三菱、e-Evolution CONCEPTを東京モーターショーでワールドプレミア。

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆世界最先端を行く、電動4wd技術

得意の電子制御技術で意のままの走りを実現させる三菱。i-MiEVで、世界で初めて電気自動車を量産した実績を持つ三菱にとって、世界の車の電動化が本格的に始まる今後は、待ちに待った我が世の春。

ワールドプレミアされた、e-エヴォリューション Conceptは、その技術の粋を集めたショーケースといえるだろう。新開発のデュアルモーターAYCと呼ぶ4wdシステムは、小型高性能モーターをフロントに1基、リヤに2基搭載。リヤ左右の駆動力を緻密に制御することで、路面や天候を問わず、意のままのハンドリングを実現できる。

ランエボで培ったAYC技術と、滑らかでハイレスポンスな電動モーターの組み合わせは、新感覚のスポーツドライビングが堪能できそうだ。

道路環境や交通状況をセンサーで捉え、ドライバーの石を車載AIが読み取って運転をアシストするシステムも搭載。さらに車載AIはコーチング機能も持ち、ドライバーの技術を分析して、運転技術を向上させるメニューを考え、音声や大型ディスプレイの表示によってアドバイスもしてくれるという。電子立国、日本の面目躍如を思わせる、未来的なハイテク電動SUVのコンセプトである。

スポンサーリンク

◆家族のように車と会話する時代が来るかもしれない。

三菱のブースでは、車だけでなくAI技術を活用した技術展示も注目である。車載のAIパーソナルアシストが、乗員の個性や好みなどを理解し、運転中の不安や危険を解消するための情報を提供したり、コネクテッドカー技術との連携でドライバーといえで待つ家族とのコミュニケーションもサポートしてくれる。

最先端のAI技術は声紋やカメラを使った画像認識でオーナーや家族を認証。自然な言葉で意思を理解して、好みやニーズに合わせたサービスを提供するのだ。空調やワイパー、ライトなどの操作もクルマに向かって話かけるだけで可能となる。デモンストレーションでは、車と生身の家族のようにコミュニケーションできる、新鮮な体験ができるのだ。

家族に置かれたスマートスピーカーを使って、自宅とクルマを連携させるデモンストレーションも興味深い。ブースでは、スマートスピーカーを使ってヘッドライトの点灯や社内の温度調整、ドアロックなどをする機能もあったりする。

ほかにも、運転中にドローンを音声で操縦して自車の走行シーンを撮影するなど、AIとコネクテッドカー技術の連携は、車に新しい楽しみを与えてくれそうだ。

スポンサーリンク

◆三菱 e-エヴォリューション Concept動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク