次期フェアレディz35のフルモデルチェンジ情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

次期フェアレディz35のフルモデルチェンジ情報でました!
オープンスポーツ全盛期に出たフェアレディz。

新型コペンやs660と言ったオープンのクルマが発表される中、
日産もここぞとばかりに出してきました。

スポーツの本命と言ってもいいんじゃぁないでしょうか?

次期フェアレディz。

日本のスポーツカーファンにとっては憧れの存在ですよね。
ルノーとの提携直後の2000年には、経営再建のために一時的とはいえ
姿を消してしまいました。

2002年には、z33として復活し、新生日産の象徴として登場しました。

次期フェアレディzですが、現在は計画に入ったばかりという情報も。
具体的な情報がない中ですが、これから日産がオープンを引っ張って
行くんでしょうか?

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

これまでのフェアレディzは性能の割には、価格がリーズナブルという
のが、初代からの魅力でした。

リーマンショック以降、なかなか伸び悩んでいるカテゴリーでは
ありますが、時期フェアレディzの目指すところはいったいどこに
あるのか?

金額的なところで言うと、

・ポルシェ ボクスター 5万ドル~
・BMW  Z4    5万ドル~
・アウディ TT    4万ドル~

というのがこの大きさでの金額でしょう。
次期フェアレディzもこのカテゴリーでの勝負になるのでしょうか?

過去のフェアレディzはオープンが主流でした。
s30zはクーペでしたが、これが大ヒットとなったんですよね。

と言っても、時代はオープンを望んでいる傾向にあります。

オープンと言っても、完全なオープンなのか、
あるいはタルガトップ、Tバールーフ構造なのか、
現時点では何とも言えないみたいです。

発売が2017年6月ごろになるということなので、次世代ハイブリッド型
ってのもありえますね。

日産はEVのよる先進技術もあるので、プラグインハイブリッドという
考えもあるのですが・・・

これからに期待がかかりますね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>