新型アルファード/ヴェルファイア 値引き 相場 変更点まとめ

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタの最上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアが2017年12月25日にもマイナーチェンジを実施する構えだ。販売店にはすでに通達されており、すでに予約・見積もりを受けている店舗もあるという。現時点でわかっている情報をまとめてみた。

スポンサーリンク

◆新型アルファード/ヴェルファイアのデザイン

1

現行型、3代目のアルファード/ヴェルファイアは2015年1月にデビューしており、先代型は約6年半に渡り作り続けているため、デビュー後約3年となるこのタイミングでのマイナーチェンジは、予定通りの計画といってもいいだろう。

新型アルファード/ヴェルファイアの主な変更点については

・内外装のデザイン変更

・3.5L、V6に新開発エンジンを搭載

・安全対策強化

ということに。

外観はフロントグリル、ランプ周り、バンパーのデザインを変更し、さらに見栄えをよくして、派手になるといわれている。フォルランプはLEDに、リヤはコンビランプとバンパー形状を変更し、内装はダッシュボード、シート材質を変更してさらにクオリティをアップさせる。

3.5Lのエンジンは従来の間接噴射から直接方式へと変更するとのことで、最高出力を20psアップさせ、さらに燃費も改良させる。トランスミッションは6速ATから8速ATへとランクアップをする予定だ。グレードはハイブリッドエグゼクティブにエアロバージョンを設定する。

気になる安心パッケージの「トヨタセーフティセンスP」は全車に標準装備される。自動ブレーキを40km/hから50km/hで止まるように速度を引き上げ、人間だけではなく、自転車も検知をし危険を知らせるというものに。高速レーンでの追従機能も追加。tコネクトナビに安心のセキュリティサービスにつながる「DCM」パッケージも標準装備をし、スマホやケータ-を接続しなくても利用できるようになる。

進化した「トヨタセーフティセンスP」の搭載については、今回マイナーチェンジされるアルファード/ヴェルファイアへの搭載が初めてとなる。安全装備やエンジンのレベルアップをさせる新型アルファード/ヴェルファイアはコストアップなどによって車両本体価格が10万から20万円、平均して15万のアップをする構えだ。

スポンサーリンク

◆新型アルファード/ヴェルファイアか?現行型か?

4

値段が・・・という方には現行型がおすすめ。

「もうすぐ新型が発売するから」といってもまだまだ現行型モデルの在庫は残っているのだ。現場では販売は続いている、そうしたモデルはどうするのだろうか?と考える人も多いだろう。従来モデルはエンジンごとに2.5L、3.5L、ハイブリッドで最終の生産枠を決めて組み立てを継続しておる。3.5Lは新開発エンジンに切り替わるので、11月の初旬にも在庫を売り切る見通しだ。続いて、ハイブリッドは11月中旬、2.5Lは下旬あたりに売り切りをし、在庫を一掃する予定なのだ。

この直前あたりが大幅値引きをする可能性が大で、目をつけている人はここを要チェックしておくことをおすすめする。

スポンサーリンク

◆新型アルファードの変更点まとめ

2

マイナーチェンジをするアルファードの改良点は、メーカーからウェブサイトでスタッフマニュアルが送られてくるシステム。イラスト入りだが変更箇所が詳細ではないのではっきりとわからない部分もあるので。商品内容なテキストで説明があるということで、概要はだいたい把握できるという。

その新型アルファードの変更点は、

外観はフロントマスク、アルミホイール、リヤのバンパー、コンビランプがイラストで塗るつぶされている。先日マイナーチェンジしたエスクァイアのように、より見栄えする顔出しのフロントデザインになっているようだ。

室内はダッシュボード、シート、内張などの材質を変更させてクオリティをアップさせている。パワーユニットは2.5Lガソリンとハイブリッドは変わらないが、3.5Lは新開発の直噴で20psアップ、燃費も少しだけ改良され、組み合わされるトランスミッションは6速から8速に変更。

従来モデルを購入するとナビ、ETC付きで45万以上は値引きができるということで、改良型は頑張っても25万円程度でとどまる見込みだ。

◆新型ヴェルファイアの変更点まとめ

3

12月25日にマイナーチェンジするヴェルファイアについてはかなりの大幅な改良になるという。内外装のデザイン変更はもちろん、新開発2.5L、V6エンジンの搭載、進化した安心パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全グレードに標準装備といった内容が中心に。外観は先日マイナーチェンジしたヴォクシーと同じような変え方をするとおう。

従来モデルについては、11月中旬あたりをめどにオーダーストップとなり、本格的な在庫一掃セールを開始。ナビ、ETC付きだと現行モデルでは50万円近くの値引きが可能だということだが、改良型は粘っても30万円弱ほど。

新型を買うか、旧型を購入するか、悩みどころだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク