変化させると、有段ギアの変速ポイントとリダクションギアのバランスが崩れ軽いスナッチを伴う場面があったが、量産車では改善されるという。

内装は外装以上に前衛的になっている。歴代のLSはショーファードリブンとして評価も高いのだが、新型ではドライバーズカ-としての要素を強めている。BMW7シリーズの方向性に近く、メルセデスベンツSクラスはLSの対局といえよう。運転席からの視界もかなり良好で、ナビ画面とメーターパネルが真っ先に目に飛び込んでくるレイアウトを採用している。

空調パネルはミニマムにまとめ、アナログ時計やハザードランプは運転中、認識しやすい位置にあるのだ。そのため使い安さは2段階アップしているといえるだろう。

居住性もいうことなし。前後席ともシートや足下スペースに大きなゆとりがある。これは数値の上だけでなく、たとえば、ドアパネルのえぐり方や、ドアハンドル部分の形状に奥行き感が出る視覚的な工夫が凝らされているためで、さらに広々と感じられる。各所のステッチ処理もやわらかな曲線を多用し、これも視覚的効果を高めている。

3
スポンサーリンク

◆世界最高レベルの安全性を実感

2

今回の新型LSに搭載される先進技術は世界最高レベルというにふさわしいものだ。数あるシステムの中でも特に気になるものをご紹介しよう!

・ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)

運転中、急病で運転の継続ができなくなった場合にゆっくりと減速し、最終的に走行させている車線内に完全停止させる機能。これは2016年3月29日に国土交通省が発表した世界初のガイドライン「ドライバー異常時対応システム」に即したもので、今後世界中から注目されるだろうシステムなのだ。

具体的にはLTA(レーントレーシングアシスト/光学式カメラで車線を認識し車線の中央を維持するように運転支援を行う)を使用中に、ドライバーによるステアリングやアクセル、ブレーキなどの操作がない状態が継続すると、警報ブザーとディスプレイ表示を伴いながらゆっくりと減速しドライバーに運転操作の再開が促される。

さらに、そのシステムからの呼びかけにドライバーが反応できない場合は、ドライバーの身体に異常が発生したと判断され、ハザードランプの点灯とホーンの活用(3Hzの反復)で周囲の車などに異常を報知しつつ、車線内に完全停止させ、二次的被害を抑制する。システムによる停止後は、ドアを解錠し自車外からの救助を容易にするとともに、緊急通報サービスである「ヘルプネット」への自動接続も行う。

メルセデスベンツEクラスにも、緩やかに減速して完全停止まで行う「アクティブエマージェンシーストップアシスト」があるが、新型LSではハザードランプを点灯させたり、ヘルプネットで救命、救護要請までを行ったりという点で”世界初”となるのだ。

・プリクラッシュセーフティ(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)

従来型のプリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)に加えて、歩行者の存在を大型ヘッドアップディスプレイに表示して「注意喚起」し、ブレーキ制御による減速と、自動でステアリングを操舵し回避を支援する「アクティブ操舵回避支援」を組み込んだ点が新しいとされている。

また、この機能はガードレールなどの連続した構造物にタイしても働く。とはいえステアリング回避ありきの先進運転支援技術ではなく、ブレーキ制御だけでは衝突の可能性が高く、さらにステアリング操舵制御によって衝突を回避できるとシステムが判断した場合にのみ機能するもので、ドライバーが操舵を行えば、操舵回避支援は作動しない。

今回の試乗では、時速65km/hで歩行者ダミーに対して注意喚起、そして最終的にその歩行者との衝突をブレーキとステアリング操作で回避支援するシナリオを体験することができた。ダミーとの距離が約35mにまで近づくと警報ブザーが鳴り、約0.5秒後に自動ブレーキ制御が入るも、ブレーキ制御だけでは衝突不可避か・・・?と思った瞬間にステアリングが右に50度程度、自動的に急速操舵され、ぎりぎりで歩行者ダミーとの衝突を回避することができたのだ。ちなみにこの機能、確かさは「Fスポーツ」が上である。装着タイやの違い「Fスポーツは後輪が275/40R20」と、ブレーキ容量の違いに加え、「レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム」の装着によるものだ。

このほか、新型LSには「パーキングサポートブレーキ」、「フロントクロストラフィックアラート」、「ロードサインアシスト」、「レクサス・コドライブ」としてLTAと協調する「LCA」などが装備され、360度の全方位で高度な運転支援環境を実現する。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク