ハイラックスサーフ 新型 2018 車両概要/スペック

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

13年ぶりに日本市場で復活のハイラックス。
所有することで得られる特別な価値を提供する。

トヨタは2017年9月12日、新型ハイラックスをトヨタ店を通じて発売した。13年ぶりに日本市場に復活したこのピックアップトラックは、根強いファンの期待に真摯に応えるとともに、タフな走りで活況著しいSUV市場に切りこむ。

スポンサーリンク

◆コンセプトは「タフ&エモーショナル」

1

ハイラックスは、1968年の発売開始以来、約180カ国の国と地域で販売され続けてきた。累計世界台数は約1730万台と、じつに多くの人々に愛されているモデルなのである。日本では2004年に販売がストップしていたが、このほど13年ぶりに日本市場で復活を遂げた。

久しぶりの日本市場導入にあたり、開発責任者は次のようにコメントをしている。

「日本では2004年に販売を終了してしまいましたが、主に作業で仕様する保有者が現在も約9000名ほどいらっしゃるということで、復活してほしいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたいと思います。」

開発責任者はさらに、モノを機能的価値だけではなく、モノを所有することで得られる特別な体験や時間といった意味的価値をユーザーに提案したいと考え、”機能の進化堂々とした佇まいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜び”や、”世界中で鍛え抜かれたタフさ”を訴求ポイントとしてあげている。

タイのバンポー工場で生産される新型のパワートレインは、150ps/40.8kgm仕様の2.4L直列4気筒ターボディーゼルと6速ATの組み合わせ。全長5335x全幅1855の堂々たるボディを力強く加速させる一方で、11.8km/LのJC08モード燃費を実現するとともに、エコカー減税の対象となっているのは新世代モデルらしいところだ。

4WDシステムはパートタイム式を採用しており、2WD、4WDハイ、4WDローを、路面状況に合わせてダイヤル操作で簡単に切り替えができる。これらを受け止めるフレームやサスペンションは高強度を誇り、オン/オフロード問わず優れた走行安定性と乗り心地を実現しているのだ。

トヨタはハイラックスの復活によって、既存のユーザーニーズに真摯に応えるとともに、タフなモデルによって、成長著しいSUV市場に新たな選択肢をもたらしたといえるだろう。

スポンサーリンク

◆テストコースは世界だ!

2

壊れるまで走りまくれ、とはよくいったもので、性能を鍛えるというのは、よく耳にする言葉である。もちろんどのメーカーもクルマを鍛えてはいるが、ほんとに鍛えまくったのがハイラックスであるといえる。掛け値なしで、テストコースは世界の道。走りこむことで得たのは本物の高性能といえるだろう。

鍛えぬかれた性能とか、道がクルマを鍛えるというのは嘘ではないし、耐久性や官能評価などは実際に走らないとわからないことも多い。それゆえの高性能といえるのがハイラックスだ。

ただ、その言葉には広告コピー的な要素が含まれていることもあったりすぐが、ハイラックスはそんなことはなく、掛け値なしに世界中を走って鍛えまくっていることで生まれたモデルなのだ。

日本ではあり得ないような悪路ばかりを走ったり、しかもでこぼこしているだけではなく、砂あり、ガレ場あり、ぬかるんだ道もある。そもそもよく見ると、道とは思えないようなところも突っ込んでいったりしているのだ。

ハイラックスは「壊しきり」というテストを行ったというが、これは単純に壊れないかと判断するのではなく、どういった壊れ方をするのか?さらには壊れる順番も見極めるというものだ。過酷過ぎる道では、単純に「壊れない」だけではなく、壊れてもなんとか走れるレベルまでが求められるというわけだ。タフと簡単には言うけれども、これぞ本物の”タフ”といえるだろう。トヨタ全体のイベントである5大陸走破に参加しつつ、オーストラリアでも「徹底的にいじめてきた」のが新型のハイラックスなのだ。本物だけの安心感が備わっている。

スポンサーリンク

◆新型ハイラックス スペック

3

・グレード:Z

乗車定員:5名
最大積載量:500kg
駆動方式:パートタイム4WD
車重:2080kg
JC08モード燃費:11.8km/L
全長:5335
全幅:1855
全高:1800
ホイールベース:3085
最低地上高:215mm
最小回転半径:6.4m
エンジン型式:2GD-FTV/直列4気筒ディーゼル
排気量:2393
最高出力:150ps/3400
最大トルク:40.8kgm/1600-2000
使用燃料:軽油/80
ミッション:6速AT

・グレード:X

乗車定員:5名
最大積載量:500kg
駆動方式:パートタイム4WD
車重:2060kg
JC08モード燃費:11.8km/L
全長:5335
全幅:1855
全高:1800
ホイールベース:3085
最低地上高:215mm
最小回転半径:6.4m
エンジン型式:2GD-FTV/直列4気筒ディーゼル
排気量:2393
最高出力:150ps/3400
最大トルク:40.8kgm/1600-2000
使用燃料:軽油/80
ミッション:6速AT

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク