新車情報2019 マツダ 東京モーターショー2017で次世代モデル発表

20171025-20103423-carview-003-4-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダ、ついに次世代visionモデルを発表!その名も「マツダ Vision Coupe」。

マツダは10月25日、第45回東京モーターショーで次世代のVisionモデルを発表したぞ!これはマツダの魂動デザインをさらに進化、深化させ、次世代デザインを具現化させたものだという!

スポンサーリンク

◆エクステリアが古典的!?

エクステリアは、キャビンを後ろに引いた古典的なCoupeの黄金比にならい、美しさとマシンとしての性能の高さを感じさせるシルエットを追求したという。デザインはシンプルで、スピード感あふれる「ワンモーションフォルム」を採用しており、それが今回の最大の特徴といえるだろう。また、ボディサイズには少し余白を作っており、そこへ捉えて差し込む、光と影のコントラストも見所なのだ。

インテリアについては、日本建築様式の伝統を意識した「間」の考えを採用し、タイとではなく、少し緩やかに包まれる空間を作り出したという。インストルメントパネルとドアトリム、センターコンソールなどは、立体同士が直に当たることなく、隙間に空間の流れを感じさせる心地よい空間を作り出している。また、現在のクルマに多く採用されている大型のディスプレイ群を”壁”と考えており、必要なときだけディスプレイとして機能をするシースルーのスクリーンを開発しており、このモデルから採用した。

スポンサーリンク

◆マツダ、魁(カイ)コンセプト

今回、マツダは、Vision Coupe だけではなく、マツダ・カイ・コンセプトも発表した。これは次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプトモデルである。

新型アクセラをイメージさせるこのコンセプトモデル、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて成功させた次世代ガソリンエンジンの「スカイアクティブ-エックス」をはじめとして、次世代車両構造技術の「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ」や、より深化した魂動デザインを採用している。

パフォーマンス、乗り心地、静粛性などを全方位で深化、進化させ、デザイン面においてはかなり塊感のある力強いプロポーションと、ボディサイドの光の動き、とらえ方によってより生命力あふれるフォルムを目指したモデルである。

スポンサーリンク

◆管理人補足&コメント

この2つのコンセプトモデル、デザインは相当よくなったと思われる。トヨタの100倍はいい感じなのではないだろうか。単純にかっこいいといえるモデルで、フロントノーズの鋭利さとか、歩行者に刺さるような感じが超活かしているといえる。三枚目のアングルが色もフォルムもアストンマーティンっぽい。勿論フロントやリアのデザインは全然別物なんだけど。あれに似てるとかこれに似てるとかじゃなくて、これを見てアストンマーティンのデザインがかなり完成されたものなのかなと思ったり。ヴィジョンクーペの方は正直、ほぼアストンマーティン・ラゴンダかな!(笑)でも雲上高級車ブランドではなくマツダの価格帯でこれに近いデザインが手に入り、しかも噂されてる通りFR仕様なら次期マツダセダンに飛びつく人相当出てしまうだろう。コンセプトとはいえ、カムリやパサートの何十倍も官能的。本当にかっこいい。

きちんとコンセプトを掲げてそれを商品化していくマツダの姿勢はすばらしいと思います。デザインの好みは人それぞれですが個人的には意味不明なキャラクターラインだらけの車にウンザリなのでこれは率直にキレイだなと思います。ボディのラインで魅せるんじゃなく光と影でボディラインを映し出すデザインいいね。

◆マツダ2車種 コンセプトモデル画像集

20171025-20103423-carview-000-4-view 20171025-20103423-carview-001-4-view 20171025-20103423-carview-002-4-view 20171025-20103423-carview-003-4-view 20171025-20103423-carview-004-4-view 20171025-20103423-carview-005-4-view 20171025-20103423-carview-006-4-view 20171025-20103423-carview-007-4-view 20171025-20103423-carview-008-4-view 20171025-20103423-carview-009-4-view 20171025-20103423-carview-010-4-view 20171025-20103423-carview-011-4-view 20171025-20103423-carview-012-4-view 20171025-20103423-carview-013-4-view 20171025-20103423-carview-014-4-view 20171025-20103423-carview-015-4-view 20171025-20103423-carview-016-4-view 20171025-20103423-carview-017-4-view 20171025-20103423-carview-018-4-view 20171025-20103423-carview-019-4-view 20171025-20103423-carview-020-4-view 20171025-20103423-carview-021-4-view 20171025-20103423-carview-022-4-view 20171025-20103423-carview-023-4-view 20171025-20103423-carview-028-4-view 20171025-20103423-carview-029-4-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク