プリウス 20周年記念車発売までの歴史に驚き

carlineup_prius_gallery_2_01_pc

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

現在、ハイブリッドの代名詞となったトヨタの『プリウス』。そのプリウスが20周年を迎え、記念車を登場させた。さらに今年はトヨタのハイブリッド車が世界販売台数が1000万台を超えた。

スポンサーリンク

◆トヨタのハイブリッドがパイオニア

carlineup_prius_gallery_3_11_pc

トヨタのプリウス、このモデルの語源は『先行する、優先する』というラテン語である。もう一つは『以前』という意味もあったりする。世界の量産されるハイブリッドカーへの動きは、このプリウスから始まったという厳然たる事実がある。

プリウスを誕生させたG21プロジェクトの前身は、トヨタにとってはかなり苦戦の時期であったといわれている
1990年初代半ばには、円高によって経営利益はゼロ近くになっていた。今のトヨタを見る限りではそんなこともあったとは想像しがたいが・・・。当然、緊縮態勢に入り、開発部門はバリュー・エンジニアという価値技術を提供していた。価値技術というと、イメージはいいのだが、既存の利用、流用を促していたのだ。

危機感を抱いていた当時、商品企画部門長の金原氏に進言したという。新しいことをやらなければ、未来拡がらないだろう。既存流用から脱殻し、まったく新しい凄くいいクルマを作ることが必要となる。具体的には直噴を含む新エンジンを提案したという。燃費向上を50%アップまでを目標とし、プロジェクトがスタートしたのだ。志をさらに高く燃費倍増計画を命じたのが金原氏の後継は、和田氏であった。すでにEV、ハイブリッド、燃料電池車の研究をしていた塩見氏もその中に含まれたいた。

1994年の秋ごろ、G21計画が正式に発表された本格的構想、開発を指揮したのは内山田チーフエンジニア、現会長である。当時、和田氏、塩見氏の燃費倍増計画案ハイブリッドと先進エンジン・高効率自動変速MTを並行研究の開発を進めていた。1995年東京モーターショーで発表された『プリウス Concept』は、ハイブリッドと先進パワートレインの両方を盛り込んでいたのだ。エンジンはD-4直噴改良型、モーターアシスト、CTそしてキャパシターを組み合わせていた。

内山田CEにハイブリッド1本を命じたのは豊田章一郎会長(現在は名誉会長)であったという。「HYBRIDに注力しなさい、通常パワートレインは一切タッチをするな!」ということを言われていたそうだ。今やプリウスはハイブリッドの代名詞になるほどの市民権を得ているが、トヨタの発明ではなかったのだ。

スポンサーリンク

◆プリウスのEV性

carlineup_prius_gallery_2_01_pc

近年、欧米主要国、中国の政府政策による規制案に対応するべく、欧米メーカーがEVの市販、あるいは市販計画を発表している。日本のメーカーの出遅れ感に批判的なメディアがあったりもする。

初代プリウスのハイ初リーダーであった八重樫氏は、トヨタのEV技術蓄積がハイブリッド・システム構築の基礎にあったという。1973年東京モーターショーに展示された『EV2コンセプト実験車』、そして1990年代カリフォルニア州ZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル)規制対応では人気SUV車の「RAV-4」をベースとしたEVをモニターリースした。驚いたことにZEV施工直前には欧米日メーカーが開発中のEVをデトロイト郊外フォード・テストコースに持ち込んだワークショップはちょたが唯一市販車のタウンエースEVで参加をしたのだ!

プリウス、そして多種トヨタ、レクサス車種が搭載するTHSは、巧妙な遊星ギア機構と制御プログラムを用いた、継ぎ目、段差のない滑らかななエンジン、モーター駆動を分割するシステムである。プリウス自体、世代により異なるのだが、EVの信頼度、知名度は確実に伸びてきている。kつてのトヨタ技術のトップに先進技術適用の原則は『適時・適地・適車』だという。それはEVにも通じているものがある。

スポンサーリンク

◆プリウスおたくと奇人変人

carlineup_prius_gallery_3_02_pc

2代目プリウスは、コンパクトセダンからミッドサイズ、5ドアに変身をした。空力に優れたスマートで知的なデザイン、工場した走行性能、卓説した低燃費は、爆発的人気を呼んだのだ。革新に対する批判勢力の出現は世の常であり、プリウスの人気が高まると抵抗の声も大きくなる。一部欧米勢の否定的もあったのだとか。

イギリスの科学誌もプリウスの批判を掲載したという。その中でもMINIなどのサスペンション開発者、自己ブランド小径車輪自転車で有名な技術者のアレックス・モールトン博士は、2代目、3代目のプリウスを愛用したという。

驚きの事実もある。英政府公用車局の年次報告で、表紙から随所にプリウスの写真が掲載されていたことだ。閣僚車も含め、同局所有車の191台中、84台がプリウスであったというのだ。このおかげで前期対22%のCo2排出削減を果たしたというのだ。

3代目プリウスは、欧米の大都市で多くのプリウス・タクシーが運航されている。アメリカ。ドイツはミュンヘンでもプリウスドライバーは、燃費経済と信頼耐久性が理由で好まれているというのだ。

◆PHVも同時に進化をしている!?

carlineup_prius_gallery_3_03_pc

プリウスを主とする、トヨタ・ハイブリッド車の世界販売累計は1100万台をマークしている。今や、世界の主要メーカーがハイブリッド車を販売している状況だ。

プリウス第2世代期の米ビッグツーの開発トップの言葉が印象的である。『正直に言って、トヨタはハイブリッド開発において、2.3年は先行していると思われる。彼らは誰よりも早くハイブリッド技術を信じて、その可能性を追及してきた。それはひとつの賭けだったに違いない』。現在、世界中の多くのメーカーは、PHVが電動化において、もっとも有望なステップと認め、市販車を加えていっているところだ。

2006年トヨタ環境フォーラム講演において、第2世代プリウスを60㎞、EV走行するためには、ニッケル水素電池を12個必要ということだ。第2世代プリウスは、Ni-MH電池2個を搭載しており、左折し、しばらく先のだらだら坂を登りきるところまではEVで行けるという。リチウムイオン電池を搭載した第3世代PHVは、首都高横浜ー羽田を走れる。

新型プリウスPHVの印象は、その操作性である。ハイブリッドより大きな電池パックをリアに積むのは、前後重量配分にとってマイナスが常識。動力性能もモータージェネレーター2個による向上が著しい。プリウスは絶え間なく進化をしているのだ。

carlineup_prius_gallery_3_04_pc

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク