新車情報 スクープ 予想 テスラの新型ロードスターは高すぎて売れないの?

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

テスラのロードスター新型が驚異の数値をたたき出した。

アメリカのEVメーカーであるテスラは11月16日に新型のロードスターを初公開した。新型の超絶進化した性能が半端ないのでご紹介したい。

2008年に発売されたテスラの初代ロードスターは、原点ともいうべきEV。イギリスのスポーツカーメーカーである、ロータスエリーゼをベースとして、テスラ独自のEVパワートレインを搭載。その後、「モデルS」や「モデルX」を成功させていったが、その礎を築いたのが、初代ロードスターなのだ。

今回発表された新型のロードスターは、2世代目のモデルで、初代と異なるのは、そのデザイン。また、新型ロードスターでは、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用しているのだ。2人乗りと思いつつも後席にはシートをもうけており4人乗りだという点も初代とは大きく違うところだろう。

動力性能は特に進化をしており、モーターやバッテリーなどのスペックは未公開なのだが、0-96km/hの加速は1.9秒、最高速度は400km/hにも到達する。充電機能も進化しており、1回の充電でおよそ1000kmの航続ができるほどに。テスラは「加速性能は世界一」と豪語しており、スポーツカー業界を震撼させている。

フェラーリやポルシェでも1.9秒は出せないところもあり、話題を呼んでいる。ただ、バッテリーは数年でだめになるところもあり、その交換飛行は2万から3万ドルかかるところから、どれだけ富裕層に支えられているのかということを考えてみると、一般市民にはまだ手の出るメーカーではないということも。

日本のユーザーはアメリカほどの富裕層ではないが、このバッテリー交換費用の高さに嫌気がさし、クルマを処分する人がほとんどなのだとか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク