ホンダNSX新型量産モデルの価格は?デトロイトモーターショーで初公開予定

pixel87

いよいよ、ホンダのNSXの量産モデル
の姿を見ることができます。

2015年の1月に開催される

デトロイトモーターショー

で、量産型を初公開する

ホンダの高級車ブランド、アキュラ
が明らかにしました。

新型のNSXって紆余曲折ありましたよね~。

一番心配されたのは、

ニュルブルクリンクでの大炎上。

あのニュースが流れたのは、
今から5か月前。

2014年の7月後半のときです。

NSX大丈夫か!?

という記事がファンや
多くの方からそれこそネットで

大炎上しました(*´Д`)

イギリスでは、すでに予約の
受け付けが終了しており、

発表前からということで、
ずいぶんと話題になっていました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

次期NSX量産モデルについては
今のところ詳しくは発表
されておりません。

1つだけ公開されている情報
があり、

それは、

パワートレインについて

3モーター+ツインターボ

ということだけ。

このパワートレインは、
先日発表されたレジェンド
と同じパワートレインと
言われています。

レジェンドに搭載されている
ものについて少しご紹介
したいと思います。

レジェンドのメカニズムは
3モーターのスポーツハイブリッドSH-AWD

パワーユニットは前後に別々に置かれ、

フロントには
3.5L V6噴射i-VTEC(231KW/314NM)

に、小型高出力モーター
(35KW/148NM)

を組み込んだ7速DCTの組み合わせ。

リヤは2つのモーター(片側27KW/73NM)

のみで、

TMU(ツインモーターユニット)

と呼ばれ、最近のスポーツモデル
で採用例が多いトルクベクタリング
を行います。

元祖は以前のSH-AWDで、

ホンダはモーターのみでより
高度な制御を可能にしています。

システム出力はかなり高く
281KW(382馬力)もあります。

400馬力近くのスポーツセダン
ながら、軽負荷時には3気筒に
なる可変シリンダーシステム(CVM)

EV走行もできるハイブリッドに
よって、JC08モード燃費は16.8㎞/L
まで改善されました。

ちなみに・・・

レジェンドと同じプレミアムクラス
の4wdモデルのスカイライン350GT
FOURタイプspでも

JC08モード燃費は16.8㎞/L

同じ燃費性能

スカイラインのシステム出力は
268KW(364馬力)と

実はレジェンドの方がパワー
が上なんです。

>>>ホンダ次期NSXは3モーター+ツインターボ。レジェンドと同じパワートレイン
>>>ホンダ新型NSXの関連記事はこちらから!
>>>車の査定なら!!かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク