新車情報2019 トヨタ 次期プリウスαが激写される!

1

トヨタが新型プリウスαが激写される!

トヨタのミニバン系「プリウスα」の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクの高速テストを開始し、その模様が激写されたニュースが入った。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆完全プリウスのミニバン系に?

1

「プリウスα」は2列5人乗りのステーションワゴンタイプと3列7人乗りのミニバンタイプの派生モデルで、欧州では「プリウス+」、北米では「プリウスV」として発売されている。ベースモデルである現行プリウスは、2015年にプラットフォームを刷新したが、プリウスαは従来モデルのまま発売が続けられてきた。

今回スクープされたのはテールランプで、現行とは大きく異なる水平基調の薄型タイプであるが、よく見ると、レクサスNXのものが装着されていることがわかるのだ。

これはフェイクなのかもしれないが、生産モデルでも近い形状が採用される可能性は高いだろう。また、フロントマスクはプリウスとほぼ同じデザインになる可能性があるという。

パワートレインは、プリウスと同様で、1.8L直列4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、JC08モード燃費は33~35km/Lを目指して開発されているという。

ワールドプレミアは、早ければ2017年内という見方もあるが、2018年の前半あたりが有力視されている。

スポンサーリンク

◆管理人補足&コメント

2

ネットの反応としては、

タイヤがでかい

想像していた通りで何のひねりもない

アクアクラスでいいからミニバン出してくれ。

またプリウスと同じフロントマスクになるのか?

という反応が多い。先日吉祥寺で起こったプリウス暴走事件もあり、相変わらずのサイドガラスが小さいようで視認性に欠けるのでは?という見方もある。デザインとしては、フロントはプリウス、リアはNXと融合されたデザインになったのではないかという声も上がっている。

実は、プリウスとまったく同じシステムを積むプリウスαだが、通常のクルマにあたる最終減速比のところが加速型になっているので重たい癖にノーマルプリウスよりも加速がいいのだ。

次期型もそうなってくれることを願う・・・

2 1
スポンサーリンク
スポンサーリンク