新型リーフ 画像 航続距離も400kmへ向上した先端技術搭載

20170901-20103351-carview-027-7-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

9月6日に新型リーフの発表が行われた。今回で2代目となる新型リーフは航続距離が400kmへアップし、モーターのパワーも向上。安全装備面では、プロパイロットや自動駐車機能も搭載され、旧型よりもよりパワーアップしたのだった。

スポンサーリンク

◆新型リーフの注目ポイント

20170901-20103351-carview-007-7-view

・バッテリー容量が30kwから40kwへアップ

・航続距離が280kmから400kmへアップ

・プロパイロットを搭載

・駐車場の操作を自動で行うプロパイロット・パーキングの採用

・アクセルペダルで停止できるe-Pedalを搭載

・2018年にハイスペックモデルの登場(NISMO?)

新型リーフは東京モーターショー2015で発表されたIDSコンセプトのデザインを踏襲したといわれている。エクステリアデザインはそれに近いものになっており、今までにない、見た目からもユーザーの満足度を上げるデザインに仕上がった。

スポンサーリンク

◆新型リーフ、そのすべての性能が向上

20170901-20103351-carview-003-7-view

航続距離400kmというと、初代のリーフから2倍を実現している。(初代は200kmであった。)改良に改良を重ね、その後は280kmまでバージョンアップをさせたのだ。初代は最終280kmまで伸ばすことができたが、新型リーフはその約30%アップの400kmを実現したところを見ると、かなり大がかりな改良であったことがうかがえる。

バッテリー体積は変わらないものの、電極材などの改良で容量アップを図ったといわれている。充電の性能もかなり向上しており、30分充電時の航続距離は倍以上に拡大。最高出力100kw/最大トルク320NMとパフォーマンスもかなり向上しているのだ。

スポンサーリンク

◆ニッサンが誇る安全装備を搭載

20170901-20103351-carview-008-7-view

ドライバーをサポートする3つの先進技術である、「ニッサン インテリジェントドライブ」もしっかりと搭載されている。

1つめは半自動運転機能である「プロパイロット」を搭載したことで、高速道路の単一車線であればステアリング・アクセル・ブレーキなどを自動制御するのだ。

これはセレナやエクストレイルにも搭載されている。

2つめとしては、ニッサンでは初といわれていいる「プロパイロット・パーキング」である。後ろ向き/前向き/縦列の各駐車操作を、駐車開始から完了まで自動で制御してくれる優れものである。このシステムではアクセル・ブレーキ・ハンドルはもちろんのこと、シフトチェンジやパーキングブレーキまでを自動で操作してくれるのである。その際にはドライバーが行う操作というと、わずかに3ステップなのである。

3つ目としてはアクセルの操作をするだけで、発進、加速、停止、減速までをコントロールできる「e-Pedal」というシステム。これは新たに減速時にブレーキと合わせて摩擦ブレーキを併用することでノートe-powerより停止力を高め、ほとんどのシーンえワンペダル操作が可能になり、坂道でもアクセルペダルを話すだけで停車保持ができるというものである。

もちろん、歩行者にも対応している自動ブレーキ、後側方車両検知警報、移動物検知機能付のアイラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラー、進入禁止標識検知、踏み間違え衝突防止アシスト、後退時車両検知警報などの先進安全装備も搭載されており、その満足度はうなぎ登りに間違いない。

◆新型リーフ スペック詳細

20170901-20103351-carview-012-7-view

全長:4480mm
全幅:1790mm
全高:1540mm
ホイールベース:2700mm
車重:1490-1520kg
駆動方式:FF
最高出力:150ps/3283-9795rpm
最大トルク:32.6kgm/0-3283rpm
価格:316万360円~

◆新型リーフ 画像集

20170901-20103351-carview-000-7-view 20170901-20103351-carview-001-7-view 20170901-20103351-carview-002-7-view 20170901-20103351-carview-003-7-view 20170901-20103351-carview-004-7-view 20170901-20103351-carview-005-7-view 20170901-20103351-carview-006-7-view 20170901-20103351-carview-007-7-view 20170901-20103351-carview-008-7-view 20170901-20103351-carview-009-7-view 20170901-20103351-carview-010-7-view 20170901-20103351-carview-011-7-view 20170901-20103351-carview-012-7-view 20170901-20103351-carview-013-7-view 20170901-20103351-carview-014-7-view 20170901-20103351-carview-015-7-view 20170901-20103351-carview-016-7-view 20170901-20103351-carview-017-7-view 20170901-20103351-carview-018-7-view 20170901-20103351-carview-019-7-view 20170901-20103351-carview-020-7-view 20170901-20103351-carview-021-7-view 20170901-20103351-carview-022-7-view 20170901-20103351-carview-023-7-view 20170901-20103351-carview-024-7-view 20170901-20103351-carview-025-7-view 20170901-20103351-carview-026-7-view 20170901-20103351-carview-027-7-view 20170901-20103351-carview-028-7-view 20170901-20103351-carview-029-7-view 20170901-20103351-carview-030-7-view 20170901-20103351-carview-031-7-view 20170901-20103351-carview-032-7-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク